ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
戦魂 -SENTAMA-

戦魂 -SENTAMA-

DeNA Co., Ltd.

iOS

Android

ゲームMENU

高遠城は織田包囲の真っ只中!
ぐんそー率いる一軍が駆けつけるも…?

 

 

どうも、ぐんそーです。

 

織田方による武田攻めもついに大詰めを迎え、武田側で唯一抵抗を続けるのは、仁科盛信が守る高遠城のみ…!

さすがに勝頼の兄弟=信玄の子だけあって、根性が違いますよ根性が!

 

 

「来てくれるかな?」って聞かれると「いいともー!」って返したくなりますよね。

勝頼クンがそこまでノリがいいかは分かりませんが。く、来るんじゃないかな…?ほら、この前の岩村城にだって一応来てくれたし!

 

 

ってなワケで高遠城防衛戦がスタートです。10ターン守り切ればクリアなので、うまいこと動き回って執拗に先攻を狙いましょう。

 

 

1ターン後、さらっと恐ろしいことを仰る仁科さん。援軍来ないのかよ!ぐんそーはてっきり来るもんだと思ってましたよ!

これだけの敵を援軍なしで相手するとなると、S評価は狙わないほうが良さそう…。

 

 

裏切り者・木曾義昌を蹴散らすもいきなり深手を負った謙信隊。裏切り者=小物だと思っていたら全体突撃持ちでした。

 

 

続く河尻秀隆は織田家所属なので、百地三太夫さんの戦技がクリーンヒット!

織田家相手の合戦が続くと思って編入した百地さんですが、意外と敵に織田家所属の武将がいない。

 

 

河尻隊を撃破し、これならクリアは余裕と思った矢先に敵援軍・明智光秀隊が出現!

敵総大将の織田信忠は一切動いていないようなので、実質この光秀隊がボスみたいなもんです。

 

 

光秀隊は謙信に任せて、氏親隊で森長可を叩きましょう。

戦力的にはちょっと落ちるこちらの部隊で東側を抜けるなら、S評価を狙うのも不可能ではなさそうですが…?

 

 

…正直キツイっす!敵には闘気ゲージの概念がないので、大治癒2連発でほぼ全回復されると白目剥いちゃいます。

ぐんそーもプレイしながら「マジかよ」って呟いてました。

 

 

本戦場の難易度の大半を占めるのが、こちらの“疾風大砲撃”

先攻を取っても先制全体砲撃で被ダメ確定なので、回復戦技役1人ではとてもカバーしきれません。

 

 

最後は戦友武将の力を借りて、ギリギリ光秀隊を撃破!

これで難易度76とのことですが、次の戦場はさらに難易度が上がり大台の80へ。これはもう、絶望しかないぜ…!?

 

 

●武田家終焉の地・天目山へ!難易度は前代未聞の80!?

 

 

追い詰められた勝頼クンが最期に向かったのは、甲斐・天目山

現在JR甲斐大和駅から車で10分ほどの場所なのですが、ここはかつて室町時代に武田信満(武田家の先祖)が自害した場所。武田家の歴史に幕を下ろす場所としてはこのうえなく由緒正しい土地なワケです。

 

 

勝利条件の“天目山を目指せ”が意味深ですね。

今のところ敵は滝川一益のみですが、絶対天目山に何か出るに決まってますよ!

 

 

1マス動いただけで見つかる武田軍。滝川さんも武士の情けで黙って通してくれませんかね…。

 

 

一斉に敵軍が出現し、大方の予想どおりゴールの天目山には第六天魔王が鎮座。

途中まで進軍ルートの枝が分かれているため、謙信隊も氏親隊も単独で押し通らなければならないという…さすが難易度80。

 

 

とりあえず押し出してみたものの、“対織田家決戦兵器”こと百地三太夫がいきなり離脱!

正直ぐんそーもここでリセットしたくなりました。

 

 

…が、打たれ強いのがぐんそー軍の身上!河尻秀隆隊を押しのけて、そのまま家康隊に突っ込む!

幸い、本戦場の家康隊は武将3人構成。これならさほど苦戦せずに押し切れます。

 

 

家康隊の撃破によって、ついに天目山までの道が開く!

…ですが、ここで焦って謙信隊を前に出すと赤備えから横槍を喰らう危険があります。

 

 

そこで苦肉の策、後攻覚悟で氏親隊を赤備えに隣接させる!

たとえ全滅するにしても、謙信隊から敵を引き離すのが氏親隊の任務だ!

 

 

氏親隊もなんとか生き残り、あとは滝川・信長隊をなんとかするだけ!

相変わらず兵数がギリギリですが、戦友の斎藤道三がいい仕事をしてくれました。

 

 

最後は兵力回復を撃って、信長隊とガチンコ勝負!

武田伝のフィナーレに相応しい強敵ですが、疾風大砲撃さえ耐えれば反撃の機会は十分にあります。

 

 

堀秀政の治癒がかろうじて間に合い、なんとか武将離脱なしで信長を撃破!

百地三太夫が存命ならもう少し楽だったかも…?

 

 

最後は勝頼クンの辞世の句をBGMに、こうして甲斐武田家は滅亡したのでした…。

…あれ?もしかしてぐんそーも腹切らなきゃいけませんか!?

 

 

というワケで武田伝プレイ日記、無事完走です!

 

 

最終的にはこんな感じのメンバーになりました。

★5が多いに越したことはないですが、★4混じりでもなんとかなりますよ!

 

 

本作の列伝には他にも毛利伝北条伝など、戦国時代を代表する群雄たちの列伝が目白押し!

さ~て、次はどこの戦場に行きましょうかねぇ…?

 

戦魂のファンページTOPへ

 

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© DeNA Co., Ltd. All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。