ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
ぼくらの甲子園!ポケット

ぼくらの甲子園!ポケット

KAYAC Inc.

iOS

Android

■タイトル
ぼくらの甲子園!ポケット
■ジャンル
スポーツ
■メーカー
KAYAC Inc.

 

※ストアに移動します


 

 

本作の醍醐味は、なんと言っても試合に勝つことだ。

試合自体はオートだが、漫然と見ている以外にもやることはたくさんあるぞ。

今回は本作での甲子園までの道のりと、試合中のポイントについて解説!

 

 

●遥かなる甲子園!地区予選を勝ち抜いて本大会を目指せ!

 

 

本作の目的は夢の甲子園出場!…ではあるが、当然ながらいきなり甲子園に出場できるワケではない。

現実の甲子園大会と同じようにまずは地区ごとの予選を勝ち抜く必要があり、そして地区予選での上位チームが甲子園の土を踏むことができるのだ。

 

 

また、始めたばかりのプレイヤーと既に長期間遊んでいるプレイヤーの間の能力差もあるため、本作ではキャラクターの能力値に応じてビギナー、ミドル、マスターの3つのリーグに分けられている。

ビギナーはランク1~19、ミドルはランク20~34、マスターはランク35以上が対象だ。

 

つまり当面はビギナーリーグでの優勝、そしてミドルリーグへの昇格が目標になってくるぞ

 

 

試合は1日のうち、8:00~、12:00~、18:00~、19:00~、22:00~、23:00~のスケジュールで開催される。

ただし実際に行われるのはこの6つの時間のうちから4試合で、そのスケジュールはプレイヤーの所属する高校(地区)によって異なることに注意しよう。

 

ちなみに部員が9名に足りていない高校は試合を組むことができないため、その場合は1日の試合数が4試合未満になることもあるぞ。

まずは自分の所属する高校の試合はいつ開催されるのか、事前に確認しておくことをオススメしたい。

 

 

試合開始の1時間前にはスタメン発表が行われる。

ちょっとしたお楽しみタイムだが、スタメンに選ばれるためには投手であれば能力値合計がチーム2位以内、野手であればチーム8位以内である必要がある

 

またこの際参照される能力値は装備した野球道具の補正値は無視され、素の状態での能力値でスタメンになるかどうかが決まるぞ。

たとえ激レアな野球道具を装備していても意味がないので、スタメンに選ばれたいなら地道に能力値を伸ばすことが大切なのだ。

 

 

●試合はオートだがやれることも多い、スキルの発動とエールは忘れずに!

 

 

練習については攻略後半で触れるとして、まずは試合の流れを追っていこう。

試合はオートで行われ、3回、6回、8回の終了後に作戦タイムが開かれる。

作戦タイムは10分間、この間にできることをやっておくのが試合に勝つための第一のポイントだ。

 

 

●スキルを発動する

 

 

作戦タイムでできることの1つ目が、スキルの発動だ。

スキルは装備している野球道具に付与されており、チュートリアル中に回したガラポンでスキル付きの野球道具を手に入れているハズなので、まずはこのスキルを使ってみよう。

 

 

またスキルにはアクティブスキルとノーマルスキルの2種類が存在し、アクティブスキルは試合中に発動することで効果を発揮、ノーマルスキルは自動で効果が発揮される

作戦タイムは主にアクティブスキルを発動させる時間とも言えるので、作戦タイム時には忘れずに発動しておくことが望ましい。

 

ただしアクティブスキルには消費スタミナが設定されており、スタミナが残っていない状態では発動させることができない。

またスタミナはアクティブスキルの燃料としての面だけでなく、スタミナの残量によってキャラクターの能力値に補正がかかることも忘れてはいけない。

スタミナが枯渇した状態での能力値は大きく下がってしまうので、スキルの発動はタイミングを考慮する必要があるぞ。

 

 

スタミナの状態を示すアイコンは赤、黄、青、紫の4種類。赤がスタミナ200~110、黄が100~60、青が50~10、紫がスタミナ0であることを示している。

このうちスタミナの減少によるステータス低下が発生するのは黄のスタミナ100以下になってからなので、スタミナ110までは回復を考える必要はあまりない

それまでは存分にアクティブスキルを使用するなりして、試合での活躍を目指そう。

 

 

アクティブスキルの使用タイミングについてだが、たとえば既に味方チームが大量リードを奪っているのならば、アクティブスキルを無理に発動させる必要はない。

逆に味方チームが負けている場合、最終回の攻撃に全てを賭ける場合はケチらずにガンガンスキルを発動させていくほうが良いだろう。

 

野球はよく“筋書きのないドラマ”と言われることがあるが、本作でもそれは健在。

最終回にまさかの逆転サヨナラ打が!なんてドラマチックな展開もあるので、そのときのためにアクティブスキル用のスタミナを温存しておくのも作戦のうちだ。

 

さて次回からは、試合攻略の重要なポイント、スタミナ回復方法についてまとめていくぞ。


 

※ストアに移動します

 

 
 
ギフトはこちらからゲットできるよ!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!