ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
あんさんぶるスターズ!

あんさんぶるスターズ!

Happy Elements K.K

iOS

Android

ゲームMENU

打ち上げろっ、スターマイン…☆「リメンバー 真夏の夜の夢」【第38回あんスタ★プレイ日記】

※本サイトはスマートフォン推奨です。ブラウザでご覧になる場合は、横幅を調整してご覧ください。
※本記事には、ゲーム内のイベント等のスクリーンショットが含まれますのでご注意ください
※本記事の無断転載を固く禁じます

 

たまおです。
毎日暑いですね。この時期に限らずですが紫外線対策はしっかりと!さもないと、あきやんも言ってますが本当に来るんですよ!アレが…

 

睡眠不足もダメ、ぜったい!!

 

リメンバー 真夏の夜の夢

 

というわけで、第38回目のプレイ日記です!

 

イベントカード紹介

今回GETできるカードはこちらとなっております。

(左側:開花前、右側:開花後のイラストです)

 

 

ライブ紹介

そして今回発生するライブはこちらです。

 

■通常:花火と夏祭りライブ(タイプ:ダンス)
■特大:打ち上げライブ(タイプ:ダンス)

 

■通常:夏のわがままライブ(タイプ:パフォーマンス)
■特大:夏の逸楽ライブ(タイプ:パフォーマンス)

 

※後半より

■通常:花火大会ライブ(タイプ:ヴォーカル)

■特大:輝く星と花火ライブ(タイプ:ヴォーカル)

 

■緊急:スターマインライブ(タイプ:ヴォーカル)

 

 

★同時開催『スカウト!ベストショット』★

 

イベントストーリーの前に、期間限定スカウトのご紹介です。
イベントで大いに力を発揮する特効カードが手に入る「スカウト!ベストショット」

 

スカウトカード紹介

今回のスカウトで手に入るカードはこちらになります。
(左側:開花前、右側:開花後)

スカウトで手に入る★4・★5カードの開花後はスチルで見ることはできないのですが…けしからんですねこれ…。
夢ノ咲って男性アイドル育成高校でしたよね…。

 

 

スカウトストーリー

今回のスカウトストーリーは結城由乃先生による全9話となっています。


先日行われた『七夕祭』を見た関係者から、fineの桃李、Ra*bitsのなずなと創に清涼飲料水のCMの依頼が来る。人見知りの創は、自分と違うタイプの桃李を尊敬の目で見つつも仲良くできたらと考えるのだが…というお話です。

 

 

たまお的スカウト見どころチェック

それではいつものように、個人的な見どころをご紹介。
ストーリー終盤までのスクリーンショットを載せている場合がありますので、未見の方はご注意くださいね。

 

・イケメンすぎる案山子

▲こんな色気だだ漏れの案山子いませんよ…

 

・一杯どう?みたいなノリでサシェを出す

▲嗅ぎますか?っていうセリフがじわじわくる

 

・しののんが笑顔で手を振るだけで

▲世界が平和になるような気がします

 

・このCMの撮影監督になりたい

▲「いいよいいよ!」「完璧だよ!!」しか言わない仕事

 

・桃李坊ちゃま気をつけて!

▲時々300円とか500円とかの商品が混じってるお店もあるからね!

 

・箱でいただくわ!!!

▲こんなCM流れたら完売必至でしょうよ…

 

・なにその天国

▲しののんと桃李くんとその兄弟が勢揃いとか呼ばれなくても覗きに行きたい


今回も特効カード(のキャラクターカード)すべてをユニットに入れると、スキルが発動します。
※対象キャラをリーダーにする必要があります

 

今回のスキルは「しゅわしゅわ金魚(Da15%UP)」です!

 

なぜ金魚?と思いましたがスキル説明を見て納得。
夏ですなあ…♪

 

 

★「リメンバー 真夏の夜の夢」イベントストーリー★

 

今回のイベントストーリーは、日日日先生による全17話となっております。

 

♪♪♪
校外の地方自治体の依頼で、合同ライブをすることになったKnightsとTrickstar。【DDD】や【デュエル】で因縁のあるユニット同士のため皆も心配気味だったが、そんな中でも本調子でなさそうな泉と、同じく元気のない真。

 

なんとか練習や準備を進め、本番にそなえるメンバーたち。それぞれの思いを抱え、『アウェー』である地方のライブを上手く成功させることはできるのか…?

 

 

たまお的イベント見どころチェック

さて、今回もイベントの見どころチェックです。いつものようにストーリー終盤までのスクリーンショットを載せていますので、まだ全部お読みでないない方はご注意くださいね。

 

・開幕これはずるい

▲いまからでもいいので佐賀美先生にもぜひイカしたあだ名をたのむ

 

・あると思います

▲『スカウト!メイドさん』、回そうじゃありませんか

 

 

帰ってきた突然のホッケ~特集

★4ホッケ~ありがとうございます!!!というわけで通算三回目のホッケ~特集。

 

・天然ボケに定評のある北斗さんその1

▲一年生にめっちゃ睨まれるホッケ~、そして斜め上をいくつぶやき、もうほんと好き

 

・その2

▲司くんも否定してと思ったけど面白いのでこのままでいいです

 

・全国の北斗クラスタ歓喜の2次元なんでやねん

▲2.5次元も素晴らしかったですが、いかがでしょうかこの肘の角度、手のひらと指のまっすぐさ、表情、なにもかも完璧です

 

・HESODASHI!!!

▲Ra*bitsに続くへそ出しユニットがまさかトリスタになるとは…。衣装の丈短すぎませんか?(いいぞもっとやれ)

 

 

・司くん、それダメなやつ 
▲そう思っていた時期が私にも(略

 

・あらやだめっちゃいい笑顔

▲ヒッ!って思ったけどなんかもうこのままでいてほしい

 

・現代のナルキッソスですわ…

▲ユリカモメがいい味出してますが、どれだけこのポーズで止まってたかっていう話ですよ

 

・箱でいただくわ!!!(本日二回目)

▲もったいなくて食べられなくてペシャンコにしそうな私

 

 

ちょっとだけ考察

今回いろいろと伏線っぽいネタがあったり、新たにわかった登場人物の気持ちがあったりということで少しだけ考えてみました。

 

いつものように私個人の感想をつらつらと書いてみますが、異論あり!や自分はこう思う!などご意見や感想についてはぜひTwitterまでお寄せください。

 

今回はKnightsとTrickstarの合同イベントということでしたが、Knightsについてはフルメンバーでないということもあって、『王の騎行』に繋がる前フリ的な雰囲気だったなと。

 

ちょいちょい出てきた『王さま』ネタもうれしかったですが、その『王さま』の不在で少しずつ変容していったKnightsの片鱗というものが、【デュエル】を経てまた少し見えたような気がしました。

そんな彼らが『王の騎行』で新たに生まれ変わるのかなと思うと感慨深いです。

 

一方トリスタについては、成長と今後の課題が見られるストーリーだったように思えました。

 

まずうれしかったのはこのスバルくんのセリフ。

 

相変わらずフリーダムでムードメーカーな人ではありますが、桜フェスの時は「仕事よりもお花見!」と言っていたスバルくんからこの発言が出たと思うと胸熱。

 

真緒くんは今回も、みんなを俯瞰で見つめるいいポジションだったなと。

 

一歩下がってメンバーを見ながらも、迷いなく全力でステージに挑んでいた真緒くんを、きっと他のメンバーもこれ以上なく頼もしく感じていたのではないかなと思います。

スバルくんも真緒くんも、次にメンバーどうしがぶつかった時にどういう成長を見せてくれるのかが楽しみです。

 

そしてホッケ~。
一度とはいえ【DDD】で大切な仲間を裏切ってしまったことが、夏の時点では意外に強く心にわだかまりを残していることがわかりました。

 

ただこの人は自分の夢や目標がとてもはっきりしていて、足りないところは努力で補えると心から信じているので、進む道には迷いがまったくないんだと思うんです。

 

だから今までは自分の中だけで問題を解決できていたのが、仲間を得て初めて、自分だけではどうにもできないことがあることを知ったのかなという気がしています。それを乗り越える日が来ることを期待。

 

そして真くん。

 

過去になにがあったのかを現時点で詳しく語られていない以上は推測でしかないのですが、これまで「自分は落ちこぼれかもしれないけどがんばろう」と言っていた気持ちに、少しの歪みが見えたような気がするんです。

 

みんなが大切だから自分もがんばる、でもいらなくなったらなら捨ててもいいよと。
ホッケ~の「苦しいなら言ってくれ」っていう言葉が届いていない。でも「助けてくれ」って言ってくれないのは、仲間にとってすごく寂しいことだと思うんです。

 

でもそれはみんなを信じていないからではなくて、かなり根深い自己否定から来ているように思いました。ある意味、嵐ちゃんのこのセリフと対極だなあと。

 

で、それに対する泉さん。

これまでは泉さんという人のことを、ただ『お人形みたいに綺麗でかわいいゆうくん』を自分だけのものにしたい、庇護したいだけなのかなと思ったんです。でも、このセリフであれっと思ったんですよね。

 

あともうひとつ、このセリフ。

 

ある意味仕事に対してはプロに徹する泉さんと似ている部分が真くんにあるような気がしました。
どんなに調子が悪かろうが、与えられた役割を意地でも全うしようとしているところというか。

 

でも泉さんが真くんと決定的に違うのは、自分自身を、自分の能力を信じているからとても強い(あるいは強くあろうとするプライドがある)というところ。

 

無意識に命がけになってしまうのはとても危ういことなのに、真くんにはまだ自分自身を守るだけの強さがないから、もしかしたらまた傷ついてしまうことがあるかもしれない。そういうところを、歯がゆく思っているように感じました。

 

あと、真くんのように殻のある人というのは、こちらが思った以上に強くはっきりと気持ちを伝えてあげないと、きちんと伝わらないのだと思います。
真くんに対する泉さんの過剰とも思える愛情表現は、そういうところから来ているような気がするなあと。

 

とか言って、全然的はずれなこと言ってたらごめんね泉さん…!

 

ところで今回、私が一番ぐっと来たセリフは実はこれです。

 

ただかわいがるだけが愛じゃない、甘やかせるだけが愛じゃない。あきやん自身がそうであるように。

 

どんな仕事でもそうだと思うんですが、自分の評価だけを気にしてはいけないんだよなあと。仕事に対する愛情や責任が第一であるべきで、良いものを作れば評価はあとからついてくる。
…なんていうことを、ちょっとだけ社会人としての自分に重ねながら思ったりしました。
 

 

開催中のイベント「リメンバー 真夏の夜の夢」イベントは8月10日(水)22:00まで!
もうすぐ終了ですが、みなさんもぜひスターマインステージへ★

 

そんなこんなでプレイ日記第38回はここまで。
次回もお楽しみに☆.。.:*・°☆.。.:*・°

 

Text by たまお

 

プレイ日記一覧へ
あんスタファンページはコチラ

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© Happy Elements K.K All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。