ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
サモンソウルバトル

サモンソウルバトル

gloops, Inc.

iOS

Android


↑↑↑↑↑

ギフトはこちらからゲットできるよ!

 

 

リアルタイムに協力バトル!
仲間とともに強敵を打ち倒そう!②

 

◆史上初!”中衛”採用でより深い戦術が楽しめるギルドバトル◆

 

 

クエストと同じバトルシステムで、最大20vs20人の大人数リアルタイムバトルを楽しめるのが、1日3回開催されている”聖戦”だ。

前衛と後衛でポジションが分かれているゲームは他にもたくさんあるが、本作ではそれに加えて史上初の”中衛”ポジションが採用されている。

他のゲームとは全く異なる、幅広い戦術を楽しむことができるぞ。

 

 

各ポジションの役割を詳しく解説していこう。

聖戦の画面では、クエストと同じように左に味方、右に敵という配置でカードが並んでいる。

それぞれ、大きく表示されている5人が「前衛」、やや小さく表示されて端に並んでいるのが「中衛」ポジションのメンバーである。

 

攻撃の要、前衛ポジション

 

 

前衛は、戦闘力がギルド内上位5人が優先して選ばれるポジションだ。

役割はもちろん、敵にダメージを与えてGP(勝敗を決定するポイント)を稼ぐこと!ガンガン攻撃しまくろう。

 

勝敗を左右する?!中衛ポジション

 

 

 

中衛は戦闘力6位から10位までのプレイヤーが優先して割り当てられるポジションだ。

「必殺」と「攻撃」で敵にダメージを与えることができる上に、「エール」などで味方のサポートをすることもできる。

 

実はこの中衛の動き方が戦況を左右すると言っても過言ではない。

攻撃あるいはサポートどちらかに徹するか、また両方のコマンドをバランス良く使用するか、相手と状況を考えた柔軟な選択が求められるぞ。

 

名サポーター!後衛ポジション

 

 

 

最後にご紹介するのが後衛ポジション。

これは戦闘力が11位以下のプレイヤーたちだ。

画面にはカードは表示されないものの、「支援」による仲間のサポートでバトルに参加できるぞ。

他にも「弓矢」で急所狙いの攻撃をしたり、1バトル1回だけだが「乱入攻撃」で攻撃したりと、攻撃のサポートもできる。

 

 

こうしたポジションは聖戦開催の1時間前に決定されるのだが、あらかじめポジション希望を出すこともできるぞ。

新米プレイヤーはまず、前衛に選出されるのをひとつの目標としよう。

 

 

◆チャットで仲間とコミュニケーション!◆

 


 

ギルドのメンバーとは聖戦中も、チャットでコミュニケーションを楽しむことができる。

可愛いスタンプも使えるし、テキストで細かく戦略の相談をすることも可能だ。

中衛の動き方などは、皆で相談して方向性を決めるのがオススメだぞ!

 

◆聖戦の報酬は豪華ラインナップ!◆

 

 

聖戦の報酬は、非常に豪華なラインナップ!

勝利報酬と敗北報酬両方が用意されているので、参加するだけでもオイシイぞ。

報酬の中でも特に「ジョブ解放の光」はここでしか手に入らない貴重なアイテム。

これを集めることで、新たなジョブを手に入れることができるのだ。

 

◆聖戦で勝つにはまず、良いギルド選びから◆

 

 

聖戦の参加メンバーは最大20人。

個々のメンバーの戦闘力はもちろん、参加している人数が多ければ多いほど有利だ。

聖戦で勝利をおさめるには、アクティブにプレイしているユーザーが多いギルドを選んで加入するのが基本だ。

 

アクティブユーザーが多いギルドに入る方法は3つある。

まず1つ目、「ギルド検索」の「おすすめギルド」で見つけたギルドの「詳細」から「メンバー」をチェックすることだ。

 

 

 

「メンバー」のところには、各ユーザーが直近でいつログインしたかという目安が表示されている。

最近ログインしている人のほうがより聖戦にも参加してくれるので、最近ログインしている人が多いギルドを選択するのが勝利への近道だ。

 

 

 

2つ目の方法が、「スカウトを受ける」設定にしておいてアクティブユーザーからのギルド勧誘を待つ方法。

こちらは確実ではなく時間もかかるかもしれないが、意欲的なギルドマスターに出会えることが多い。

 

 

最後の3つ目は、自らギルドマスターとなってギルドを設立し、クエストで協力してもらった仲間を勧誘しまくることだ。

自分で好きなメンバーを集められるので、これが一番手っ取り早いかもしれない。

 

以上ご紹介した方法を参考にあなたの好みのギルドを探し出し、ギルドバトルを楽しんで欲しい!

 

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!