ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
ゲームギフトお知らせ

ゲームギフトお知らせ

GameGift

★TGS2015★
GREEブースレポート

 

●『アナザーエデン』は高Pや加藤氏らの夢がつまったRPG

 

2015年9月17日(木)、東京ゲームショウ2015のグリーブースにおいて、“KMS Project(仮)”の制作発表が行われた。

ゲストも交えてトークの中で明らかにされる新作の内容に、報道関係者も終始釘付けの約1時間となった。

 

「セガからやってきて、グリーに移籍しました、高です」とのっけから会場を沸かせる高Pこと高大輔氏。

 

彼が現在制作しているRPG“KMS Project(仮)”のシナリオ・演出担当の加藤正人氏に加え、今回ゲストとして登壇した声優である園崎未恵氏の3名。

 

「正直最近はスマホでRPGをやってない」と話す園崎氏に対し、「物足りないから僕もRPGをやってない」「なんでかな、子供の時遊んだのと違う」と同様の意見を持つ高P。じゃあ、なにが違うのか。

 

さらに

 

そんな“冒険”に飢える高Pがとった行動は、

 

さらりとタイトルも発表!

 

タイトルは15日に決まったそうで、あまりに急でロゴができなかったらしい。

 

でもロゴイメージさえ決まってないこの状態でも、なんだか心がざわつく本タイトルの見所は、

 

注目の制作陣は、

 

「兼業で超絶忙しくてやばいけど、作ってて本当楽しい!」(高)

 

 

「加藤さんは私の部下です」(高)

 

クロノトリガーが20周年ということでスケジュールはかなり多忙とのことだが、高氏の熱いラブコールにより実現したそうだ。

 

 

音楽への期待も大!

 

そんな豪華制作スタッフで作り上げるRPGはとことん“RPGらしさ”にこだわっている。

日本のRPGファンにはぜひ注目してもらいたいのだが、その理由はズバリ5つある。

 

1、昔憧れたRPGになかった“フレンド”は登場しない

2、グラフィックではなく“冒険”の内容に力を注いだ

3、特許に関わるほどの技術をつぎ込んでこだわった“歩きの気持ち良さ”

4、RPGに欠かせないシナリオ

 

とくにシナリオに関しては、「休みは基本的にないですから!」とさらりと言い放ち、GW中に100ページものシナリオを書き上げる加藤氏を巻き込んだからこその壮大さが実現しているのだとか。

 

こんなに夢がつまった本タイトルを試遊!させてもらったのは園崎氏のみ。

 

特許絡みでオープンにできない部分が多く、実際にその全貌は見れなかったが、園崎氏の反応を見る限りはかなりの代物。

今年の年末あたりにはクローズドβが公開。本腰を入れて楽しめるのは2016年の春たりになりそう。

 

「この制作発表前日の夜に入浴中に作った」という高Pのツイッターアカウント(@rpg_AE)をフォローしておけば、今後いち早く情報が得られるかも。

 

そして、トークの中で決定した、イメージソングへの園崎氏の参加、これが注目すべき理由の5番目になる。

期待値が大いに高まりつつも、いまだ全貌が明かされていない『アナザーエデン』から今後も目が離せない。

 

 

ゲームギフト編集部・TGS2015記事一覧はこちら

 

 

関連ニュース

この記事を
シェアする!