ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
Vainglory(ベイングローリー)

Vainglory(ベイングローリー)

Super Evil Megacorp.

iOS

Android

「RAGE Vol.2」 大会レポート

Super Evil Megacorpの『Vainglory(ベイングローリー』より、ニュースが届いたぞ!

 

(以下、メーカーのリリースより)

 

次世代esports大会『RAGE Vol .2 GRAND FINALS ーVaingloryー』が7月30日(土)にEBiS303にて開催された大会リポートが届いたぞ!

 

世界をリードするモバイルesports『Vainglory(ベイングローリー)』(iOS/Android)が大会種目となる次世代esports大会『RAGE Vol .2 GRAND FINALS ーVaingloryー』が7月30日(土)にEBiS303にて開催されました。

 

数百人の観客が見守る中、長く厳しい予選大会を勝ち抜いた4組の正面対決が行われ、第1試合・第2試合と圧倒的な強さを見せつけた初代王者teamGLが大会を制し2連覇を達成しました。

 

さらに、大会の最後にはSuper Evil Megacorpが主催する日韓大会「龍虎杯」がOPENREC.tvにて日本語放送されることが発表されました。

 

MCを務めたハリー杉山さんの「BRING IT ON!(かかってきやがれ)」の掛け声で開幕したRAGE Vol.2。

 

観客の黄色い歓声を浴びながら4組の選手が登場し、StanSmithさんとMoksonさんの解説と共に試合が始まりました。

 

圧倒的な強さを見せつけて第1試合をストレートで制したteamGLと、戦略的な試合運びで第2試合を制したILLMATICの決勝進出が決まるやいなや、RAGE新公式テーマソングを担当するアニメ大好き女子6人組ユニット「A応P」がサプライズゲストとして登場しライブステージを敢行。

 

RAGE公式テーマソングに決定した”Beyond The Games”を初披露し会場を更に熱く盛り上げました。

 

そして迎えた決勝戦。

 

試合中でさえも前回王者の余裕を見せつけたteamGLが1st ROUNDを先取すると、そこから粘り強い追い上げを見せたILLMATICが執念の2nd ROUNDを奪取。

 

お互い一歩も譲らず迎えたfinal ROUNDでは全ての試合で主導権を握っていたteamGLが圧巻の連覇を達成しました。

 

更に、大会終了間際、この日の為に来日した全米No.1チーム「Hammers Velocity」と「RAGEオールスターズ」のエキシビジョンマッチが繰り広げられ、日米トップレベルチームの戦いが実現しファンにはたまらないイベントとなりました。

 

大会の最後にはCyberZの大友取締役が登壇し、Vaingloryの開発会社であるSuper Evil Megacorpが日韓大会「龍虎杯」が9月3日に開催され、その模様がOPENREC.tvにて放送されることを発表しました。

 

▼『RAGE Vol. 2 Vainglory Japan Cup GRAND FINALS』の様子

 

Team GL STR1125選手コメント

「大会経験があるので、気負いをせず、またプレッシャーも感じず純粋にこのチームでプレイ出来る事を楽しみました。また機会があったらこの3人で試合に出たいです」

 

esportsとは

「esports(eスポーツ)」とは「エレクトロニック・スポーツ(Electronic Sports)」の略でコンピューターゲームやビデオゲームで行われる競技のことを指します。

 

『Vainglory』は、モバイルデバイス(スマートフォン、タブレット)専用のesportsとして世界一の規模を誇り、日本のほかアメリカ、ヨーロッパ、中国、韓国など世界各地で大会が行われています。

 

また、欧米を中心にVaingloryのプロチームが続々と誕生しており、昨年の全世界の賞金総額は35万米ドル以上となりました。

 

『Vainglory』のesportsシーンにはNVIDIA、Amazon、Redbull、Samsungなどのグローバルブランドが協賛しています。

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!