ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
メルクストーリア

メルクストーリア

Happy Elements K.K

iOS

Android

ゲームMENU

メルクストーリア

↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ギフトはこちらからゲットできるよ!

 


 

第3回目となる今回は、メルクストーリアの序盤ストーリーや、ゲームの具体的な進め方について紹介していくよ!

 

プロローグから旅立ちまで

人類とモンスターが共存するメルクストーリアの世界。

 

主人公であるあなたは、狂暴化したモンスターを癒すことのできる「癒術士」の能力を持つ少年だ。

 

母親からは「癒術士」として世に出ることを期待されているものの、本人にその自覚はなく今はまだその真の力を発揮することが出来ていないのだ。

そんなあなたの家にある日やって来たのが、瓶詰めになった少女「メルク」。あなたの父親が行商の商人から偶然手に入れた謎の美少女だ。

 

なぜそのような姿になってしまったのか?は彼女自身も記憶を失くしていてわからない。

そんなメルクの記憶を取り戻すため、あなたは旅に出ることを考え始めるのだが…そんな折、あなたは偶然街に訪れていた癒術士「エルト」に出会う。

 

このエルトの古くからの友人に「アイオス」という博学な癒術士がいるのだが、彼からであれば何かしら解決の糸口を得られるのでは?と助言をもらう。

まずはこのアイオスの元を訪ねるため、あなたとメルクの旅が幕を開けるのだった――。

 

さあ、冒険に出よう!

メルストの基本的なゲーム進行は、各エリアごとに複数あたえられるクエストを攻略していくことだ。クエストでは数々のモンスターが主人公たちに襲いかかってくるので、これを「癒し」で沈静化していく必要がある。

 

このクエスト内の戦闘では、手持ちのユニットで“5人のパーティ”を組みモンスターを倒し(癒し)ていく。その際に知っておきたいいくつかの基礎知識を下記にまとめておく。

 

エリアとクエストの選択

ここでは通常のストーリークエストを前提として解説する。まずクエストの画面に進んだら、攻略したい「エリア」と「クエスト」を選択しよう。

 

難易度は「ふつう」「ムズ」「激ムズ」の3段階に分かれているので、初めてそのクエストに挑む際は「ふつう」を選択しておけば間違いはない。

 

パーティ編成の選択

クエストに向かうパーティは5人1組なので、すべてのユニットを連れて行くことはできない。

 

複数のパーティ編成を登録しておくことができるので、属性やモンスター種との相性を考えてパーティを選択しよう(最初はデフォルト設定のパーティで構わない)。

 

出撃

戦闘パートがはじまってから、まず最初にやらなくてはならないのが、各ユニットを出撃させることだ。画面下部にパーティのメンバーが表示されている部分があると思うが、ここをタップし出撃させよう。あとは各ユニットが自動的に戦ってくれる。

 

SP|シードピース

モンスターを倒す(癒す)とシードピースが貯まる。シードピースはユニットの出撃で消費されると共に、以下で説明する「癒力アップ」「Guts上昇」「シードモンスター召喚」などに使う。

 

もしユニットが戦闘不能になってもこのシードピースがあれば何度でも出撃できる。

 

wave

クエスト内の1回の戦いのことを「wave」と呼ぶ。モンスターを全滅させるか、ゴールのラインを超えればwaveをクリアする。

ちなみにwaveとwaveの合間にユニットの体力は全回復することも覚えておこう。

 

Guts上昇

画面下に表示されている出撃中ユニットアイコンをタップすると「Guts」が上昇する。

 

Guts上昇では各ユニットの攻撃力や体力上限が増加し、体力も回復する。SPを消費するため、タイミングと残SPを確認しつつ実行しよう。

 

バック機能

画面下に表示されている出撃中ユニットアイコンを下にフリックすると、ユニットが後退する。アイコンを上に戻すと前線に復帰する。

バック中は体力を回復できるので、戦況を見つつ活用しよう。

 

癒力アップ

「癒力アップ」をすることで、SPの獲得量を増やすことができる。できるだけクエストの序盤に癒力を上げておくことで、その後のSP入手量が増え攻略が捗る。

 

SPは癒力・Gutsの上昇やユニットの再出撃、シードスキル発動に必要となるため、残量に注意しつつ良きタイミングとバランスを図ろう。

 

 

さて次回は「勝てるパーティ編成」について解説するよ!

 

このゲームでもらえるギフト

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© Happy Elements K.K All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。