ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
スクールガールストライカーズ

スクールガールストライカーズ

SQUARE ENIX Co.,Ltd.

iOS

Android

ゲームMENU

どれを優先すべき?メモカ強化を極めよう!

 

強い妖魔(オブリ)や対戦でアナザーチーム(他プレイヤーのチーム)に勝つためには、手に入れたメモカを強化して強くする必要がある。

 

今回はメモカの強化方法や成長タイプ、強化ポイントの獲得方法などを紹介していくぞ。

 

★メモカの強化に必要な強化ポイントについて

★メモカの成長タイプについて

★新米プレイヤーにオススメの成長タイプについて

★強化ポイントの獲得方法について

★メモカの限界突破について

 

まずはホームのサイドメニューで「メモカ」を選び、「メモカ強化」をしてみよう。

 

画面下部に表示されたメモカの中から強化するメモカを選び、ドラッグしてオレンジ色の枠内へ。

この状態で、「1LVを上げる」「5LVを上げる」「限界まで上げる」のどれかを選んでメモカの強化をしていく。

 

★メモカの強化に必要な強化ポイントについて

 

メモカの強化には「強化ポイント」が必要。

メモカのレベルが上がるほど強化ポイントがたくさん必要になる。

 

画面上部に水色の枠で表示されているのが所持している強化ポイントで、強化するメモカの詳細に「次の強化LVまで○○」と表示されているのが、今のレベルから1レベルアップするのに必要な強化ポイントだ。

 

▽レベル1のメモカをレベル2にするなら強化ポイントが3必要

 

▽レベル16のメモカをレベル17にするには強化ポイントが47必要

 

ゲームを始めたばかりの頃は、この強化ポイントの所持数も少ない。

まずは1か5ずつレベルを上げていき、レベル10前後にしてみるだけでもチームの強化につながる。

 

ちなみに「R(レアメモカ)」のレベル1のをレベル6に上げるのに必要な強化ポイントは36程度。

新米プレイヤーでも気軽に強化できる。

 

▽「R(レア) メモカ」レベル1のを「5LV上げる」でレベルアップするのに必要な強化ポイントは約35!

 

レアリティの高いメモカは最初から高い能力を持っているため、強化すればより効率的にチームを強くしていける。

もし持っていれば「UR」「SR」を。その次は「R」のメモカを優先して、チーム全員のメモカをバランスよく強化していこう。

 

また、同じメモカを手に入れると、元あったメモカに強制収束され「+2」「+4」と表示され、元もとの状態より能力が上昇している。

同じレアリティのメモカの中で、どれを強化するか悩んだら「+」のついたメモカを選ぼう。

 

★メモカの成長タイプについて

 

「早熟」「普通」「晩成」。メモカもそれぞれ成長速度が違う??

更に、メモカにはそれぞれ特徴がある!

メモカをよく見てみると、それぞれ「成長タイプ」と「パラメータ最大値」という項目がある。

 

この「成長タイプ」と「パラメータ最大値」によって、メモカの成長速度や成長後の能力が異なる。

 

「早熟タイプ」

強化をし始めてすぐに数値が大きく上昇するため、あまり強化しなくても高い能力が発揮できるタイプのメモカ。

 

ただし、強化が進むごとに上昇の値が小さくなっていき、最終的にレベル上限まで強化した際の能力は少し低い。

 

「普通タイプ」

最後まで安定した数値で上昇していくタイプ。最終的なパラメータは「早熟」と「晩成」の中間といったところになる。

 

「晩成タイプ」

強化を始めたばかりの頃は数値が上がりにくく、なかなか成長しにくい。

代わりに強化を続けてレベルが高くなるにつれ、どんどん強くなっていくタイプのメモカ。

最終的なパラメータ最大値は高めになるのがこの「晩成タイプ」の特徴だ。

 

まずは手持ちのメモカにはどんな「成長タイプ」か見てみよう!

メモカの詳細は変更画面などでメモカを長押しすれば見る事ができる。

 

スクストを始めて間もない時は、殆ど「早熟」か「普通」のタイプしか持っていないかもしれない。

実は「晩成」タイプはRやSRといったレアリティの高いメモカに見られるタイプの上、その中でも「早熟」・「普通」に比べると種類が少ない。

 

もし「晩成」タイプを所持している場合は、序盤の成長の遅さだけで「弱いメモカ」だと誤解しないように!

 

★新米プレイヤーにオススメの成長タイプについて

 

まずはステータスが上がりやすい「R」の「早熟」を強化してみよう。

まだまだ新米隊長、しかも持っているメモカの総数も少ない。

でもチームのみんなを早く強くしてあげたい。こんな時はメモカの中でも「早熟」タイプを優先的に強化してみよう。

早熟メモカは序盤の成長率が大きく、レベル10程度でも一気にパタメータが上昇する。

 

▽早熟タイプのメモカをレベル1からレベル10まで強化すると・・・

▽パラメータはほぼ倍に成長する。

ただし、この後レベルアップさせるにつれて成長速度が失速していくのが早熟タイプの特徴だ。

 

メモカを強化に必要な「強化ポイント」は、メモカのレベルが高くなる程たくさん必要になる。

早熟メモカなら比較的少ない強化ポイントで一気に戦力アップする事ができる。

まずは効率よく強化できる早熟タイプをレベル10~15程度まで強化して活用していこう。

 

★強化ポイントの獲得方法について

 

より効率よく強化ポイントを手に入れよう

強化に必要な「強化ポイント」はミッションで妖魔(オブリ)を倒して手に入れる事ができる。

 

中でも旧式妖魔(マギレオブリ)を倒した際にはたくさんの強化ポイントを獲得出来る。

 

通常ミッション中に発見されるチャンスゾーンは、この旧式妖魔(マギレオブリ)との遭遇率が高くなる。

強化ポイント不足に悩んでいたら、積極的にチャンスゾーンへ突入してみよう。

 

ノーマルミッションだけでなく、突発ミッションとしてたまに時間制限ありで出現する「チャンスゾーンフィーバー」で強化ポイント狙いのプレイをすることも可能。

 

さらに、毎月の定期イベントでは、報酬などで強化ポイントをゲットできることが多々ある。。

ミッションやイベントに積極的に参加していくことで、より多くの強化ポイントを獲得できるチャンスが増える。

 

メモカ取り込みでメモカを強化ポイントに替える

メモカ強化の下にある「メモカ取り込み」では、増えすぎたメモカをモシュネちゃんに取り込んでもらい、強化ポイントに替えることができる。

最大10枚まで一括して取り込むことが可能だ。

数が増えて装備しきれないメモカは、ここで強化ポイントに替えてしまおう。

 

▽「N(ノーマル)」メモカ10枚が強化ポイント63に変換!

ただし、取り込んだメモカは戻ってこないので注意しよう。

※メモカを取り込んだ場合、コスチュームだけはきちんと残ります。

 

レアリティが高いほど多くの強化ポイントを得る事ができるものの、「R」以上のメモカは「アビリティ生成」にも使用するので取り込みすぎには注意しておこう。

 

▽「R」メモカ1枚で強化ポイント30に変換

強化ポイントへの変換には、レアリティが低く使っていないメモカから優先して使っていこう。

 

【こんな便利機能も!】

ある程度進んでくると「N(ノーマル) メモカ」はもう新たにゲットしても使わないなー、という段階に来ることも。

その場合、同じメモカの2枚目以降は取り込みを自動で行ってくれる設定をすることが可能。

メニューのオプションから「再取得メモカの自動取り込み」の欄で下記のステータスを選ぶことができる。

 

①なし…全て手動で取り込み

②ノーマル[N]以下…すでに入手したことのあるノーマル[N]メモカを自動的に強化ポイントにしてくれる。

③ハイノーマル[HN]以下…すでに入手したことのあるノーマル[N]&ハイノーマル[HN]メモカを自動的に強化ポイントにしてくれる。

④レア[R]以下…すでに入手したことのあるノーマル[N]&ハイノーマル[HN]&レア[R]メモカを自動的に強化ポイントにしてくれる。

 

★メモカの限界突破について

 

限界突破でメモカのレベル上限をアップ!

通常、メモカはレアリティによってレベルの上限が設けられている。

実は「R」「SR」「UR」メモカは、この最大レベルをある方法で引き上げる事ができる。

それが“限界突破”だ。

限界突破を行うには各レアリティごとに「R限突回路」「SR限突回路」「UR限突回路」という特殊なアイテムが必要になる。

※イベント期間中に「特効」のついたメモカを強化する際は「特攻限突回路」が必要です。

 

イベントの達成報酬やランキング報酬などで獲得することができ、メモカと同じようにレアリティが高いほど入手は難しくなる。

 

どのレアリティのメモカも1回の限界突破につきレベルの最大値が5アップする。

 

ただし、限界突破ではあくまで「レベルの最大値が上昇する」のみ。

限界突破後には改めてメモカの強化を行う必要がある。

所持しているメモカの中でも特に強力な物を厳選して限界突破し、さらなる戦力アップをはかろう。

 

 

メモカ強化には「強化ポイント」が欠かせない!

そこで、次回は強化ポイントがたくさん獲得できる「チャンスゾーン」について紹介する予定だ!

 

 

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© SQUARE ENIX All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。