ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
LINE ウィンドソウル

LINE ウィンドソウル

JOYMAX Co.,Ltd.

iOS

Android

『LINE ウィンドソウル』突撃インタビュー!

 

『LINE ウィンドランナー』制作陣が送る、期待の新作『LINE ウィンドソウル』! 

 

今回は本作の生みの親である制作陣に、開発秘話やゲームの見どころを語ってもらいました。お話を聞かせてくださったのは、『LINE ウィンドソウル』プロデューサー佐々木氏。

 

▲『LINEウィンドソウル』プロデューサー佐々木章子氏

 

---それでは最初に、いつ頃から制作が始まったのか、構想のきっかけなどがありましたらお願いいたします。

 

佐々木 既に海外の一部ではリリース済みなのですが、今年の1月くらいから日本向けの制作を開始しました。

 

LINE GAMEはカジュアルゲームという印象があると思うのですが、もっと色んなジャンルのゲームを楽しんでほしいと思っていました。

そこでキャラクター人気も高かった『LINE ウィンドランナー』の世界観に密着し、ウィンドランナーの隠されたストーリーを作ってみたら面白いのではと考えたのがきっかけです。

 

---『LINE ウィンドランナー2』など、続編という扱いにしなかったのはなぜですか?

 

佐々木 続編としてしまうと、カジュアルゲームというイメージが引き継がれてしまいます。

本作はかなり王道ファンタージRPGになっていますので、先入観なくこのゲームを楽しんでほしかったのです。

 

世界観としては、『LINE ウィンドランナー』のパラレルワールドのような世界だと考えていただければと思います。

 

---今回はフル3Dのシーンもたくさん登場しますが、ビジュアル面でのこだわりをお聞かせください!

 

佐々木 表情や細かい動きに気を配り、3Dで表現しにくいシーンは2Dにしたりして、キャラクターの感情が伝わるように意識しました。

 

またキャラクターだけでなく、召喚獣の動きやバトルシーンの背景までこだわっていますので、ぜひそのあたりにも注目してもらいたいです!

 

---『LINE ウィンドランナー』はランニングアクションでしたが、今回はバトルシーンがタワーディフェンスになっていますね。バトルシステムがタワーディフェンスになった理由を教えて下さい。

 

佐々木 本作は、とにかくメインのキャラクター(ヒーロー)たちを皆さんに愛してもらえるようにこだわって作っています。

 

ヒーローがしっかり戦いに参加しながらも、彼らを敵から大切に守りぬくという形のタワーディフェンスが、本作のコンセプトにぴったりだと考えました。

 

---豪華な声優陣が起用されていますが、メインキャラクターの配役はどのように決まったのでしょうか?

※この質問は声優さんのキャスティングに関わったパク氏に答えていただいています。

 

パク クロエは元気な女の子なので、男っぽい声も出せるけど可愛い声も出せる方ということで、高橋未奈美さんに決定しました。

レオは熱血漢で熱いセリフも多いので、そのイメージにぴったりだった阿部敦さんに。

 

カイリは、じつは最初はクロエよりも年下キャラで、可愛い女の子という設定だったんです。そのときもすでに植田佳奈さんに決定していたんですが、現在のお姉さまキャラに変更してからも、植田さんは見事に演じてくれました!

 

スカーレットはお姫様ですので、お嬢様で上品。だけど意志の強い声も出せるということで、佐藤利奈さんにお願いしました。どのキャラクターも、最初に浮かんだイメージにぴったりの声優さんに担当していただいています。

 

佐々木 声優さんにお会いした日はずっとニヤニヤしてましたよね(笑)。

 

---好きな感じが伝わってきます(笑)。ところで、ひとつ気になっていたのですが、クロエは『ウィンドランナー』のクローイから名前が変わってますよね? これはどうしてでしょうか?

 

佐々木 読みやすさとわかりやすさを考えて変えました。2Dデザインを日本で描き起こしたりと、日本向けのカスタマイズは細かく入れているんですよ。

 

---なるほど。最後に、ズバリここが見どころ! というポイントを教えてください。

 

 

佐々木 キャラクターの個性、ストーリー、セリフ、仕草にいたるまで…すべてにおいて抜かりなく手掛けましたので、楽しめる作品になっていると思います。

 

とにかく、まずはゲームプレイを楽しんでいただきたいですね。ゲームの楽しみ方として「このミッションだったらどうやって攻略しようかな」という部分で、いろんなプレイスタイルを提供できるようにしていますし、その結果キャラクターや召喚獣の特徴も相まって、一癖あるタワーディフェンスになっています(笑)

 

---制作陣の、作品への愛が溢れるインタビューでした。ありがとうございました!

 

 

今後、キャラクターに特化したイベントや、誰かと遊ぶことによって、もっとゲームが楽しくなるような新コンテンツなど色々と用意されているのだとか。クロエたち4人の、さらなる活躍が楽しみですね!

 

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!