ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
ドラゴンファング

ドラゴンファング

Toydea Inc.

iOS

Android

ゲームMENU

『ドラファン』ユーザーお馴染みの
松田社長に直撃!

 

スマホ向けローグRPG『ドラゴンファング(ドラファン)』では、2015年11月25日よりアニメ『進撃の巨人』とのコラボイベントが実施中。

 

コラボ実現の裏話や、超大型巨人と戦うイベントダンジョンの新たな"仕掛け"について、トイディア代表取締役の松田崇志氏(以下、松田)に語ってもらった。

 

松田さん

▼アプリダウンロードはこちら▼

応援キャンペーンはこちら

 

――超ビッグネームとのコラボ企画が実現しましたね! どんなきっかけで始まったのでしょうか?

 

松田 ありがたいことに外部の協力会社さんからお声がけいただいて実現したコラボなんです。トイディア社内でも『進撃の巨人』はファンが多いですからね。お話をいただいて開発現場のテンションが一気に上がりましたよ。

 

――では開発もかなり熱が入ったと思いますが、いちばん注目してほしいポイントはどこになりますか?

 

松田 それはもう「『進撃の巨人』と言えば!」というくらい象徴的な超大型巨人との戦闘ですね。ただキャラを登場させたというレベルではなく、「これって『進撃の巨人』のゲームだっけ?」と錯覚するレベルに仕上がっています。

 

今までのドラファンの延長線上にある範疇を超えていますので、大いに楽しんでいただけるのではないかと思います。超大型巨人の登場に合わせて、以前から計画していたレイドバトルへの布石としての新要素"タワー"を開発しました。

 

 

――たしかにレイドバトルのような"協力してる感"は現状でも伝わってきます。

 

松田 現在は自分とフレンドでボスの体力を時間内に削る遊び方ですが、これはいずれ多人数で1匹のボスを倒すレイドバトルへと進化させていく予定でいます。

 

ちなみに進撃の巨人キャラは限界突破させていくことで飛躍的に強くなっていく設定です。ぜひ、コラボ期間中に限界突破させてサクサク巨人を駆逐できる爽快感でゲームを楽しんでいただきたいですね。

 

 

――『ドラゴンファング』はアニメタイトルとのコラボは初めてじゃないですか? 今後も枠組みを超えたコラボなどは実施していくのでしょうか?

 

松田 はい、可能ならどんどんやりたいですね! 『ドラゴンファング』の開発ツール"ファングエンジン"であれば、コラボ先の良さをゲーム内で柔軟に再現できます。

 

今回のコラボでは、超大型巨人のような規格外のキャラクターをここまでゲーム内で再現できるのかと驚いてもらえるはずです。今後もいろいろな作品とのコラボができればと思っていますので、ぜひお気軽にお声がけくださいね。

 

▼まだの人は今すぐはじめよう♪▼

応援キャンペーンはこちら

 

大注目の新要素"タワー"
回すしか無い…!

――再びゲーム内に目を向けると、コラボに合わせて大型バージョンアップを実施されていますよね。注目はやはり"タワー"の実装でしょうか。

 

 

松田 そうですね。これをベースにレイドバトルを導入していく予定なので、まずはタワーを遊び込んで慣れておいてもらいたいかなと。そのためにタワーでしか手に入らない限界突破用ファングの"マネマネボー"という報酬を用意しました!

 

――限界突破用というのはどういうことですか?

 

松田 マネマネボーは、同一ファングの代わりに合成して限界突破ができるというファングです。限界突破を色々なユーザーさんに楽しんでもらうために導入しました。

 

 

あとは、期間限定のキャラなどはどうしても限定突破させにくかったので、その敷居を下げたかったというところもあります。

 

『ドラファン』は限界突破させた時に化けるキャラが多いので、課金少なめで繰り返し遊ぶ方々にもその気持ちよさを味わってもらいたいですしね。

 

逆に、今までゴリゴリと遊んで限界突破を済ませてしまったユーザーさん向けに、限界突破上限をさらに開放して、より強くする楽しみも用意しています。

 

――これは育成がはかどりますね! がっつりタワーを回したいところです

 

松田 タワーを効率よく回すためには強いフレンドさんの強力は必要不可欠ですよね。その点コラボ期間限定の進撃の巨人キャラたちは、"収集アイテムを2倍に増やす!"など報酬を集めやすい能力が与えられています。

 

 

特攻効果で火力も高く、爽快感もあるので、うまく活用してもらえればと! キャラ育成用の時限ダンジョンなども大盤振る舞いして開放するように社員に指示してあります!(笑)

 

▼アプリダウンロードはこちら▼

応援キャンペーンはこちら

 

――社長命令なら期待してよさそうですね(笑)。今後もバージョンアップやコラボなどますますパワーアップしていくと思いますが、現時点で予定されていることなど教えてもらえますか?

 

松田 今後のドラファンの進化としては、エンドコンテンツとしての最大の魅力である武器と盾。それに付随する育成要素を実装する予定です。

 

そのためにダンジョンからアイテムを持ち帰れる仕様も今回入れているんですよ。大迫力&フレンドと強力できる機能に加えて、この先のローグとしての正統進化部分へも布石を打った形です。

 

――ローグと言えば『ドラファン』というイメージが着実にできつつあると思います。バージョンアップやコラボをきっかけに遊び始める新規ユーザーさん向けにゲームのポイントや遊び方のコツなんかを簡単に教えてもらえますか?

 

松田 まずは短時間のオートバトルで報酬が得られる"デュエル"から『ドラファン』を好きになっていただきたいですね。デュエルの基本ルールが理解できたら、発展形である"タワー"でフレンドさんといっしょに報酬を目指して遊んでみてください。

 

――たしかに"デュエル"から入るのがいいかもしれないですね。

 

松田 デュエル、タワーでは遊ぶだけでキャラのレベルも上がりますので、キャラが強くなってきてからメインシナリオが紐解かれていくノーマルダンジョンやイベントダンジョンに挑んでみてください。

 

こちらでは限定キャラや、タワーやデュエルで使えるアイテムなどが手に入る仕組みになっています。順繰りに回すことでそれぞれが遊びやすくなるので、ぜひぜひ段階的にドラファンを好きになっていってください。

 

――なるほど、のめり込んでいく仕組みはできていると(笑)。では最後にユーザーの皆さんにヒトコトお願いします!

 

松田 リリースから1年を過ぎました。まだまだ目指すローグとしての完成に手が届いていませんが、新要素をガンガン開発して遊びの幅を広げていきます! ずっと繰り返し遊べて育成を楽しめるゲームを目指しています。まだ完成していないタイトルですので、(始めるのに)出遅れているということもありません! いまからでも『ドラファン』を好きになってください!

 

――ありがとうございました。

 

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
(C)Toydea Inc. All Rights Reserved.

 

▼まだの人は今すぐやってみよう♪▼

応援キャンペーンはこちら

このゲームでもらえるギフト

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© Toydea Inc. All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。