ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
幻獣契約クリプトラクト

幻獣契約クリプトラクト

Bank of Innovation, Inc.

iOS

Android

ゲームMENU

『不死鳥は黎明に燃える』攻略!
おさえておきたい4つのポイント

 

 

デスフェニックスに挑む前に、まずは本クエストの注意点についておさらいしておこう。

今回に限らず[神話級]のクエストは難易度がケタ違いなので、事前の対策こそが重要だ!

 

1.敵ユニットは火属性固定

2.長期戦が予想されるため回復役は必須

3.取り巻きの火の精霊の全体攻撃は飛行ユニットに対して無効

4.火の精霊は妖精タイプ

 

これらを踏まえて攻略パーティを編成しよう。

 

 

まずは1.と2.を考慮して水属性の回復役[蒼麗の女神]アリア(契約アリア)をチョイス。

ついでにリーダースキルで被ダメージを抑えることができるのもポイントだ。

 

 

次に、1.と3.の条件を満たすのがこちらの[水を司る者]サキエル(進化サキエル)

 

飛行ユニットの特性上火の精霊の全体攻撃を受け付けないため、見た目以上に持ちこたえることも可能な本パーティの主砲。

 

 

さらに今回は取り巻きが妖精タイプであることを考慮して、妖精キラー持ちの[神託の乙女]メリッサ(契約メリッサ)を抜擢。

属性相性や地上ユニットであることがアダとなり本戦で落ちやすいが、火力供給キャラとして期待できる。

 

ちなみにデスフェニックス自身も妖精タイプなのだが、神話級クエストのボスにはキラー効果は発動しないことを覚えておこう。

 

 

最後はもう1人妖精キラー持ちの[黙示録の魔術師]ナディア(契約ナディア)を選択。

主に火の精霊の処理を担当することになるが、[ヘイトリッドソング]での味方の火力増強も大事な仕事だ。

 

 

というワケで、今回はこちらの面々でデスフェニックス攻略の様子をお届け!

 

◆VSスルト戦、VS火の精霊戦も気を抜くな!◆

 

 

デスフェニックスとの本戦に挑む前に、まずは前哨戦をこなしていこう。

 

スキルのクールダウン中にデスフェニックス本戦に入ってしまうのは不利なので、全体攻撃スキルはスルト戦の開幕で使用して、最後のデスフェニックス本戦でクールダウンが終了するぐらいが丁度いいぞ。

 

 

火の精霊戦では単体攻撃スキルをメインに手早く片付けていこう。

全体攻撃を連続で食らうと笑えない損害になるので、1回ぐらいの全体攻撃は通行料だと思って、1匹ずつ確実に仕留めていくこと。

 

◆長期戦必至のVSデスフェニックス戦!
取り巻きの迅速な処理がカギ◆

 

 

スルト、火の精霊を駆逐したら、いよいよデスフェニックスとの本戦。

同時に火の精霊が3体出現するので、まずはこの取り巻きを速やかに処理する必要がある

 

ここまでで全体攻撃スキルのクールダウンが終了していれば、開幕からぶっぱなして取り巻きの全滅を図ろう。

 

 

注意したいのは、デスフェニックスが尋常じゃない頻度で火の精霊を1体蘇生してくるという点。

このため取り巻きを1体ずつ倒して~なんて悠長にやっているとジリ貧になってしまうので、できるだけ同時に火の精霊を複数潰すのがベストだ。

 

 

3体の火の精霊を撃破してからが本番。ここからが長いぞ!

 

実際にはデスフェニックスの蘇生によりデスフェニックス+火の精霊1体という状況がほとんどだが、これ以降は全体攻撃で火の精霊を潰しつつデスフェニックスにもダメージを与えていく作戦が安定する。

 

デスフェニックス単体の状況で全体攻撃を使ってしまうのはリスキーなので、全体攻撃スキルの使用タイミングはよく考えること

 

 

この状況まで持ち込めば後はほぼパターンなのだが、デスフェニックス自体も全体攻撃を使ってくるということもお忘れなく。

頻度は決して高くはないが、火の精霊の全体攻撃と連続で使用されるとかなり危ない状況になる。

 

 

上記のような敵の行動パターンが発生すると、回復役1人では到底回復が間に合わなくなる。

 

今回の編成ではメリッサが特に落ちやすいので、その穴に助っ人に回復役として[湖畔の女神]アリアを使い、回復役2枚看板で安定性を高める作戦もアリだ。

 

◆動画でチェック!◆

 

 

実際に挑んだ様子の動画がこちらだ。

 

この動画では助っ人に回復役のアリアではなく、攻撃役の[水を司る者]サキエルを選択したパターンで攻略してみた。

 

助っ人が回復役パターンと比較すると安定性に欠けるが、サキエル自体は先述の通り火の精霊の全体攻撃を受け付けないためしぶとく戦えるぞ。

 

回復が追いつかずにナディアあたりが倒れる可能性もあるが、その頃にはデスフェニックス自体のHPもだいぶ削れているはず。

あとはサキエルのスキル連発で一気に畳み掛けよう。

 

アリア・サキエルの2名はほぼ鉄板と言ってもいいが、残りの2名は選択の余地がある。今回の編成はあくまで一例なので、デスフェニックスのドロップを狙うなら水属性や飛行ユニットを増量してガチガチに固めるなど、さらなる効率化を図るべし!

 

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© Bank of Innovation, Inc. All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。