ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード

魁!!男塾~連合大闘争編~  レベルではなく熟練度を上げるべし!ちょっと変わったカード強化編
〜後編〜

*Google playに移動します。

●数ある強化手段、それぞれの持ち味を把握しよう!

 

 

強化手段のうち、効果量だけで考えれば同一カードによる合成がもっとも効果が高い。レベル・熟練度ともに上昇するのは同一カードの自動合成のみだ。ただし、ある程度のレアリティをもつカードをこの方法で強化していくのはやや厳しいところ。

 

レアリティHNならまだしも、レアリティR以上となるとガチャでの運頼みになりがちだ(ただし10回分を一度に回したりする場合はダブる確率も高くなるので、狙ってみても良いかも?)。

 

 

熟練度の上昇という点では、「心得」系アイテムが便利だ。特定の属性のカードにしか使用できないが、「心得(中)」クラスになると1つで熟練度が200上昇する。これはレベル10前後のレアリティNのカード5枚を合成するのと同じぐらいの上昇量で、なおかつ合成と違って「アイテムの使用」という形になるためゼニーを一切消費しないのもメリット。

 

唯一のネックは、入手機会がかなり少ないという点。心得(小)や心得(極小)はレイドボス戦などで大量に手に入るものの、それぞれ上昇量は(小)が50、(極小)が5という少なさで、残念ながら見違えるほどの強化にはならないぞ。

 

ただし今後主力カードの熟練度を上げていくことを考えると、ゼニーを消費しないのは大きなメリット。熟練度が上がれば上がるほど合成にかかるゼニーも多額になっていくので、熟練度が上限間際まで上がったころに一気に使ってしまうのがベストだろう。

 

 

上昇値はまちまちではあるが、実際にプレイしていくうえやはり欠かせないのは手動合成。レアリティNカードは「物語」パートで頻繁に手に入るので、基本的にはこれらを素材にして、常に手動合成を行うよう心がけよう。

 

そのときのポイントは、まっさらな状態のレアリティRのカード1枚よりも、熟練度100前後のレアリティNのカード1枚を素材としたほうが、合成による熟練度の上昇値も大きくなるということ。なので、手動合成の際は、まず素材となるNカードの熟練度を100前後まで上げることをオススメするぞ!

 

本作ではカードのレベルを上げる手段が限られている反面、熟練度に関してはレアリティNカードの合成や心得アイテムの使用、さらに「決闘」や「レイドボス」、「連合闘争」などステータス上昇手段が非常に多い。各手段の特徴を活かして、戦力をアップさせていこう!

 

繰り返しになるが、強化での上昇パラメーターは基本的に熟練度で、レベルアップはボーナスだという、他の一般的なソーシャルゲームの合成とは少し感覚が違うということを覚えておこう。

 

次回はカードバトルがメインとなる「決闘」、「連合闘争」について詳しく解説!原作ファンが有利になるうれしいポイントも!?


*Google playに移動します。

 

ギフトはこちらからゲットできるよ!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

関連ニュース

この記事を
シェアする!