ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
剣と魔法のログレス いにしえの女神

剣と魔法のログレス いにしえの女神

Marvelous Inc.

iOS

Android

ゲームMENU

『ログレス』プレイ日記!
冒険のはじまり

 

ウチ、最強の勇者になったるねん!と浪速の地から、鼻息荒く乗り込んだログレス王国。

 

 

某狩りゲーム以来のRPG。

 

ハンターといえば、男やろっ!な典型的昭和のガチガチの固定観念があり、主人公は迷わず男勇者に!

 

しかし「ログレスってアバター&チャットでワイワイ楽しむのが醍醐味だよ」と聞きまして、あっさり性転換。

 

 

意外に柔軟なんです。(途中で変更できないんで、再インストールしました)

 

改めて出発!

 

 

初めはみんな「冒険者」

 

早く名前つけたいなぁ。と思いながら、まずはご親切に指さしマークが出ているのでクエストを受けることに。

 

 

ログレス王国内にかわいいキノポが異常発生しているということで駆除の依頼。

 

案内してくれる親切なハンターさんとともに、駆除してきました。

 

スープの出汁に使われると聞いて切ない気分に…キノポ、スープになるんか…。

 

 

…ってハンターさん、「見ない顔だね」っていうけど、クエスト受けたときにパートナーに選んだジョーさんやん

 

忘れられてるなんて、私かなしい。

 

 

街にいるパトムおばさまの憂鬱をなくすお手伝いをしたり、街の闇を垣間見たりして、しばらくソロで初心者クエストをちきちきとやっていきます。

 

 

そしていよいよハンター協会からお呼び出しがかかりました。

 

呼び出しってなに…噴水の裏に来い、とか言われんのかな…こわい…。

 

 

まさかそんなこともなく、ハンターは登録制ということでお役所みたいなところで名前書いてきました。

 

当然メリケンサックでどつかれることはありません。

 

 

ハンターショートショート誕生!

 

じゃーん!ハンターショートショートの誕生!夏やのにムートンブーツ!

 

背景は海にうきわにばっちり夏仕様!!(デフォルト)後ろにいるマンドラも心なしか楽しそう!

 

装備は、初心者にありがちな持っているもの全部着せです。

 

さーて、ようやく名前をもらったので、そろそろリアルな方たちとお話してみようかな…と思っていると、ちょうどメンテナンスがあけた様子。

 

当初は1時間と聞いてましたが、さくっと30分ほどでした。

 

早速ログイン。

 

 

ログレスでの第一声

 

せっかくだしここで一言発言してみようと思ったのですが、なんか「ワールド」で全ハンターに発言すると、「誰やねんww空気読まれへん初心者ハンター」とか言われかねない(完全に被害妄想)

 

ので少し小さい「エリア」設定でつぶやいてみました。

 

「比較的メンテナンス早く終わりましたねー」

 

意を決した割に、この完全に守りに入った発言…。もっと傷跡を残せばよかった。

 

初対面の話題としては、天気や時事ネタがいいということなので時事ネタ(ログレス的に)放り込んだつもりなんですが…

 

案の定誰からも触れられることなく、この発言は完全に闇に葬られました

 

やっぱりあいさつがなかったからでしょうか…。(ここ一番大事)

 

みなさん、挑戦したいクエストへのお誘いが大半で、こんなためにならないひとりごとに反応してくれるほどひまじゃないですよね。

 

気を取り直してすこしイベントクエストをのぞいてみたいと思います。

 

 

イベントへ果敢に挑戦!

らっせーらーらっせーらー

 

今のところ初心者ハンターショートショートが受注できるイベントクエストはほとんどなくて、9月の初めまでやっている、【ログレスねぶた祭り】へはっぴ装備狙いで行ってみました。

 

 

最大8人まで一緒に戦うことができるので、どこかで戦っているのを見かけたらジョインできます。

 

もしくは自分が戦っていると、見知らぬハンター仲間がジョインしてきます。

 

今回は5人の即席パーティーで戦いました。

 

この時私ショートショートのHPは1200ほどだったのですが、よく見ると、このねぶたゴブリン150万もHPがあるやん!!

 

5人の即席パーティーの中で、一番勇敢な切り込み隊長が与えたダメージは15!!150万相手に15!!

 

よわっっ!!

 

(ちなみに私ショートショートが与えたダメージは10やけど)

 

ゴブリンの一撃で次々と仲間が倒れる中、奇跡的にショートショート1人が生存!!

しかし次の瞬間…!

 

 

ゴブリン、私の屍をこえていくのだね…

 

完全に力不足が招いた結果です。さすがにもうちょっといろいろとクエストをこなしてからくるべきでした…と反省し、街に戻ったところで

 

「ねぶた、まだお呼びじゃなかった…」

 

とつぶやいてみましたが、案の定この発言も完全スルーされました。

 

仲間作りはむずかしい。

 

ショートショートは誰かに頼りにされる存在になっていかなければ、この世界で生きていくのは難しいのだとひとつ勉強になりました。

 

それはリアルの世界も同じこと(中の人のリアルな心情)

 

さぁ、次は仲間何人できるかな。

 

現在の仲間の数:0人

 

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© Marvelous Inc. Aiming Inc. All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。