ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
勇者ヤマダくん

勇者ヤマダくん

オニオンゲームス

iOS

Android

『勇者ヤマダくん』公式飲み会
〜THE忘年!潜入レポート!

 

2015年12月23日(水)、新宿ロフトプラスワンにてiOS、Androidの両キャリアで展開が予定されている『勇者ヤマダくん』の公式飲み会〜THE忘年!年末発売なるや、ならざるや!?〜が開催された。

 

イベント概要

 

<イベントタイトル>

勇者ヤマダくん公式飲み会〜THE忘年!年末発売なるや、ならざるや!?〜

 

<日時>

2015年12月23日(水)18:00〜

 

<場所>

新宿ロフトプラスワン

 

<MC>

ローリング内沢 ゲスト木村祥朗 松嶋初音

 

<出演者>

木村祥朗(きむら・よしろう)OnionGames代表・『勇者ヤマダくん』ディレクター

倉島一幸(くらしま・かずゆき) 『勇者ヤマダくん』ではドット絵職人

池田トム(いけだ・とむ) 『勇者ヤマダくん』ではダンジョン職人

大久保タクマ(おおくぼ・たくま) 『勇者ヤマダくん』ではプログラマー

田崎リョウ(たざき・りょう) 『勇者ヤマダくん』ではデザイナー

 

<ゲスト>

松嶋初音(まつしま・はつね) ゲーム好き。

 

本イベントの紅一点 谷口博史(たにぐち・ひろふみ) セロニアスモンキーズ。

 

「moon」サウンド担当 安達昌宣(あだち・まさのり) セロニアスモンキーズ。

 

「moon」サウンド担当

 


 

会場のロフトプラスワンはイベント開始前から30名を超えるヤマダくんファン、OnionGamesファンで長蛇の列が出来ていた。

 

会場に入ると「じゅもんのようなものが書いてあるシール」がプレゼントされた。

 

これはイベントの後半、明らかになるがファンにとってかなりいいもののようだ。

 

ロフトプラスワンの店内のBGMはカオリ―ニョ藤原氏の「逆行人生」やゲーム内で使われているファミコン風なBGMが流れまさに『勇者ヤマダくん』ワールド一色。

 

会場内には試遊台コーナーもあり、一足先にヤマダくんをプレイすべく来場者がこぞってプレイしていた。

 

ちなみに今回の試遊台のバージョンは先日開催されていた「デジゲー博」と同等のバージョン。

 

ロフトプラスワンで用意されたメニューもスペシャルメニューが用意されており、『勇者ヤマダくん』にちなんだ「綾小路家秘伝の塩焼きそば」や「ヤマダくん晩酌セット」などユニークなものばかり。

 

19:00になるといよいよイベント開始。

 

MCのローリング内沢さんの呼びかけによってOnionGamesの『勇者ヤマダくん』のディレクターである木村祥朗氏とゲストとしてゲーマーで有名な「松嶋初音さん」が登壇。

 

今回なぜ飲み会なのか?など、今回の趣旨や至った経緯などの話が話され会場を沸かす。

 

前に北海道で体験会から飲み会にしたら楽しかった。

 

北海道では3次会まで行ったとのこと。

 

一通りの挨拶が済むと木村氏の音頭で「メリークリスマス乾杯!」で飲み会がスタート。

 

ドキドキしながら今日を迎えたという木村氏はツイッターで今回の公式飲み会を色々調べており、来場者がオリジナルの人形などグッズを作っていたファンがいたと報告。

 

TGSやYouTubeで流れているヤマダくんのPVを流し、今一度おさらいを込めて。

 

一通りゲームの設定や説明をディレクターである木村氏から説明。

 

そしてプログラムに沿い、第一部『勇者ヤマダくん』とは?なのだ〜というテーマに沿ってトークショウが始まる。

ローリング内沢氏の呼び込みにより開発関係者の「ドット職人」倉島一幸氏と「ダンジョン職人」こと池田トム氏、背景デザインを担当した田崎リョウ氏、メインプログラムを担当した大久保タクマ氏が登壇。

 

(倉島氏は長野で行われていた知人の結婚式から直接来場したらしく、なかなか出来上がっていた。)

 

開発の人間が一度に表舞台に立つことはレアとのことでフォトセッションを促すシーンもあった。

 

木村氏からのネタ振りでみんなの制作のこだわりを聞いた方がいいと。

 

池田氏 5×5マスの固定マップで個性を出すのが苦労した。

 

途方に暮れた時期もあった。

 

ナショナルジオグラフィックを見てヒントを思いついたなどの逸話。

 

田崎氏 倉島さんのドット絵は緩いのでテイストを合わせるのが難しかったと。

 

大久保氏 笑いながらプログラムを打つなど木村氏からは開発中のエピソードをばらされていたり。。。

 

倉島氏 こだわった部分はヤマダくんの乳首?と答え爆笑が起きていた。

 

登壇者の紹介が一通り済むと松嶋さんが『勇者ヤマダくん』をいよいよ初プレイ。

 

チュートリアル部分を交えつつヤマダくんの世界観を説明。

装備関連で出てくる珍コレ(珍コレクション)の説明など今まで説明があまりされていないゲームシステムの紹介がされた。

 

木村氏や大久保氏など実際の開発メンバーの助言を受けながらギリギリで「会長討伐の塔」をクリアし会場は大いに盛り上がる。

 

(残りのHPはなんと1)

 

松嶋さんの感想は「5×5マス」のRPGとは思えない奥深さや考えながら進めるRPGはすごくいいと思うなど絶賛していた。

 

ここで前半戦終了。

 

〜休憩〜

 

■後半の第二部『勇者ヤマダくん』の世界なのだ〜

 

第二部ではのぞきみクラブの紹介やレアPVの初上映などコアなヤマダくんファンが喜ぶ情報が公開された。

 

PVの上映が終わるといよいよヤマダくんの配信日に関する話がディレクター木村氏より説明があった。

 

Appleの申請は通るがその後バグが見つかるなどいくつかの見過ごせない不具合があり、いよいよ1月上旬配信で決定したとの報告があった。

Android先行してリリースも考えたがやはり両キャリア一緒に出したいなどクリエイターの本心を語った。

 

第二部のゲストとしてセロニアスモンキーズの二人谷口氏と安達氏が呼ばれ、ヤマダくん独特のボイスに関する話、過去に制作した「MOONやチュウリップ」など、過去の作品のフアンが喜ぶ逸話など。

 

トークの後半、ディレクターの木村氏より『勇者ヤマダくん』のBGMにセロニアスモンキースの2人に書いてもらいたいと無茶ぶりをお願いし、二人は了承。

 

過去作品からの音楽のテイストが引き継がれることになり、木村氏は喜んでいた。

 

実装は追って連絡するとのこと。

 

次に、今回のイベントで初公開になるシステムパートの紹介 ダンジョン呪文システム「ひみつのじゅもんシステム」が初公開された。

 

入場時に配布されたシールの「じょもんのようなもの」はこのシステムで活用されるということがネタバラシされる。

 

「おお〜」と、どよめく会場。

 

先ほど登壇していた池田氏と大久保氏が再登場し、システムの概要を説明。

 

(呪文を書き込むことで特別なダンジョンが呼び出せるというシステム。)

 

今回は特別にダンジョンシステムで呼び出されたウルレアダンジョン「アスパラさんの大農場」を大久保氏がプレイ!

 

とにかくピンチの連続が続くもなんとかウルレアダンジョンをクリア。

 

会場は拍手喝采。

 

ちなみに今回の公式飲み会で配布された呪文は実は3種類ありるので来場者同士で三つの呪文をシェアしあって欲しいと木村氏。

 

最後はプレゼント抽選会 ヤマダくんiPhoneカバーが5名、ICカードケース10名、あと飛び込みで一般の来場者の方が制作したUFOフィギュアが15個が当たる大抽選会が行われた。

総数30個のプレゼントに会場は大盛り上がり。

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!