ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
 SOUL GAUGE

SOUL GAUGE

GameBank株式会社

iOS

Android

簡単楽しい「クエスト」と「ダンジョン」の基本をおさらい!

 

みなさん、『SOUL GAUGE』楽しんでますか~? 一人前のランカーになりましたか?

筆者はまだまだ始めたばかりのヒヨっ子ランカーですが、今回はダンジョンにパーティを組んで挑もうと思います。

 

と、その前にMMO初心者の方に向けて、クエストの基本をおさらいしておきましょうか!

 

クエストの基本

クエストには、メインクエストサブクエストデイリークエストの3種類があります。

「承認」のボタンを押すと、クエストを受注できますよ。

条件を達成したら、「完了」ボタンが表示されますのでポチッとすれば任務完了!

 

メインクエストも大事ですが、デイリークエストやサブクエストもどんどん積極的に進めていくべし。クエストは複数同時に進行することができるんで、まめに「完了」できるものがないかチェックすると良いですよ。

クエストはひっきりなしに依頼されるしサクサクこなせるんで、序盤のレベル上げには困りません

 

メインクエストでノーマルダンジョンのクリアを依頼される頃にはレベル10前後になってると思います。

初心者のうちは操作に慣れるために、それまでは村周辺のクエストをこなして装備を整えておくのがいいかもですね~。

 

ダンジョンの基本

ダンジョンは、ノーマルレアイベントの3種類があります。初めてのパーティプレイなんで、ノーマルから挑戦してみましょう!

ダンジョンの詳細画面で「パーティー参加」をポチっと。

すると、パーティールームが表示されます。ちょうど、行きたいダンジョンでメンバー募集してる人がいました。プレイヤーが多いのかすぐにメンバーが見つかるのがいいですね。
 

直接パーティールームから探したり、自分で募集をかけてもオーケーですよ。

おお、強い人がメンバーにいる!

寄生プレイをする気はありませんが、心強いですねー。

 

参加申請をするとしばらくして、無事受理されました。一番下の、一人だけ飛び抜けてレベルが低いのが筆者のアバターです。申し訳ない限りでございます……。

ダンジョンに入るするときは、リーダーから招待がきます。

あ、あれ? 違うダンジョンに行くみたいだけど、まあいっか!

みなさん慣れてるし強いもんで、すごいスピードでサクサク敵を倒していきます。

オート攻撃にして、みんなの後をついて行くだけで精一杯の状態!

あっという間にクリアしちゃいました。強い人がいたということもありますが、やっぱり4人いるとサクサク進んで楽しいですね! でも次こそは先頭に立って、役に立ちたいな〜。

MMORPGにはパーティ組むのにいちいち一人ずつ招待しなきゃいけないゲームもあって、そういうのが面倒でソロプレイ寄りになっちゃったりもするんですけども。このゲームはパーティを組む手順がカンタンなのがありがたいです。パーティプレイがはかどりますね。

序盤からレアダンジョンにこもるのもいいんですが、ちょっとお預けしましょう。ある程度メインクエストを進めないと解放されない機能もあるので。

 

その一つが、「アジト」です。アジトは薬草や穀物など、いろんな素材を生産することができます。生産していくうちに素材の種類も増やすことができるようになるので、まめに生産するのがおすすめ。

生産した素材を使って、アイテムを作り出すのが「クラフト」
料理、調合、細工、裁縫、鍛冶など、それぞれのジャンルごとにクラフターさんがアイテム作りを頑張ってくれます。

 

クラフターにもレベルがあったり、装備品があったりするので、忘れずに強化していきましょう。

ほかにも、これは初期から解放されているんですが、忘れずに利用しておきたいのが「クラン」です。いわゆるギルドのようなチームですね。
 

クランに所属するだけで経験値やドロップ率がアップしたりする、クランボーナスを受けることができます。クランの機能が解放されたら、とりあえず入っておいて損はありません。自分でクランを開設することもできますよ。

クランには掲示板もあって、仲間同士で雑談をしたり、攻略について話し合ったりもできます。

ランキングもあるので、自分が所属するクランでトップを狙ってみるのも楽しいですよ!

ひと通りすべての機能が使えるようになった頃には、ゲームの遊び方はだいたい分かって操作にも慣れていると思います。ここから本格的に強化とアイテム収集が楽しくなってきますよ~!

 

次回は、アリーナバトルとレアダンジョンに挑戦した様子を紹介したいと思います。乞うご期待!

ページを見る

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!