ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
ワンダークラウン

ワンダークラウン

cloverlab.inc

iOS

Android

ポップでコミカルな新感覚RPG『ワンダークラウン』の魅力を一足先にお届け!

 

壮大なストーリーにドキドキワクワクしつつ、コミカルなキャラクターたちにホンワカ癒される……そんなギャップがたまらない新作RPG、『ワンダークラウン』の配信がいよいよ間近に迫ってきたぞ!
 

 

今回は一足先に、世界観と注目のキャラクターたちを大公開。配信までにしっかり予習しておこう!

 

7つの大陸を駆け巡る壮大な冒険物語!

『ワンダークラウン』は、7つの大陸を舞台とする壮大な冒険物語が楽しめるRPGだ。

 

人間をはじめ、エルフやドワーフ、獣人などさまざまな種類が生きるこの世界はかつて、闇から現れた冥界王の脅威にさらされていた。

あるとき名もなき島から現れた「英雄」が冥界王を封印し、ひとつの予言をのこす。

 

「世界は再び闇に覆われるだろう、だが、希望はクレスタにある」と……。

 

やがて長く平和な時が流れ、かの地の名も英雄の言葉も人々の記憶から忘れ去られたいま、世界に闇の魔の手が忍び寄ろうとしていた。

 

そんなシリアスなオープニングで始まるこのゲームだが、登場するキャラクターは非常にコミカルだ。

個性豊かな面々による、ハイテンションなドタバタ劇を楽しむことができるぞ。

 

意外すぎるキャラクターが目白押し

▲ちょっぴり無気力系の主人公
 

序盤からプレイヤーを楽しませてくれる、主要キャラクターたちをご紹介しよう! まずは物語の中心となる主人公から。

 

クレスタで育った少年で、漁師をしているがその腕はイマイチらしい。事なかれ主義の彼だが、魔族の襲撃をきっかけに逃れられない戦いへと巻き込まれていく。

▲マグロじゃなくてカジキの執事ゼーユング
 

主人公を「坊ちゃん」と呼ぶ、王宮の執事。けっして被り物が好きな変わり者ではなく、カジキの魚人なので魚の頭は自前である。

 

はたして前は見えているのか気になるところだが、王宮を襲った強い魔族をあっさり撃退するほどの、確かな腕の持ち主だ。若本規夫さんの優雅なボイスにも注目!

▲庶民派のお姫様アメリア
 

クレスタ国のお姫様で、主人公とは幼なじみ。長閑なクレスタの風土が影響してか、少々のんびりしているが面倒見は良く、主人公のお姉さん的な存在でもある。

▲道具屋の天然系暴走娘マルダ
 

主人公を「お兄ちゃん」と呼ぶ、道具屋の少女。「だよ!」が口癖。

 

やや思い込みの激しい天然系の暴走娘で、周囲を振り回すトラブルメイカーだ。

▲執事にだけデレるクーデレ獣人「メルダ」
 

クールすぎる獣人の少女で主人公に恐れられているが、ゼーユングにだけデレる。
 

彼女の耳と尻尾を見るに、ゼーユングをどういう意味で慕っているのか、彼のカジキとしての身の安全は大丈夫なのかちょっぴり気になる今日この頃。

▲豪胆な姉御キャラ「アイダ」
 

男勝りのサバサバとした口調で、主人公より年下の17歳だが頼れる姉御肌の少女だ。
 

細かいことは気にしないタイプの豪胆な性格をしている。

▲陽気な盗賊「バッサム」と「ボッサム」
 

彼らはストーリーに登場する、ほんの一部のキャストにすぎない。他にも個性豊かなキャラクターが続々と登場し、物語を盛り上げてくれるぞ。

 

会話に合わせてクルクルとよく変わる表情にも必見!

 

主人公に隠された謎が世界を揺るがす!?

▲強敵デオドラ登場!
 

やがて彼らの前に立ちはだかる、魔族の強敵たち。この魔族の襲撃は何を意味するのか、主人公は何者なのか、そして世界の運命は……?
 

ハチャメチャなドタバタ劇を楽しみながらも、しっかりとした骨のあるストーリーが進行していくのが本作の魅力でもある。やがて主人公たちはクレスタを飛び出し、冒険の舞台は7つの大陸を有する広大な世界へと広がっていくぞ!

 

先の展開が気になるところだが、配信後にぜひ自分の目で確かめてみてほしい。事前予約がまだという人は、今すぐ予約して配信日まで楽しみに待っておこう!
 

ページを見る

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!