ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
オービットサーガ

オービットサーガ

GameBank Corp.

iOS

Android

ライバルの攻撃に負けるな!
「島カスタム」を行ってみよう

 

今回の記事では星島の防衛、つまり星島のカスタムについて解説していこう。
防衛側は自分の好きなタイミングで開始することが出来ない分、「島カスタム」で盤石の体制を整えておくことが唯一の防衛手段となる。

万全の体制で強力なライバルを迎え撃とう!

 

★星島作成(カスタム)の基本★
~星島について~

 

前回の記事で紹介したとおり、対戦は外環オービット→内環オービット→メインアイランドの順に最大3マップ連続で行われる。

そして、カスタム可能な星島は、サマナーのランクが上がるごとに増えていく。
現在は最大で4つまでカスタマイズ可能な島を持つことができる。(2015年7月15日時点)

▲ランクが上がれば、外環・内環それぞれに複数の島が現れる

 

また、ゲームを進めると、最初からある「森林」以外の地形パネルが手に入り、「星島のスタイル」を変更することができるようになる。
島のスタイルは、編集画面の右上のマークで確認できるぞ。

▲今のところ確認できるのは全部で6種類

 

スタイルを変更すると地形パネルトラップの効果も違うものだったり、見た目の雰囲気も変化する。
また、防衛ボーナスも変わってくるので、配置ガーディアンとの組み合わせをよく確認しよう。

▲左上の「防衛ボーナス」を確認しよう

 

★星島作成(カスタム)の基本★
~配置について~

 

■配置の上限

 

島カスタム画面左上にある数字に注目。

 

一番上の数字は戦闘力の目安
地形パネルを設置したり、ガーディアンやトラップの配置によって変動するぞ。

その下は左から、自由に設置できる形パネルの現在値/最大値・ガーディアンコストの現在値/最大値・トラップの配置の現在値/最大値となっている。
最大値いっぱいまでは配置できるので、組み合わせをいろいろと考えてみよう。

▲配置数のほか、それぞれの守備範囲が重ならないようにする必要もある

 

★配置のコツについて★

 

「地形パネル」と「設置トラップ」を有効に活用することが防衛のカギだ。
地形パネルの通路にガーディアンをただ置くだけでなく、トラップで行く手を阻んだところで、進攻してきた相手がどう動くかを考えて配置することで、一気に叩くことができる。

▲敵はどう動くか?考えて配置しよう

 

地形を利用して相手の動きを封じつつ、ガーディアンで叩くようにすると守りやすくなるぞ。

 

もうGETした?
~中盤以降の地形パネル&トラップ紹介~

 

序盤ではまだ出てこない地形パネルやトラップの情報を入手したので紹介しよう。

 

■島スタイル「砂漠」の地形パネル

 

「砂漠」の地形パネルにある「サンドエリア」は、範囲内に入った敵を沈黙状態にし、ガーディアンの召喚と戦闘スキルを封じてしまう。

 

地形パネル「砂漠の迷宮」

(サンドエリア/ひびの入ったカベ×4/砂漠の力Lv3)
カベの内側にサンドエリアが存在し、カベを壊して進攻してきた相手をスキルとガーディアンの呼び出しができない沈黙状態にして封じ込めることができる。

 

■島スタイル「火山」の地形パネル

 

「火山」の地形パネルにある「マグマエリア」は、範囲内に入った敵にダメージを与え、1秒ごとに最大HPの1%のダメージを与える。

 

地形パネル「灼熱の軍工場」

(マグマエリア/トゲのトラップ×3/火山の力Lv5)
持続ダメージを与えるマグマエリアと、触れるとダウンするトゲのトラップの強力な組み合わせで、攻めてきた相手のHPを削ることができる。

 

■トラップ

 

「フィアトラップ」

近づいた相手に状態異常のフィアを付与するトラップだ。
フィア状態になると一定時間サマナーが勝手に動いてしまうので、その間の進攻を止めることができるぞ。

▲かかるとやっかいなトラップだ

 

「スプリングトラップ」

上に乗った相手を跳ね飛ばすトラップだ。
飛ばした相手を、そのままトゲにぶつけたり、他のトラップと合わせて使用すると妨害効果が高いトラップとなっている。

▲うまく組み合わせれば効果倍増!

 

このほか、「星島進攻」の記事で紹介した竜騎士やバフォメットなどの要注意ガーディアンやトラップは、すなわち防御側にとってはとても心強い味方となる。

本記事と合わせて、防御側の参考にしてみよう。

▲素早い攻撃と強力な範囲攻撃を持つ竜騎士はぜひ手に入れたい!

 

★リプレイで対策を練ろう★

 

対戦結果は進攻戦同様、ゲーム内のメッセージで送られてくる。
もしも敗北していた場合には、リプレイを見ることができるので、確認してガーディアンやトラップの配置を検討すると良いぞ。

▲敗北は悔しいが今後の糧に!

 

以上、星島防衛~島カスタムについて紹介した。
攻撃と防御は表裏一体、どちらの結果も参考にしながら攻守ともに最強を目指そう!

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!