ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
レルムクロニクル

レルムクロニクル

Mobimon Inc.

iOS

Android

ゲームMENU

2016年9月15日より都内の幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2016。各社から新タイトル、新情報が発表されるなか、台湾のゲームパブリッシャー"Mobimon Inc.”と独立開発チームの"シーナ.ゲームス”ゲームスが共同で発表会を行った。日本へのローカライズタイトルのほか、開発中の新作の情報などが飛び出した。

 

 

発表会にはMobimon Inc.でゲームプロデューサーを務める呉以尋氏自ら駆けつけて、タイトルの説明を行った。呉氏は10年以上も日本のゲームをプレイしてきた経歴の持ち主。「今回パートナシップを結んで日本に来れたことはまるで聖地巡礼をしているような気分です。これを機に日本のゲームユーザーとも交流していきたい」と語るほど日本のゲームに愛着を持っているようなので、日本向けのゲームにも期待が持てそうだ。

 

レルムクロニクル

台湾の株式会社シーナ.ゲームス開発チームにより独自開発された台湾人気No.1 SRPGスマホゲーム。台湾にて配信後ブームになり、さらに台湾No.1SRPGを受賞し、台湾掲示板ランキング上位を席巻した人気作とのこと。

 

 

 

本作ではプレイヤーがその世界に生きているかのように、物語の一部として登場。また、各キャラクター専用シナリオを通じて、活き活きとしたキャラクターイメージがプレイする人の心に刻まれていくとのことだ。100万字以上のシナリオテキスト、100人以上のキャラクター、膨大なメインストーリー及び外伝シナリオなど、世界観はかなり作りこまれているようだ。

 

 

バトルモードは正統型のSRPGで、地形優勢、キャラクター属性、仲間スキルの采配、能力を補う装備などの要素がある反面、背後からの攻撃が強いといった複雑にする要素を排除している。刻々と変わる戦局、無限大の戦略、独特な職業、多様なスキルの組み合わせ、を考えパーティー作りに励むのがおもしろさのポイントになりそう。

 

 

 

また、この日はサプライズとして日本版で声優を担当する荒浪和沙と、大橋歩夕のふたりが登場。ストーリーモードの一部実際にアフレコして見せてくれた。


 

ふたりとも「なかなか無い機会なので緊張した」と言いつつも荒浪は「見られながらするのも嫌いじゃないかも…」とちょっとアブナイ一面も見せた。

 

フラグシップ(日本配信未定)

こちらは日本での配信はまだ未定の戦略シミュレーション『フラグシップ』。プレイヤーは新人指揮官となり、艦隊を導いて敵軍を撃退していくというストーリー。所属をどちらの陣営にするか選択することが可能で、所属した陣営によってことなるストーリー進行となるのだが、このふたつ以外に外域から新たな勢力が現れるのが本作の特徴的なポイントとなる。第3勢力は気になるけども、目の前の憎いアイツもいるしなあ…と悩みながらゲームを進めることになりそうだ。

 

 

 

つぎの侵略惑星を投票で決めるという要素も。影響力の高い指揮官は当然票数が多くなる。うまく相談しながら戦略方針の相違を解決することも指揮官の仕事のひとつだ。
 

 

 

トリオ・ソナタ

こちらも現段階では日本での配信は未定の共闘RPG『トリオ・ソナタ』。3人による共闘システムが特徴的だが、さらに目を引くのが"音律システム”というもの。

 

 

音律システムを装備すると、必殺技の時に起動し、発動時にパワーアップする。音律は「固有音律」と「誘導音律」に分かれており、固有音律はゲーム内で入手可能なものだが、誘導音律はプレイヤーの端末に保存した音楽から設定されるものなのだそう。音律は音楽の波形により、ランダムなバフ効果を生み出すのだが、強い曲なんてものもあるのだろうか。

 

以上の3本がこの日発表されたが、まずは『レルムクロニクル』で台湾ゲーム開発及びパブリッシャーのお手並み拝見といきたい。

 

Text by ハラダMk-II

 

このゲームでもらえるギフト

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© 2016 Sheena Games Ltd All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。