ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
あんさんぶるスターズ!

あんさんぶるスターズ!

Happy Elements K.K

iOS

Android

ゲームMENU

★Happy Birthday★
~Kuro Kiryu~

※本記事には、ゲーム内のイベント等のスクリーンショットが含まれますのでご注意ください。

※本記事の無断転載を固く禁じます。

 

今月のお誕生日、ラストはこの方~!

 

1月26日は、鬼龍紅郎さんのお誕生日です!

大将、おめでとうございます~!!

 

ゲームギフト『あんスタ』ファンページでは、今回も

TOPページが期間限定のバースデー特別仕様!

 

さらに、

ここだけの壁紙も期間限定でプレゼント!!

ぜひ、お持ち帰りくださいね!

※紅郎さん壁紙は2月2日(火)お昼頃までまでの限定配布です。本記事上部のメニューまたはファンページTOPからどうぞ!

 

 

★あらためてプロフィールをご紹介★
~鬼龍 紅郎~

 

『何事も慣れねぇうちは誰かに頼れよ、嬢ちゃん。

俺も助けになりてぇと思っている』

 

名前   :鬼龍 紅郎(きりゅう くろう)CV.神尾晋一郎

学年/組 :3年B組

身長/体重:180cm/65kg

誕生日  :1月26日

血液型  :O型

ユニット :紅月

部活   :空手部

 

お気に入り:指輪のネックレス

嫌い   :乗り物

趣味   :刺繍(裁縫)

特技   :喧嘩

家族構成 :父・妹

キャッチフレーズ:ひとつ貫く任侠の心

 

 

真面目で義理堅く、面倒見がいい。鉄虎に『大将』と呼び慕われている。妹を何よりも大切に思い、妹がきっかけで夢ノ咲学院に入学している。

 

裁縫が得意で、数々のユニットの衣装の制作も手がけている。ユニット『紅月』に所属。

 

 

★紅郎さんの魅力を(勝手に)語る★

 

紅郎さんです。大将です。

では皆さんご一緒に!

\セイヤッ!!/

 

さて、私が思う紅郎さんの魅力といえばですね、なんと言っても圧倒的な安心感。これだと思うんです。

 

たとえば「明日この世が終わる」となったとするじゃないですか?でも、紅郎さんに「大丈夫だ」って言われたらなんとなく大丈夫な気がしてきませんか…?

 

「世界滅亡だって!どうしよう!!」

「大丈夫だ、なんとかなる」

 

「テストなのに何にもしてないよ!!」

「大丈夫だ、なんとかなる」

 

「しまった!原稿が間に合わない!!」

「大丈夫だ、なんとかなる」

 

そしてこの一言ですよ。

 

いかがでしょうか。共感していただけますでしょうか…。

なにかもう、紅郎さんがいてくれれば安心という絶対的信頼感。

 

で、一見『甘やかせてくれそうな感じはしない』というのがね!またいいんですよ…!

 

そんな紅郎さんの数ある『眉間のしわコレクション(しわコレ)』の中で1,2を争うベストショットがこちら(※私見です)

 

…なんて恰好いいんでしょうか!!

『イケメン』でも『カッコイイ』でも『かっこいい』でもなく、あえて『恰好いい』と言いたいこの佇まい…!

 

大将に憧れる、空手部の後輩である鉄虎くんのこの一言に首がもげそうになるほど同意なのであります。

 

それなのに、こんなに恰好いいのに

 

…自覚、ゼロ!!!

 

そしてこの強面な見た目でありながら手先が器用で、夢ノ咲学院のユニットの多くの衣装を手がけているという事実。

 

お料理も上手いらしい。で、レアなこの照れ顔。

 

そして妹を溺愛。

 

もおおおギャップで萌え殺す気ですか…!!

 

 

そんな紅郎さんの所属するユニットは『紅月』。

生徒会副会長がリーダーを務めるこのユニットは学院内No.2の実力を誇り、『生徒会勢力』の大看板のひとつに数えられています。

 

けれど、かつての生徒会の在り方や学院の現状に対しては紅郎さんも思うところがあったようです。

 

反旗を翻す主人公や有志たちには『応援することしかできない』と、自らを手先は器用だが生き方は不器用だと言います。

でもそんな、強い信念を持つ紅郎さんが陰ながら応援してくれていたことは、主人公たちにとってこれ以上なく心強かったのではないかなと思います。

 

そして紅月は、あるイベントで解散の危機に追い込まれます。

でもそんな危機も、元より家族のように結びついていた彼らの絆を、より一層固く、強いものにしてくれたようです。

 

大切な妹が『アイドルが好き』という理由だけで、なりゆきで夢ノ咲に来たという紅郎さん。

けれどここで大切な仲間たちと過ごすうちに、自分も本気でアイドルを目指す気になったのだと言います。

 

曲がったことが嫌いで不器用な彼は、これからも何かにぶつかることがあるかもしれません。

けれど、きっと紅郎さんなら他の誰にもなれない、唯一無二のアイドルになれるに違いないと思います。

 

 

そんな恰好よくて優しくて誰よりも頼もしい紅郎さんを、ずっと頼りにしています…★

 

 

そんなこんなで紅郎さんBDスペシャルはここまで。

それでは次回の更新もお楽しみに!!☆.。.:*・°☆.。.:*・°


​Text by たまお

あんスタ★プレイ日記

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© Happy Elements K.K All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。