ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
FINAL FANTASY Record Keeper

FINAL FANTASY Record Keeper

DeNA Co., Ltd.

iOS

Android

ゲームMENU


↑↑↑↑↑

ギフトはこちらからゲットできるよ!

 

 

ボスに勝つ為には

 

FFRKに登場する様々なボスたち。

パーティに入れているキャラクターのレベル上げはきちんとしているのに、ダンジョンの難易度が上がるにつれてボス戦で苦戦するようになってきちゃった・・・。

そんな悩みを抱えている方!

「たたかう」を中心とした物理攻撃のゴリ押しばかりで戦っていませんか??

 

 

GAME OVERの画面でDr.モグが攻略のヒントを出してくれるように、手強いボスたちも弱点となる属性で攻撃したり、特徴を上手く利用すればバトルが有利になる事が殆ど!

 

「どうしても勝てない」

「なんとか勝てるけれど『MASTER』が取れない!」

 

そんな時はボスの弱点に合わせてパーティやアビリティを再考して挑戦してみよう!

 

◆モンスターを攻撃した時に表示される事がある英語は一体なに??◆

 

ボスを含め、モンスターを攻撃した時に一瞬何か英語が表示される事があるよね?

 

 

実はコレ、モンスターやボスの属性に関わるもの。

この英語は全部で4種類。

 

【Weakness】弱点:攻撃の効果が上がる。

【Defence】耐性:攻撃の効果が軽減される。

【Resist】無効:攻撃が無効化され、ダメージを与えられない。

【Absorb】吸収:攻撃が吸収され、敵のHPが回復してしまう。

 

ボスやモンスターはそれぞれ「属性」が設定されていて、弱点となる属性で攻撃を行えば「Weakness」の文字が表示され、与えるダメージが増加するんだ。

逆に耐性のある属性で攻撃すると、ダメージが減少したり、吸収された場合はモンスターのHPが回復しちゃう・・・

 

 

弱点が分かればもっと有利に戦える事は分かった。

でも、その「弱点」を知ってバトルに活かすにはどうしたらいいの・・・?

 

◆属性の種類とボスの弱点を知ってバトルを有利に進めよう!◆

 

弱点を攻撃するには、まず属性の種類を知ることから!

FFRKには全部で9種類の属性があるよ。

 

「炎」「氷」「雷」「地」「風」「水」「聖」「闇」「毒」

 

モンスターやボスはこの9種類の属性にそれぞれ弱点や耐性をもっている場合が多いんだ。

だから敵の属性に合わせてアビリティを付け替える事がとても重要!

 

それぞれの属性の代表的なアビリティはこちら。

 

【炎】→黒魔法「ファイア」系、召喚「イフリート」、魔法剣「ファイア剣」系

 

【氷】→黒魔法「ブリザド」系、召喚「シヴァ」、魔法剣「ブリザド剣」系

 

【雷】→黒魔法「サンダー」系、召喚「ラムウ」、魔法剣「サンダー剣」系

 

【地】→黒魔法「クエイク

 

【風】→物理「かまいたち」、魔法剣「エアロ剣

 

【水】→黒魔法「ウォータ」系、召喚「リヴァイアサン」、魔法剣「ウォータ剣」系

 

【聖】→白魔法「ディア」系、「ホーリー」、召喚「アレクサンダー

 

【闇】→黒魔法「ダーク

 

【毒】→黒魔法「バイオ

 

必要な素材を集める事が難しくゲーム序盤では生成が厳しいアビリティもあるけど、属性ごとのダメージを与えられるものとして覚えておこう。

 

そして、肝心のボスの属性確認。

ダンジョン突入時にある程度のBOSSの行動パターンや弱点は確認できるけど、すべての属性や状態異常耐性をゲームの中だけで確認する事が難しい!

だからここは公式攻略Wiki「ボス」の情報ページに頼ってしまいましょう!

ここではボスの属性以外にも、行動パターンや状態異常に対する耐性、Dr.モグの攻略メモといったボスを倒す為に役立つ情報がたくさん!

 

たとえば、ノーマルダンジョンのFFⅣ「バロン城」。

ここに登場する「カイナッツォ」のデータを見てみると、行動パターンが「通常」「つなみ準備」「防御」の3つに分かれていて、それぞれのパターンで攻撃の内容も異なっている事が書かれているよ。

 

 

攻撃の内容だけでなく、それぞれの状態で属性への耐性も少し変化しているんだ。

カイナッツォの動きを見て、こちらも攻撃パターンを変化していけば、より有利に戦える!

 

このデータを参考にすると、カイナッツォに水属性の攻撃は吸収されてしまうから厳禁。

炎属性の攻撃も軽減されてしまうから使用を避けたい。

大きなダメージを受ける「つなみ」は、雷属性で解除することが出来るらしいから、サンダーを装備していったほうが良さそう・・・。

そしてちょっと意外だけれど一番の弱点は!見た目や攻撃から雷が弱点だと思いがちだよね。

 

これを踏まえて、氷属性攻撃が出来るアビリティを揃え、実際にバトルに挑戦してみると・・・?

 

 

氷属性の攻撃をすると「Weakness」の文字が!!

 

 

更に「つなみ準備中」に雷攻撃をすれば、バリアの解除に成功!

 

 

ボス戦のバトル結果のスコアには、弱点の属性攻撃でスペシャルスコアが追加される場合もあるよ。

ここを獲得できれば「MASTER」でのクリアのチャンスが増える!!

 

 

勝てないボスには、情報収集をしてから再挑戦する事も大事なんだね!

 

 

◆状態異常耐性って一体、何??◆

 

公式攻略wikiのボスやモンスターのページには、属性の他に「状態異常耐性」というものが書かれているけど、これは一体どういう意味があるのか。

 

 

実はこれ、アビリティなどで与えられる状態異常の効果が敵の耐性によって無効化されてしまうものの一覧。

状態異常は全部で17種類!代表的なアビリティには次のようなものがあるよ。

 

【毒(毒に侵され一定時間ごとにHPを失う)】→黒魔法「ポイズン」、物理「ベノムアタック

 

【沈黙(魔法の詠唱することができない)】→白魔法「サイレス」、物理「サイレスアタック

 

【麻痺(体が麻痺し一定時間行動ができなくなる)】→白魔法「ホールド」、物理「いあつ

 

【混乱(コマンド入力を受け付けず敵・味方問わず攻撃を行う)】→黒魔法「コンフュ

 

【ヘイスト(ATPゲージの蓄積スピードが上昇する)】→白魔法「ヘイスト

 

【スロウ(ATPゲージの蓄積スピードが下降する)】→黒魔法「スロウ」「スロウガ

 

【ストップ(一定時間行動ができなくなる)】→黒魔法「ストップ

 

【プロテス(一定時間防御が倍増する)】→白魔法「プロテス」「プロテガ

 

【シェル(一定時間魔法防御が倍増する)】→白魔法「シェル」「シェルガ

 

【リフレク(単体魔法を跳ね返す)】→白魔法「リフレク

 

【暗闇(暗闇状態になり攻撃が当たり辛くなる)】→物理「ブラインアタック」「ブラインバスター」、

 

【睡眠(睡眠状態になり、眠っている間は行動できなくなる)】→黒魔法「スリプル」、物理「スリプルアタック

 

【石化(石化状態になり、その間は戦闘不能となる)】→黒魔法「ブレイク」、魔法剣「ブレイク剣

 

【死の宣告(アイコン上に数字が表示され、カウントがゼロになると戦闘不能になる)】→現在該当アビリティなし

 

【即死(即、戦闘不能状態となる)】→黒魔法「デス」、その他「点穴

 

【リジェネ(一定時間ごとにHPが回復する)】→白魔法「リジェネ

 

【バーサク(コマンドを受け付けず、ひたすら物理攻撃を繰り返す)】→白魔法「バーサク

 

この「状態異常耐性」もモンスターによって種類が様々!

「睡眠」に対して状態異常耐性を持っているモンスターに「スリプル」を使用しても、その効果は発揮されないんだ。

 

 

逆に言えば、この耐性に書かれていないアビリティは効果を発揮させるチャンス!

ボスの属性を確認する時は、是非この「状態異常耐性」も確認してみてね。

弱点の属性攻撃に加え、状態異常で敵の行動を制限できればよりバトルが有利になるよ!

 

◆ボスに有利な「ブレイク」系って、一体どういう物なの?◆

 

オススメのアビリティでもよく見かける「ブレイク」系。

このブレイク系のアビリティって一体何がそんなにオススメなのか。

そんなに使えるものなの?

 

 

ブレイク系と呼ばれるアビリティとその主な効果は次の通り。

 

パワーブレイク」「ハイパワーブレイク」対象に攻撃し、(対象の)攻撃力を下げる。

 

アーマーブレイク」「ハイアーマーブレイク」対象に攻撃し、(対象の)防御力を下げる。

 

マジックブレイク」「ハイマジックブレイク」対象に攻撃し、(対象の)魔力を下げる。

 

メンタルブレイク」「ハイメンタルブレイク」対象に攻撃し、(対象の)魔法防御力を下げる。

 

現在はこの8種類。

「ハイ~」がつくものは効果がより大きくなるよ。

※黒魔法ブレイクと魔法剣「ブレイク剣」は対象を石化させる効果を持つアビリティで、ここで説明する「ブレイク系」とはまた別なのでご注意を!

 

例えば物理攻撃力が高い敵に「パワーブレイク」を、強力な魔法攻撃を使ってくる敵に「マジックブレイク」を使えば味方が受けるダメージを軽減できる。

そして敵に「アーマーブレイク」を使えば物理ダメージ、「メンタルブレイク」を使えば魔法攻撃で敵に与えるダメージが増加するという事!!

 

◆実際に「アーマーブレイク」を使ってダメージを比較してみよう!◆

 

「対象の防御力が下がる」といわれても、いまいちイメージが沸きにくいよね。

だから実際にアーマーブレイク使用前と使用後でどれくらい敵に与えるダメージが変化するか試してみたよ!

 

今回は比較がしやすいように、どちらもクラウドの通常コマンド「たたかう」で比較してみよう。

まずは通常の攻撃!

 

 

ダメージは1900。うん、まずまずかな?

 

続いて、ライトニングにアーマーブレイクを使ってもらい、その直後にクラウドの攻撃・・・!!

 

 

今度は2284のダメージ!!

同じキャラクター、同じ武器を使用した物理攻撃でも、アーマーブレイクを使用した後は与えるダメージが上昇してる!

1撃だけの比較でもこれだけの差。

アーマーブレイク1回の効果が継続する間、パーティ全員で攻撃するとなれば総合ダメージは大幅に変わってくるよ!

「弱点属性での攻撃をして、状態異常も使っているのにあと一押しが足りない!」

「そもそも物理攻撃中心のメンバーしか育てていなくて属性攻撃が難しい!」

そんな時はブレイク系アビリティを生成して使ってみてね。

 

倒せないボスは、弱点を調べてパーティやアビリティを見直して、より的確にダメージを与えられる方法を試してみる!!

それでも難しい時は該当のボスのページに相談のコメントを書き込んでみるのもいいかも??

 

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!