ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
戦魂 -SENTAMA-

戦魂 -SENTAMA-

DeNA Co., Ltd.

iOS

Android

ゲームMENU

S評価狙いは難易度高し!
敵本隊への仕掛けどころがカギ?

 

 

どうも、ぐんそーです。

 

今回は長篠撤退戦、そして第6章の様子をお届け!前回長篠の戦いに勝利したのに撤退とは解せませんが、歴史にifはないのだ…!

 

 

なんと最初から敵総大将がすぐ後ろにいるという、絶望的な状況からスタート。

文字通りケツに火が着いている状態です。お互い1歩ずつ動くので、前へ前へと進んでいけば追いつかれることはありませんが…。

 

 

滝川一益隊に隣接したところ援軍の真田信綱が出現、徳川隊に玉砕突撃を仕掛ける!

分かりやすく言うと、あの真田幸村の叔父さんにあたる人です。

 

 

せっかく減らして貰ったので、ここらで反転して敵本隊と決着をつけましょう。

まずは新たに習得した計略、足止めで織田信長隊の動きを封印!

 

 

家康隊を突き崩し、返す刀でまだ硬直している信長隊に攻撃!

先攻さえ取れれば半分は勝ったようなもの。百地三太夫の織田家キラーが今日も火を噴くぜ!

 

 

これで後門の憂いは絶った!残った敵で目ぼしい武将は、本陣前に居座る本多忠勝のみ!

 

 

…と、ここで再び援軍の馬場信房さんが登場。

史実でも長篠撤退戦で討死しているため、このまま玉砕突撃しちゃうんでしょうか…?

 

 

と思ったら一向に動かない馬場さん。できれば本多隊つついてくれると有難いのですが…。

“動かざること山の如し”…ってやかましいわ!

 

 

結局こちらの氏親隊で本多隊を駆除し、本陣にゴール。

なんとか逃げ切ったのはいいんですが…殿、馬場殿の電池が切れておりますぞ!

 

 

●さらに攻勢を強める織田・徳川連合軍…岩村城の窮地を救え!

 

 

もともとこの城は織田家の勢力圏だったのですが、城主の奥さんであったおつやの方が城主の死後、武田に寝返ったことで武田家のものに。

しかもよりによってこのおつやの方、なんと信長の叔母さんにあたる女性。

 

 

ちなみにこちらがその噂のおつやの方。マダム感がすごい。

 

 

それはともかく、開幕から迎撃態勢の使い甲斐がありそうな配置ですね…。

まずは赤備え2隊をカウンターで潰しつつ、東西に分かれて進軍がベストでしょうか。

 

 

赤備えの撃破後は、神速で一気に間をつめて森長可を叩く!

ちなみにこの人、信長の有名な小姓である森蘭丸の兄貴にあたります。見た目は美少年ながら過激な逸話が盛りだくさんという、織田家随一の狂犬!

 

 

森長可の撃破後、釣られて飛び出た稲葉一鉄も撃破。

問題はここからで、既に迎撃態勢は使用済みなのでどこかで後攻を取られることを覚悟しなければ…。

 

 

特にヒーラー枠の堀秀政、織田家キラー持ちの百地三太夫はともに★4止まりなため、防御力に難アリ。

どちらも失うのはかなりの痛手なので、繊細な運用が求められます。

 

 

別働の氏親隊で柴田勝家を撃破し、最後は敵総大将・織田信忠との決戦!

織田伝のときはなんとも思いませんでしたが、こうして武田側でプレイしていると悪役にしか見えません。

 

 

信長と違って取り巻きが防御アップ戦技を使ってこないので、案外ダメージの通りがいいですね。

“対織田家決戦兵器”こと百地三太夫の活躍で無事、信忠を撃破!

 

 

なんとか岩村城の救援には間に合ったようです…が、秋山殿、その発言は“ふらぐ”でござるぞ!

 

 

ほら見ろ、言わんこっちゃない!

 

 

●武田と上杉、かつての英雄たちの継承者が相見える!

 

 

このところ織田家への対応でてんやわんやだった武田家ですが、今回は越後への派兵。

越後では謙信の死後、跡継ぎ問題が発生しておりまして、これが世に言う“御館の乱”であります。

 

 

ひとまず一本道を進んで分岐点へ。ここで一歩進めば間違いなく三方から袋叩きにされるでしょう。

「迎撃態勢を使用してね!」と言わんばかりの配置です。

 

 

ここは遠慮なく迎撃態勢を使用して飛び込みましょう。1ターンで3部隊潰せると思えば安いもの。

 

 

3部隊をまとめて蹴散らしたら、そのまま神速を使って直江兼続隊のふところへ!

 

 

先攻を取れば楽勝だろうと思っていたら毒を撒かれました。

ええい、和睦調停者に向かって毒を盛るなどと!その“愛”の前立ては飾りかキサマぁ!

 

 

最後の砦を占拠したあとは、兵力回復で万全となった謙信隊が景勝隊を攻撃!

奇しくも親子対決となった総大将戦、本物の軍神の力を見せてやろう!

 

 

これが元祖、本家、本流の、無双騎突撃である!

ここ最近織田家の鉄砲隊に苦しめられていたので、相性の有利不利のない景勝戦でストレス発散ですよ。

 

 

戦闘後、景勝の頼みで素直に兵を引く勝頼クン。

これにて一件落着…と思ったけど、景虎側の立場を考えると不時着しているような気がしないでもない。

 

上杉との関係が好転したのも束の間、武田家には第六天魔王の魔の手が忍び寄っていた…。次回、武田伝ついに決着!?

 

戦魂のファンページTOPへ

 

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© DeNA Co., Ltd. All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。