ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
ドラゴンファング

ドラゴンファング

Toydea Inc.

iOS

Android

ゲームMENU

こんにちわ!ドラゴンファング徹底攻略スタッフのSanchoです!

 

今回は「魔人の迷宮」の攻略情報をお届けするよ!

 

魔人の迷宮とは?

魔人の迷宮」は永く地竜族が守護する地として知られている。地竜族には温厚な賢者が多く、ドランたちが抱える疑問に何らかの示唆を与えてくれるはずである。


魔人の迷宮イメージ

 

魔人の迷宮は以下の4つのダンジョンで構成されている。

魔人の門(スタミナ消費10)
魔人のいばら道(スタミナ消費12)
魔人の地下迷宮(スタミナ消費14)
魔人の宝物殿(スタミナ消費16)
魔人の住処(スタミナ消費20)


魔人の迷宮ダンジョン一覧
 

魔人の迷宮はモンスターのオンパレード!

「魔人の迷宮」には実に数多くのモンスター達が出現する。その一部を紹介すると…

フレイムガード
アースミミック
フレイボー
アクアンイーブル
アツソード
ミズバコケットリ
フレイトン
アクアトロール
アオレイス

と、まさにモンスターのオンパレード状態。


魔人の迷宮モンスター多数

 

覚える数が多くて大変だが、モンスター毎が持つ特殊攻撃のスキルや、守備力・攻撃力・体力などの情報をしっかりと頭に入れ、アイテムを使うタイミングや攻撃の順序などを間違わないよう、正しい判断が必要になるだろう。

 

強力なSRモンスター群も襲ってくる!

注意すべきモンスターは上記だけではない。さらに強力な“スーパーレアモンスター”達もドランの前に立ちふさがってくるのだ。例えば…

メデューサ系:混乱魔法に注意!
サキュバス系:最大HPを吸収してしまう!
ジャバウォック系:高い攻撃力を持つ強敵!
グリフォン系:機動力と連続攻撃に注意!


魔人の迷宮スーパーレア

 

しかもこれらのモンスターは一体ずつではなく、複数が同時に出現し囲まれてしまう事も多い。何の対策もなく飛び込んでしまっては一巻の終わりだ。必ず能力の高いファングを用意し、十分な対策を講じてからダンジョンに挑むようにしよう。

 

お勧めファングはこれだ!

強敵ひしめく「魔人の迷宮」では、それ相応のファングを用意する必要があるだろう。以下に挙げたようなファングがお勧めの一例である。

 

グリフォンウッド(SR)


魔人の迷宮グリフォンウッド

 

スキル「スカイホーン」は周囲の敵を弾き飛ばす起死回生の大技だ。十分に強化合成されていれば、一撃で周囲のモンスターの大部分を殲滅することも可能。さらにソウル「飛翔」は地雷などの罠から退避できたり敵の攻撃も回避できる便利な能力だ。必ず手に入れておきたいファングの一つである。

サファイアサキュバス(SR)


魔人の迷宮サファイアサキュバス

 

グリフォンが攻撃面ならサキュバスは守りの要。一度に周囲をまどわすスキル「」も便利だが、何と言ってもサキュバスが使える最大の理由はソウル「エナジードレイン」である。「」は敵を撃破するたびにHPが回復するため、魔人の迷宮のような難易度の高いダンジョンには、実に有用なファングとなる。サキュバスをファングに加えることができれば、回復面・攻撃面でもかなりのアドバンテージとなるのは間違いない。

 

シャドー系(R)


魔人の森シャドー

 

シャドー系の「完全透明化」はここでも大活躍。透明化している間に回復するも良し、突破して体制を立て直すも良し。レアファングの中でも重宝するものの一つである。

 

BOSS戦は魔物・ドラゴン入り乱れての大乱闘!

「魔人の迷宮」最後の砦「魔人の住処」では、最下層でのBOSS戦に挑むこととなる。道中と同様、ここでも多数の強敵モンスター達たちがドランの前に立ちふさがってくるのだ。


魔人の迷宮ボス

 

例えば…
HPなど基礎能力値が高い「トロール」系、驚異の2連続攻撃を放つ「グリフォン」系、混乱魔法を仕掛ける「メデューサ」系、最大HPを吸い取る「サキュバス」系、高い攻撃力を持つ「ジャバウォック」系など。囲まれてしまわぬよう、頭をフル回転させて戦わなくてはならない。

 


魔人の迷宮ドラゴン達

 

更に「グリーンドラゴン」「ブルードラゴン」「レッドドラゴン」の3体のドラゴンも敵として出現する。ここで出現するドラゴンはそれほど能力値が高くないのだが、遠距離からの炎攻撃はやはり脅威。MAPにも注意しつつ、一箇所にハメられないよう注意して戦おう。

このゲームでもらえるギフト

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© Toydea Inc. All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。