ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
戦国やらいでか -乱舞伝-

戦国やらいでか -乱舞伝-

SQUARE ENIX Co.,Ltd.

iOS

Android

ゲームMENU


↑↑↑↑↑

ギフトはこちらからゲットできるよ!

 

 

攻城戦と乱舞戦は協力してナンボ!
仲間と繋がって勝率を高めよう!②

 

◆スクエニが贈る戦国合戦の新境地『戦国やらいでか -乱舞伝-』!◆

 

様々な武将を自由に組み合わせたオリジナル部隊で戦う本作、その最大の魅力はなんといっても「攻城戦」と「乱舞戦」だ。

 

本記事では、白熱のギルドバトル「乱舞戦」を紹介するぞ。初心者脱却のコツもお見逃しなく!

 

◆乱舞戦とはすなわちギルド戦!◆

 

 

乱舞戦とは、ギルド同士が雌雄をかけて争うバトルだ。

期間中にギルドが設定した参戦時間帯になると、あらかじめマッチングされた敵ギルドとの合戦が開始される。

 

マッチングでは同じくらいの階級(=戦績)を持つギルドが選出されるため、極端な実力差に手も足も出ないという状況に陥る可能性は少ない。

ギルドメンバー全員で、存分に戦いを楽しもう。

 

 

合戦が始まると、両ギルドに所属するプレイヤーが1対1で戦う。

戦績やバトルの内容に応じて「貢献P」を獲得、各プレイヤーの得た貢献Pの累積値が最終的に多いギルドの勝利となる。

 

 

また、乱舞戦では様々な枠組みで報酬が用意されているため、参加すれば容易にアイテムを手に入れることができるぞ。

 

詳細は以下を確認してほしい。

 

【乱舞戦での主な報酬】

・合戦勝利報酬

合戦で敵ギルドに勝利した場合、戦闘に参戦したプレイヤー全員が獲得

 

・合戦参戦報酬

合戦で敵ギルドに敗北した場合、戦闘に参戦したプレイヤー全員が獲得

 

・通算勝利数報酬

乱舞戦期間を通じての勝利数が一定の値に達するごとに対応する報酬を獲得

 

・ランキング報酬

獲得した貢献Pランキングで上位に入賞すると獲得

 

 

◆貢献ポイントを稼ぐのが最優先!◆

 

 

乱舞戦では貢献Pをより多く稼ぐことが重要だ。

貢献Pの値は、以下のような要素を基準に算出されているぞ。

 

・部隊の総戦力

・自分が受けた損害

・敵に与えた損害

・合戦での連勝数

・コンボ数

・合戦での最初の攻撃

・強敵に勝利

 

つまりまさに貢献Pという名の通り、「乱舞戦でどれだけ戦いに貢献できたか」が鍵というわけだ。

武将をしっかり育てて、仲間たちに活躍を見せつけよう。

 

ここからは、格上相手に連勝するためのコツを考えていく。

序盤プレイヤーには特に重要なポイントとなるので、きっちり把握しておこう!

 

【1】優位な兵科で戦う

 

 

兵科とは、それぞれの武将に付与された相性だ。

この兵科相性には、以下のような優劣関係が存在する。

 

歩兵:弓兵に強く、騎兵に弱い

騎兵:歩兵に強く、弓兵に弱い

弓兵:騎兵に強く、歩兵に弱い

特殊:特殊に強い

 

合戦では戦いを開始する前に、自身の部隊を変更することができる。

この機能を利用して、相手の兵科よりも優位な部隊を編成して戦いに臨むと良いだろう。

 

【2】不安な時は全力攻撃

 

 

合戦での攻撃方法には「攻撃する」と「全力攻撃」の2種類が存在する。

全力攻撃の場合は、戦Pを通常の3倍消費する代わりに与えるダメージも倍増する

 

兵科の相性に加えて、全力攻撃を利用することで大幅に勝率を上げることが可能というわけだ。

 

【3】仲間を応援して戦Pを回復する

 

 

乱舞戦での行動力となる戦Pは、仲間を応援することで回復できる。

応援することで、仲間も戦Pを回復することができるぞ。

互いに応援しあうことで、数多く戦いに臨むことができるのだ。

 

特に序盤プレイヤーは戦力の不安から全力攻撃を多用してしまい、戦Pが足りなくなることも多い。

積極的に応援機能を使っていこう。

 

 

ここまでの攻略ポイントをおさらいしよう。

 

・乱舞戦とは、ギルド同士でぶつかるバトル

・参加すると様々な報酬を受け取ることができる

・乱舞戦ではできるだけ戦いに貢献し、貢献Pを稼ぐことが最も重要である

・そのためには「優位な兵科で戦う」「不安な一戦では全力攻撃する」「仲間を応援して戦Pを回復する」ことがコツ

 

乱舞戦ではテクニックと同様、メンバーの参加率も大事だ。

負けを恐れずにどんどん参加してギルドに貢献しよう。

 

 

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© 2015,2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。