ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
メルクストーリア

メルクストーリア

Happy Elements K.K

iOS

Android

ゲームMENU

メルクストーリア

 

◆初心者攻略編◆

 

11月限定ギフトを配布中!

今回は貴重なロトリーチケット付きなので、忘れずにもらっておこう!!

 

ボスシードを使いこなそう!

 

ソウルとブレイクの違い!

 

はい、今回はシードの中で、もっとも使用頻度が多いであろうソウルとブレイクについてのお話しです。

 

これを理解してるかどうかで、与えられるダメージ量が大きく変わる!すなわち、攻略にも多大な影響があるからしっかり覚えてね♪

 

まずは、ソウルとブレイクの違いから説明しよう!

 

ソウルは攻撃力が上昇し、ブレイクは属性補正値が上昇する。

 

どちらも5回まで重ねがけができ、敵に与えるダメージが増えるので、積極的に使用していきたいシードだ。

 

両方ガンガン使っていければベストなのだが、SPの関係上そうもいかない場面が多々ある。

 

そんな時は、「得意属性の敵にはソウル、苦手属性にはブレイク」を優先的に使っていくと効果的だ。(細かいダメージ算出方法は割愛します)

それではまず、属性ソウルから。

 

属性ソウルは、水・炎・風・光・闇、それぞれの種類があり、一つの属性で構成されたパーティで使うと効果大だ!

ダブルソウルは2属性の攻撃力を高めることができるが、上昇値は属性ソウルに比べ控えめになっている。

 

2属性のパーティの場合は便利そうに見えるが、他のシード枠を一つ潰してでも属性ソウルを2個入れたほうが、大抵のクエストは攻略しやすいだろう。

 

ただ、ギルド未所属やギルド施設の祭壇Lvが低い、覚醒したユニットがいないなど、初期SPが低く複数属性でパーティを組む場合、暴走モンスターのように時間制限があり、少しでも早く複数属性パーティの攻撃力を上げたい場合(40秒の時は特に)などは入れてみてもいいかもしれない。

武器ソウルは該当武器ユニットの攻撃力を上げることができ、現時点で「突&魔法」、「斬&弓」、「打&銃」の組み合わせのものがある。

 

他のソウルに比べ効果は高いが、クエスト後半でしか入手できないため、中・上級者が愛用するソウルだ。

 

属性ソウルと違い注意すべき点は、どの武器ソウルも回復ユニットには効果が乗らないこと。(回復ユニットの武器種は回復のため)

 

もっとも火力の上がるソウルではあるが、回復力の底上げができないので、前衛や回復ユニットを使う際は注意しよう!

カントリーソウルは、わりと最近実装されたソウルだ。

 

効果は、使用したユニットと同じ出身国の攻撃力を上げるというもの。

 

対象範囲が発動させるユニット依存で、どの国のユニットでも使える反面、効果は低めに設定されている。

 

武器種や属性がバラバラな、コラボイベントのユニットをまとめて強化できるのが強みのシードだが、2015年10月の月イベ「紅き禍つ星と優焔の煌宗開催」でしか入手できないのが難点。

 

また、ソウルには上述した属性ソウル・武器ソウル・カントリーソウルがあるが、それぞれ5回ずつ使用してもソウル15回分の効果が乗るわけではないので気をつけよう!

 

(例)

属性ソウル2回⇒武器ソウル2回⇒カントリーソウル2回の順番で使用した場合、最初に使用した属性ソウルの効果が消える。(効果をすべて受けれるユニットの場合)

ここからはブレイクの紹介。

 

属性ブレイクは属性ソウル同様、水・炎・風・光・闇、それぞれの種類があり、各属性の属性補正値を上げることができる。

 

得意属性のブレイクよりも、苦手属性のブレイクのほうが恩恵は大きいので、属性統一パーティの場合は苦手属性のブレイクを優先的に持ち歩こう!

ダブルブレイクは2属性の属性補正値を高めることができるが、ダブルソウル同様効果は控えめ。

 

イベントやギルバトなどのボス戦では、ダブルブレイクより属性ブレイクを装備したほうがもちろんいい。

 

だが、クエストごとにシードの付け替えをするのが面倒な人は、得意属性以外のダブルブレイクを2つ装備するのがオススメだ。(水パの場合は、カオスブレイク&ウェイブブレイク、ストームブレイク&フロストブレイクなど)

 

ソウルもブレイクも、メルスト攻略には欠かせないシードだ。

 

特に暴走モンスターではソウル×3、ブレイク2が基本と言っても過言ではない!

 

自分のパーティに必要なシードを把握し、じっくり集めていこう!!

 

このゲームでもらえるギフト

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© Happy Elements K.K All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。