ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
ブレイブソード×ブレイズソウル

ブレイブソード×ブレイズソウル

grimoire Co.,Ltd.

iOS

Android

ゲームMENU

ご機嫌な神谷Pに直撃!

ドリコムのスマートフォン向けゲーム『ブレイブソード×ブレイズソウル』が100万インストールを突破。大きな山をひとつ越えた同作のプロデューサーであり、グリモア魔術局長の神谷友輔氏に現在の心境、気になる今後の展開などを聞いてきた。

 

 

100万インストール達成!

 

--100万インストールおめでとうございます! 早速ですがいまのお気持ちをお聞かせください。

 

YES。とてもクール……いやクーラー、むしろクーレストといった方がいいでしょう。冷静すぎる自分が怖いくらいです。いま、私の中にある感情を一言で表すならば、それはまさに「感謝」です。燃え上がるような「ありがとう」の気持ち。

 

--え……、いや、でもさきほどは冷静と…?

 

NO。さっきクーレストだと言ったばかりなのに、矛盾していると? それは違います。この焔のように滾る思いを、魔剣使いの皆様にお伝えするために、まっすぐに淀みなくお返しするために、私はどこまでもどこまでも冷静になっているのです。

 

--ええと、つまり、冷静と情熱の境目にいると。

 

RIGHT。さすがです。その通り。いわばフレイ○ードのような状態と言えます。右手と左手でそれぞれ火と水の呪文を放てるのです。心の中ではね。

 

--要するにどういうことですか……?

 

GRATITUDE。本当にありがとうございます。ブレ×ブレがここまでこれたのは応援してくれている皆様のおかげです。心より感謝申し上げます。我々にできることは、この恩を皆様にお返しすること。そのためにできることをひとつひとつ頑張っていこうと思っています!

 

『ブレ×ブレ』が目指すものとは?

 

--なるほど。ではつぎの質問です。リリースして1年もたたず、CM、グッズ化、アンソロジーコミックや『ハッカドール』とのコラボなどゲーム外の活動も活発的な印象があります。今後より大きな展開などもあるのでしょうか?

 

SECRET。今はまだ言えませんが、果敢にチャンスを狙っていこうと思っています。

 

我々は『ブレ×ブレ』のゲームだけを楽しんでもらおうと思っていません。『ブレ×ブレ』という世界がもっと広がって、いろいろな楽しみが生まれるようにしたいのです。

 

--グッズを介してゲームを回遊してもらいたい?

 

NOT ONLY。もちろん、ゲームを遊んで貰えることはとても嬉しいです。喜びです。

 

しかし、いまの『ブレ×ブレ』の中心はゲームですが、それがどんどんズレていってもいいと思っています。たとえば、二次創作をきっかけにBGMの方が有名になったりとか、コミカライズや同人誌、SS(ショートストーリー)などが中央にあっても良いのです。

 

--単純に『ブレ×ブレ』世界を広げていくことが目的であると。

 

YES。『ブレ×ブレ』の世界を居場所にしてほしい、ここに自分が居ていいのだと思って欲しいのです。そのために、いろいろな可能性に突っ込んでいこうと思っています。

 

とくに、普通のスマホゲーの会社がやらないことを、どんどんやっていきたいですね。たとえば2015年は、『ブレ×ブレ』がニコニコ超会議に出れなかった時に海浜幕張駅にポスターを貼ってみたり、全然知名度が無いのに秋葉原に垂れ幕を出してみたりといったことを行いました。

 

--ああ、Twitterなどで拡散されていましたね!

 

GREAT。それです。あの時は出演声優さんやアーリーな魔剣使い様たちが挙って拡散してくれました。実はC89コミケでも小さいながら何かやろうとしてますので、よければウォッチしてください。魔剣使い様たちの反応を楽しみにしています。

 

アンケート結果がゲーム開発に反映

 

--ユーザの反応と言えば、先日ゲームギフト上でユーザーアンケートを実施させていただきました。アンケートの結果はご覧になりましたか?

 

AMAZING。本当に驚きの連続でした。アンケートリザルトを拝見しながら、私が何度「ほほう!」と言ったかわかりますか?

 

……数えきれませんでした。あまりにも内容が興味深かったから!

 

--例えばどんなところでしょうか?

 

FOR EXAMPLE。魔界統一戦やギルドに求めるものが、我々魔剣機関が考えていた結果と大きく異なりました。ですが、それが逆に非常に大きなヒントとなりました。

 

開発優先度を見直す機会になり、企画段階であったいくつかの追加機能案を消去したりもしました。

 

--それらを踏まえたうえで『ブレ×ブレ』の直近で何かユーザーさんにお伝えできることはございますか?

 

PLEASURE。よろこんで下さい。これからさき、もっともっと『ブレ×ブレ』はおもしろくなります。

 

明かされていなかった魔剣ストーリーや本編シナリオはもちろん、まったく新しいギルドバトルをお見せできるようスタッフ総出で開発中です。そのぶんお待たせしてしまうのが非常に恐縮ですが、大きなサプライズでお返しできればと思っています。

 

--100万インストールはひとつの節目だと思いますが、今後の展望や目標などはございますでしょうか?

 

THE WORLD。時は止まりません。待ってくれません。なので我々は進み続けます。『ブレ×ブレ』の世界をつくり上げるために。そのためにアニメ化、マンガ化、ラノベ化、グッズ化、ラジオ番組やリアルイベントの開催も目指していきたいです。

 

興味のある方、連絡待ってます!

 

--ぜひとも実現して欲しいですね。それでは最後に魔剣使いの皆さんに一言お願いします!

 

BRAVE YOUR FATE。魔剣機関は『ブレ×ブレ』をもっともっと心が燃え上がり、魂が萌え上がるようなコンテンツにしていこうと思っています。

 

もし、『ブレ×ブレ』の世界を「自分でも描いてみたい」と思ってもらえたら最高です。

 

文章でも絵でも音でもゲーム実況でもギルドチャットでもTwitterでも公式アカウントのメイちゃんを見ているだけでも、なんでもいいのです。

 

魔剣使い様たちが『ブレ×ブレ』に関わる活動を何かしてくれる、ただそれだけで『ブレ×ブレ』の世界はそこにあり続けます。いま暫く、魔界での冒険にお付き合いくださいませ。

 

BLAZING FINISH。

 

--ありがとうございました!

※インタビューが終わるやいなや、「ブレ×ブレ抱きまくら」を抱き、人をダメにするソファで爆睡する神谷氏。2015年も本当にお疲れ様でした!

 

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© grimoire Co.,Ltd. All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。