ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード

 

めくるめく恐竜ワールドへ“登録不要&基本無料”でレッツゴー!
自分だけの恐竜パーティーを作れるカードバトルシミュレーション!!

■“登録不要&基本無料”がウリの本作ですが……試してみたらホント~にカンタンでした!!

今回ご紹介するのは、ただ今飛ぶ鳥を落とす勢いなコロプラさんの作品デス。

その名もズバリ、『恐竜ドミニオン[登録不要の無料恐竜シミュレーションゲーム]』でありまっす! 本作『恐竜ドミニオン』は、150種類以上の恐竜カードを駆使して自分だけのパーティーを作り上げ、探検やバトルを楽しめるというアドベンチャー仕立てのシミュレーションゲームなんですネ。
2012年07月25日にGoogle Playで配信開始されるや否や、たちまちトップチャートを独走。現在でも常にランキング上位をキープしている、正真正銘の大人気タイトルなんですヨ!

そんなワケで、おそらく読者の皆さまにおかれましても、すでにプレイ済みという方も少なからずいらっしゃるかと思います。しかし、中に は「ソーシャル系の作品って登録とかあってゲームを始めるのがメンドーそうだしなぁ」な~んて、二の足を踏まれている方もいるかもしれませんネ。

ん~、それはなんともったいないことでしょう! 本作『恐竜ドミニオン』は、七面倒臭いユーザー登録作業をすることなく、まったくの手間いらずでゲームを始められちゃうんデス!!

まずはGoogle Playから本作『恐竜ドミニオン』をインストールしてアプリを起動。ま、当たり前ですが、ここまでは他作品と変わりありません。

ゲームが起動すると、美しいグラフィックで作品のプロローグが綴られていきます。ここでプレイヤーは、自分がとある企業に雇われた“腕利きハンター”であることを知ります。
次に自分が雇われた企業を“ローラシア”と“ゴンドワナ”の2種類の中から選択。取りあえずどちらを選んでも問題ありませんので、自分の好みに応じてチョイスしちゃってオーケーです。

企業選択後は、“名前”と“友達招待コード”の入力デス。名前はゲーム中 で使用するニックネームのことで、他のプレイヤーからも見られることになります。基本的には自由に決めてしまって構いませんが、あまりにテキトーだとあと で恥ずかしい思いをするかもしれませんので、適度にクールなニックネームを入力しておくのがオススメですヨ。
また、“友達招待コード”をお持ちの方は、是非とも入力しておきましょう。友達招待コードを入力すると、レアなカードが高確率で手に入る“ゴールドガチャ”を1回引けちゃうんですよっ! うーん、なんともコロプラさんってば太っ腹!!

さて、“名前”と“友達招待コード”(空欄のままでもオーケー)の入力が終われば準備は完了! 直ちに恐竜ハンターとしての波瀾万丈なアドベンチャーストーリーが幕を開きます!!

まとめると、ゲーム開始までのステップは「ゲーム起動→企業選択→名前入力」、たったコレだけなんですヨ! ハッキリ言って、ものの2、3分も掛かりませんって!! プレイするか迷っている時間があるなら、その時間を有効利用するべく、とっととゲームを始めちゃったほうが幸せになれるというもんですよっ!

 

 

■次々と舞い込むバラエティーに富んだ任務! 謎めいた島を隅々まで調査しまくろう!!

こうして『恐竜ドミニオン』の新米ハンターとしての第一歩を踏み出したワタシ。……というか、まだ名前しか決めてないんですけどネ。でも、プロローグのストーリーを進めていくうちに、徐々に本作の世界観が明らかになってきましたヨ。

まず、物語の舞台となるのは、絶滅したはずの恐竜たちが闊歩する奇跡の島“イスラ・ドルミル”。これまで氷山の下に埋もれ誰にも見つかることのなかったこの島が、一昨年、氷が溶けたことによって発見。しかも氷が溶けた島には、太古に滅びたはずの古代生物たち──恐竜までもが蘇っていたのです!

蘇った恐竜たちの秘密を探るため、島には大企業による調査機関により研究所が設置。プレイヤーは研究所の雇われハンターとして、恐竜によって編成されたパーティーを指揮しながら、島に隠された謎を調査していくことに。
探検中には恐竜に襲われたり、ライバル企業のハンターと対峙したりとバトル展開が目白押し! プレイヤーは探索中やガチャで入手した恐竜パーティーを編成しながら、ハンター稼業に精を出していくことになります。

以上が本作『恐竜ドミニオン』の基本的な世界観。平たく言えば「恐竜パーティーでバトルをしまくる!」といったところですネ。自分好みの恐竜でパーティーを作り上げ、さらには戦闘まで楽しめちゃうなんてサイコーじゃあありませんか!

しかも、本作『恐竜ドミニオン』は、プレイ方法もとってもお手軽。ゲームの進め方は、基本的に「オーダー(任務)を受注→島を探索してオーダーをこなす→オーダー完了で報酬をゲット」という流れになります。

オーダーの受注方法は、まずゲーム画面右下にある“MENU”ボタンをタップ。次にメニューの中から“Lab”ボタンをタップします。すると“Dino Lab(ディノラボ)”画面が表示され、“オーダー”や“お知らせ”、“恐竜リスト”、強化など様々な機能が利用できます。
ここで“オーダー”ボタンをタップすると画面がオーダー一覧に切り替わり、オーダーの受注を行なうことができます。オーダー名をタップすると詳細な任務内容が表示。オーダーを受ける場合には“挑戦する”ボタンをタップすればオーケーです。

オーダーを受注したら、次はフィールドに出向いて島を探索します。フィールド移動は、“MENU”の“フィールド”ボタンから実行可能。冒険の舞台となる“イスラ・ドルミル島”は、いくつもの“ゾーン”に分かれており、さらに“ゾーン”は22ブロックの“エリア”から構成されています。
プレイヤーは受注したオーダー内容に応じて、まずは出向くゾーンを、次にエリアを選択します。ちなみにゲーム開始直後は、移動できるゾーンはひとつしかありませんので、特に迷うことはないと思いますヨ!

ゾーン画面でエリアを探索するには、移動したいエリアのブロックを選択して“探索する”ボタンをタップ。するとエリアの詳細な情報とともに、使用するデッキの選択ウインドーが表示されます。ここで使用するデッキを選び、“OK”ボタンをタップすれば探索スタートです!

 

 

エリア探索中は、ジープの運転席風なゲーム画面が表示。アクセルを模した“進む”ボタンをタップすると、エリアの探索が実行されます。探索時は所定の“燃料(Fuel)”を消費し、“探索率”が100パーセントに達すると探索完了です。エリアの探索が終わると、さらに隣接したエリアへと進んでいけるようになります。

ちなみに“燃料(Fuel)”は、プレイヤーキャラクターが持つステータスのひとつ。キャラクターのステータスには、さらに“プレイヤーデッキコスト(DC)”と“レベル”が用意されています。
探索時に得た経験値が一定量貯まると、キャラクターのレベルが1段階アップ。すると“能力値”を3ポイント獲得でき、それらを“燃料(Fuel)”と“プレイヤーデッキコスト(DC)”に割り振ることができます。
“燃料(Fuel)”は探索を行なう際に必要となるポイントで、この最大値が大きければ大きいほど、より長く探索を行なえるようになります。一方、“プレ イヤーデッキコスト(DC)”は、恐竜パーティーを編成する際に重要となるポイント。この値が大きければ大きいほど、たくさんの恐竜をパーティーに組み込 めるようになります。

レベルアップで得た能力値の配分については悩みどころではありますが、基本的にゲーム序盤は“プレイヤーデッキコスト(DC)”のほうに多めに割り振るのがベストでしょう。……やはりパーティーにたくさんの恐竜がいたほうがバトルも捗りますからネ!

こうしてフィールドを探索をしていき、オーダー達成の条件を満たせば任務完了。ディノラボに戻って報告を行なうと報酬をゲットできますヨ!

 ▲探索画面では、他プレイヤーさんの状況がログ形式でリアルタイム表示されていきます。アドベンチャー気分を大いに盛り上がっちゃうことウケアイですヨ!

 

■ガチャ&探索で恐竜カードをゲットして最強パーティーを作り上げよう!

オーダーを受注して島を探索する際には、もちろんバトルは避けて通れません! 突然襲い掛かってくる野生の恐竜や、ライバル企業のハンターなどと激しい戦闘を繰り広げていくことになります。

バトルは、使用中の恐竜パーティーにより自動的に行なわれますのでまったくの手間いらず。カットイン演出やエフェクトを駆使したダイナミックなバトル模様を固唾を飲んで見守っていればオーケーです。

ただし、バトルがオートで行なわれるぶん、戦闘前の事前準備──すなわち恐竜パーティーの編成内容が勝敗を大きく左右することになります。

まず恐竜の能力は、バトルを行なう地形の影響を受けることになります。地 形の種類は、“草原”と“砂地”、“森林”、“水辺”、“山岳”の5タイプ。恐竜カードの“地形特性”には各地形に対する得手不得手が記載されており、二 重マルは得意、マルは平均的、バツは能力が半減してしまいます。地形効果はかなり戦闘力に影響を及ぼしますので、デッキを編成する際には必ず恐竜カードの 地形効果を考慮しておきましょう。

もちろん地形だけでなく、強力な恐竜パーティーを作り上げるには強いカードを揃えることも重要デス。恐竜カードは探索中に捕獲できるほか、“恐竜ガチャ”でもゲットすることができます。

“恐竜ガチャ”は、他プレイヤーさんとの挨拶で入手できる“メイト”ポイントで利用できる通常タイプのほか、課金ポイントの“Dゴールド”で使用できる“ゴールド”タイプが用意されています。“恐竜ガチャ ゴールド”は、高確率でレアな恐竜カードを入手可能。てっとり早く強いカードを手に入れたいときは、積極的に“恐竜ガチャ ゴールド”を利用するのも手だと思いますヨ!

また“Dゴールド”ではガチャだけでなく、燃料を回復できる“燃料タンク”などの便利アイテムもショップで購入可能。転ばぬ先の杖じゃあありませんが、いざという時のためにも“Dゴールド”は事前にある程度確保しておきたいものですネ。

また捕獲やガチャ以外にも、恐竜カードを入手する手段があります。……それは“DNA”から恐竜を再生するという方法デス!

“DNA”はフィールド探索中に発見できるほか、他プレイヤーさんとのバトルで奪取可能。収集したDNAが50パーセント以上貯まると、恐竜を再生して手札にできちゃうんですヨ。
ちなみにDNAは最大100パーセントまで集めることができ、収集した量が多いほど再生後の恐竜カードの能力が高くなります。……これは意地でもDNAをワンサカ集めたくなっちゃいますネ!

もちろん“DNA”がほしいのは、ライバルプレイヤーさんとて同じ事。そんな次第で本作『恐竜ドミニオン』では、プレイヤーさん同士でDNAを巡る熾烈な“対戦バトル”が繰り広げてられているんですヨ。うーん、これは激戦必至ですネ!

この他にも本作『恐竜ドミニオン』では、恐竜カードを合成させてレベルアップできる“強化”や、スマホのGPS機能と連動して移動距離に応じて獲得できるポイント“レンジ”など、多彩なヤリコミ要素が用意されています! 先述したとおり登録作業も不要でプレイ自体もストレスフリーで超お手軽なのに、それでいて奥深いなんて、これはもう激ハマリ必至ですネ!!

ちびっ子から大人まで老若男女問わず、エブリバディみんなだ~い好きな“恐竜”たちが織り成す大迫力バトルを楽しめる本作『恐竜ドミニオン』。でっかい恐竜たちを従えて戦いまくるカイカンを、手のひらサイズのスマホゲームで思いっきりごタンノーくださいませっ!

 

 

 

(C)COLOPL, Inc.

 

 

関連ニュース

この記事を
シェアする!