ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード

2016年9月15日より東京ゲームショウ2016が幕張メッセで開催中。多くのMMORPGを配信するアソビモもブースを出展。ビジネスデー初日には新タイトルの発表が行われたので、ここではその模様をお届けする。

 

新作は『アヴァベルオンライン』のスピンアウト

発表会には本作のプロデューサーを務める星野武士氏が登壇。「まずは見てください」とシークレットタイトルのPVが流された。

 

 

 

バトル、バトル、バトルの連続で動きまくるアニメーションPVが終了したあとに映しだされたメインビジュアル及びタイトル名がこちら。

 

 

タイトル名『EXAVA(イクサバ)』の正体は、熱心なアソビモファンならもうおわかりと思うが、同社の人気タイトル『アヴァベルオンライン』のスピンアウト作品。『アヴァベル』のキャラを操って戦うオンラインPvPゲームとのことだ。

 

ゲームの特徴

 

『イクサバ』は5体編成のチームを組んで相手と戦うのだが、実際にフィールドに登場するキャラクターは3体。そしてプレイヤーが操作するのはそのうちの1体で、残りの2体はAI操作になっている。コンセプトとして「より手軽なPvP」を掲げており、簡単な操作ということにはかなりこだわったようだ。

 

 スキルはキャラクターごとに固有のものを所持。場面に合わせて使って相手を追い込んでいく。

 

この5人編成がなかなか頭を悩ます部分となっており、たとえばフィールド上で自分が近接職ばかりを選んでいて相手が遠距離攻撃職ばかりを選んでくるとかなり不利になる。そこでサブ要員から遠距離メンバーを出して対応する、といった臨機応変な対応が必要となってくるわけだ。

 

 

対戦の形勢を左右しそうなのが、このマジックカードという要素。使用すると攻撃力アップや防御力アップといったいわゆるバフ効果がチーム全体にかかるというもの。バトル時間は3分で、相手より多くのKillを取ったほうが勝ちとなるほか、10Kill取られると負けになるため、ヤバいと思ったらマジックカードで形勢逆転を狙っていきたい。

 

 ▲バトルに勝利すると宝箱を入手して、新たなキャラクターをゲットすることができる。被ってしまった場合はそのキャラがレベルアップするので、バンバン戦ってキャラクターを育成しよう。

 

実機プレイ

 

星野Pによる実機プレイも披露された。PvPということで対戦相手が必要になるのだが…、お相手はアソビモブースでコンパニオンを務めているコスプレイヤーの"いゔ”こと、いゔにゃんが登場。ゲームの腕前には自信がないということだが…?

 

 

PvPに特化したゲームということで、起動画面からいきなり「バトルする」ボタンの表示された画面へ移行する本作。そのUI設計もそうだが、起動時間のスピードにも驚かされた。これはストレス無く対戦が楽しめそうだ。

 

前述の通り、本作のバトルは5人編成のチームとなっており、まずリーダーが最初の操作キャラとなり、そのほかにAI枠×2、サブ枠×2をセットすることになる。

 

 

バトルではダッシュ、ジャンプなど『アヴァベル』ユーザーにはおなじみの操作を駆使して戦うことになる。最初は遠距離メインのサポートキャラを使用する星野Pだったが、途中で近接キャラにチェンジ。画面上部のアイコンをタッチするだけで交代を行える。ご覧のとおり、複数キャラが入り乱れるバトルだが、操作がシンプルでわかりやすいので混乱することは無さそうだ。

 

ちなみに大戦の結果は星野Pの圧勝だったが、リベンジマッチではいゔにゃんの辛勝。リベンジマッチでは縦画面かつ片手操作というハンデ(?)付きだったのだが…(笑)。

 

 ▲リアルタイムで縦画面にすることが可能。これなら出先でササッと対戦することもできそうだ。というか、片手でもちゃんと遊べるようになっているのでハンデでも何でもなかったという…!

 

また、アシスト機能を使うとAIによるオートランが行われる。オート中も操作は可能で、「そっちじゃない」といった場合は自分で操作して動かすこともできる。

 

もう遊べます!

実機での爽快なバトルを見せられて大いに期待の高まったところで大発表も飛び出した。

 

今冬配信予定の本作のα版テストがこの発表会の直後から開始となるというのだ。実際にステージ上でApp Store内を検索するとすでにDL可能な状態に! 

 

 

これを受けて星野Pからはこんなメッセージが。

 

『イクサバ』はまだテスト版の段階なので、まずは皆さんに遊んでもらって、できれば感想をいただけると大変嬉しいです。要望や感想がゲームを良くしていくのに大切だと思っていますので。

 

『アヴァベル』の対戦を手軽に簡単にというのがこのタイトルのコンセプトです。『アヴァベル』はMMORPGですから協力プレイの要素が多かったですけど、『イクサバ』はひとりですぐ遊べるゲームです。いつでもどこでもという思いもありましたので、シームレスな縦画面機能や起動の速さにはこだわりました。立ち上げて3分でバトルして終われるゲームです。

 

ぜひαテストに参加してアプリ内の問い合わせからたくさんの要望を送ってください!(星野)

 

配信は今冬ということだが、α版の配信でユーザー熱はキープしていけるのでは無いだろうか。年末から年始にかけて楽しみなタイトルがまた1本出てきた。

 

Text by ハラダMk-II

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!