ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード


●デッキ構築のコツとは?オススメは属性相性を考えた2色デッキ

 

 

本作で最も重要なのが、カードバトルに使用するデッキの構築だ。少し特殊な制限もあるので確認しておこう。

 

〜蒼穹のスカイガレオン  基本攻略総まとめ!ボス討伐戦・クラフトでの回復アイテムキープがカギ?〜
前編

*Google playに移動します。

 


 

まず、カードの配置は前列・中列・後列から成り立っており、前列を空けていきなり中列・後列に配置したりすることはできない。必ず前列から詰めて配置していかなければならないのだ。中列以降で補助や回復のできるカードを入れるならば、前列1枚、中列1枚、後列1枚を横一列に配置していくことになるだろう。

 

補助や回復の効果範囲は十字形だったり、縦一列だったりと範囲の形が異なる。限られたデッキコストと相談しつつ、できるだけそうした効果範囲を活かせる配置を探していこう!もちろん、プレイヤーのデッキコストが上昇してくれば、より理想的な配置が可能になるぞ!

 

 

後でも少し触れるが、最大コストを越えないカード選択も重要だ。最大コストをオーバーするデッキは作れないので、現在の最大コストをいかに効率良く使うかがカギとなる。

 

例えばレアカードをコストの高い順に組み入れていったとしよう。当然端数が出てくるわけで、その余ったコストに入る低コストカード確保・育成も重要になってくるワケだ。

 

 

また、カードには全部で5種の属性が設定されており、赤>緑>黒>青>赤の相性関係になっている。目安としては、得意な属性に対しては攻撃が約1.5倍になり、苦手な属性に対しては攻撃がほぼ半減、という感覚を持っておくといいだろう。

 

これは序盤・終盤関係なく重要な点で、単色デッキを組むことはこうしたデメリットを抱えてしまうことになるぞ。

 

ただし、単色デッキはデメリットだけではない。カードにはそれぞれ、配置による行動と「特技」について記載されているが、この特技は「特技ゲージ」が0になった時点で発動可能になる、切り札のようなもの。単色でデッキを構築すると、この発動のための特技ゲージを短くできるというメリットがある。

 

特技ゲージはデッキ内に異なる色の数が多ければそれだけ長くなるため、混色デッキの場合は特技発動までに時間がかかってしまうのだが、単色デッキならば最短で特技を発動することが可能というワケだ。

 

また、「無色」属性は相性関係無しであることに加え、デッキに入れても特技ゲージは増加しないという利点を持っているぞ。

 

①多少の相性的な不利には目を瞑った特技重視の単色デッキ

②メインの1色とその弱点を得意とするサブ色で組む混色デッキ

③無色カードを加えて①に安定感を持たせた単色+無色デッキ

 

おおまかなデッキの傾向としては、これらが基本の形になってくるだろう。

 

 

先にも少し説明したが、カードは配置によって行動が変わってくるということもお忘れなく!カードに書かれたHPとAT、AGの数値ばかりに目がいきがちだが、中列・後列に配置したほうが真価を発揮するカードは多い。

 

前列に配置するよりも中列・後列に配置したほうがダメージ倍率が上がるカードや、中列に配置することで回復役に変わるカードがそれだ。配置による行動の変化はカード一覧から確認できるので、総デッキコストの許す限り、最大戦力を発揮できるようなデッキを構築しよう。

 

●カードには探索・カードバトル以外にも仕事が!ブラック企業と化したガレオン!?

 

 

チュートリアルでも説明が受けられるが、カードには探索・カードバトルのほかにも「クラフト」という大事な仕事(?)がある。

 

 

「クラフト」は探索やカードバトル、合成などで役立つアイテムをカードに生産させるシステムで、時間経過で指定したアイテムを持ってきてくれるスグレモノ。加えて作成するだけでカードに経験値が入り、作成後すぐにアイテムを受け取ることで獲得できる経験値も2倍になるという非常に便利な機能だ。

 

特に「バトルパワー回復」、「戦争パワー回復」は、もともとの自然回復速度が遅いためかなり役に立つ。完成までに必要な時間も23時間と長めだが、クラフト中も探索やカードバトルに参加できるためデメリットは全くない。安心してアイテム作成を任せよう。

 

 

序盤であればカードバトルでのガレオンレベルアップが最優先課題なので、常に「バトルパワー回復」を作らせておくのがオススメだ。カードに封印されてるのは古代の神々なんだから、多少の残業だってへーきへーき!

 

●探索が進んだらボス討伐戦へ!報酬ポイントを集めて報酬をゲットせよ!

 

 

探索を進めていくと、ボス討伐が可能な赤いマスが出現する。ボス討伐戦では、横スクロールアクションで戦闘を行うことになるぞ。前回初期キャラクター4人の性能をそれぞれご紹介したので、自分の選んだキャラクターを生かす戦い方を心がけよう。

 

 

ボスを討伐すると報酬ポイントが蓄積されていき、これが10000ptに到達すると任意のアイテムを報酬として手に入れることができるぞ。

 

 

また、ボスによっては倒した際に貴重なアイテムをドロップすることもある。特に装備品はショップで買うか、ここでゲットするくらいしか入手手段がない。ショップで買うとなると、当然それなりのPPを支払う必要がある。

 

PPは合成用に取っておきたい大事な資産なので、できればボス討伐を繰り返してドロップを狙うほうが良いだろう。

 

 

このボス討伐は、通常の探索とはちがってフォースを一切消費しないので、何度でも戦うことが可能だ。特に初期から討伐できるタンクピードはレアリティUCの装備品をドロップする可能性があり、強さも大したことはないので繰り返し挑戦するといい。

 

〜蒼穹のスカイガレオン  基本攻略総まとめ!ボス討伐戦・クラフトでの回復アイテムキープがカギ?〜
後編に続く

*Google playに移動します。

 

ギフトはこちらからゲットできるよ!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

関連ニュース

この記事を
シェアする!