ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
戦国炎舞 -KIZNA-

戦国炎舞 -KIZNA-

株式会社サムザップ

iOS

Android

「『戦国炎舞-KIZNA-』3周年KIZNA祭-春の宴-」公式レポート公開!

サムザップの『戦国炎舞–KIZNA-』は、4月23日(土)にラフォーレミュージアム原宿にて、リアルイベント「『戦国炎舞-KIZNA-』3周年KIZNA祭-春の宴-」を実施した。

 

人気お笑い芸人アメリカザリガニがMCを務め、ゲストや来場者と共に『戦国炎舞』に関する討論会や合戦をプレイするなど、特別企画を行った。

 

『戦国炎舞』のプレイヤーの中から、抽選で選ばれた方が参加できる本イベント。

 

会場は、グループで来場される方も多く、会場は超満員!

 

まず、特別企画第1弾「討論会–皆と創る戦国炎舞-」からスタート。

 

この企画は、数名のユーザーが登壇し、合戦の新スキルやルールに関して討論するというもの。

 

最終的に、来場者全員で色の札をあげて多数決を行い、「敵軍を起こす瞬時奥義」と「同盟軍」の実装が決定した。

 

こちらは「特別天下統一戦」の様子。

 

来場者から19名ずつ合計38名に参加いただき、会場限定で東軍vs西軍の天下統一戦を行った。

 

出場者ではない来場者も、絆応援で合戦に参加。途中まで接戦だったものの、合戦終盤、会場から最終奥義に「因果応報」を求める声が!

 

会場全体が最終奥義に注目する中、両軍が選んだのは期待通りの「因果応報」!

 

会場はその日一番の盛り上がりを見せた。

 

ダメージ6倍の壮絶な攻撃戦を制し、433億vs252億で西軍の勝利!

 

ニコ生の放送でもこんなに合戦Pが出たことはなく、会場からどよめきと大拍手が起こった。

また、特別企画以外にも、会場内に4月26日(火)から実施予定のイベント「武田攻城戦」をいち早くプレイできる試遊ブースを設置。

 

整理券を配布しての実施となったが、たくさんの方にプレイしていただくことができた。

 

来場者から「攻城戦を毎回楽しみにしている」との声を多数いただいた。

 

イベント終了後、ゲストのまっくすも列に並び「武田攻城戦」をプレイしていた。

こちらは「寄せ書きコーナー」。

 

イベント開演前に、MCの方々からもメッセージをいただいた!

 

パネルいっぱいに来場者からのメッセージをいただき、「○○参上!」と連合名やプレイヤー名を書く方も多く見受けられた。

 

他にも、人気SSRカードイラストや、過去にコラボを実施した方からのお祝いメッセージなどを展示した展示ブースや、ゲーム内で登場する体力回復アイテム「握り飯」を模した食事ブースなど、多数のブースを設置した。

また、来場者限定で『戦国炎舞』のイラストを多数使ったグッズも用意。

 

クリアファイルをはじめ、リアルカードや画集などボリューム満点の内容だ。

 

さらに、イベント中には実際に『戦国炎舞』のカードイラストを描いている絵師によるライブドローイングも行われ、完成したイラストは、抽選で選ばれた来場者に額縁付きで贈呈された。

 

イベント概要「『戦国炎舞-KIZNA-』3周年KIZNA祭-春の宴-」

 

<日時>

2015年4月23日(土)14:00〜19:00

 

<イベント内容>

人気お笑い芸人アメリカザリガニが、皆方由衣、まっくすとスマートフォンゲーム「戦国炎舞-KIZNA-」をイベント来場者と共にプレイするぞ!

 

<出演者>

アメリカザリガニ、皆方由衣、まっくす

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!