ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
幻獣契約クリプトラクト

幻獣契約クリプトラクト

Bank of Innovation, Inc.

iOS

Android

ゲームMENU

順調に成長し、立派なビッグタイトルに

バンク・オブ・イノベーションの『幻獣契約クリプトラクト』が絶好調だ。

 

2015年2月のAndroid版配信から順調にDL数を重ね、ついに500万DLを突破。今年は夏コミにも出展し、美女+1の変わったコスプレイヤーがブースに立って注目を集めるなど、単なるスマホゲームの枠を一歩抜け出した感がある。

 

『幻獣契約クリプトラクト』ブースに登場した美女3人+1が来場者の足を止めた!

 

今回は同作の開発チームからプロデューサー海老原康太氏(以下、海老原)、ディレクター大川史樹氏(以下、大川)にこれまでの歩み、今後の展開、キャラやコンテンツに対する思いをじっくりと聞いてきた。『クリプトラクト』成長の軌跡を感じられるインタビューになっているので、ぜひご一読を。

 

ディレクター大川史樹氏(左)とプロデューサー海老原康太氏(右)

 

熱いお客さまに支えられて500万DL突破

 

ーーまずは500万DLおめでとうございます。1年以上安定して運営し続けて、500万DLを突破してって本当に素晴らしいことだと思います。

 

海老原 ありがとうございます。紆余曲折ありながらもなんとかやってこられました。現状を維持しながらゲームを運営していくことはとても難しく感じているのですが、そのなかでありがたいことに右肩上がりでやってこられているので、ユーザーの熱い支援のおかげで運営できているんだなと感じており、嬉しい限りです。

 

ーー個人的には、1周年前後からキャンペーンが一気に増えてきたなという印象です。ちょうどそれくらいからユーザーさんの声も聞こえてくようになったのかなと。

 

海老原 そうですね。

 

ーーDL数の進み方のペースはどんな感じでした?

 

海老原 300万DLまではある程度ハイペースで、それ以降は一定のペースでという感じでした。ちょうど300万DLくらいのときから少し伸び悩みを感じて、そこからいろいろと考えながら進めるようになりました。

 

ーー実際どう対応されたんですか?

 

海老原 YouTubeの動画であったりとかサントラを出してみたりとか、夏コミに出展してみたりといった話題作りの方向にシフトしていきました。

 

ーー夏コミは話題作りという点ではすごく刺さりましたよね。

 

海老原 そうですね。話題作りという点では、しっかりと積み上がったものがあると思っています。夏コミの模様はTwitterで拡散されたりもしていましたし、トータルで見て成功しているんじゃないかなと思ってます。

 

古株キャラも丁寧に描き人気を持続

 

ーーメインクエストが盛り上がってきましたが、今後の展開についてはどう考えていますか?

 

海老原 年明けくらいまでにひと段落させる予定で、そのあとに新しい章を展開させたいと思っています。

 

大川 新章ではいままで名前だけは出ていたボウラキアという国が鍵になる予定です。既存ユニットのスフィアやエリシアなどの祖国ですね。

 

ーーあ、スフィアもボウラキアなんですね。ゲームギフトで実施したオールスターズガチャのランキングでは6回中4回ランクインしています。

 

大川 多くランクインしているキャラって、列伝やメインシナリオでの登場頻度が高いキャラがほとんどなのですが、スフィアはまだそういった部分で描かれたことが少ないキャラです。そのため、現時点ではデザインや見た目で人気を得ている部分が大きいと思うのですが、今後は新章も含めて掘り下げていく場面が増えるかと思います。

 

ーーファミマプリントの投票でも選ばれていましたよね、スフィアは。

▲人気、実力ともに高いキャラだけにどんなストーリーが用意されるのかいまから楽しみ!

 

海老原 なかなかいい出来に仕上がったみたいでよかったです…(笑)。

 

ーーいままでのランキングを見ての印象はいかがですか? 予想通りという感じでしょうか。

 

大川 結果を見る前までは、いわゆる強いキャラが上位にくるのかなと思っていました。ただ実際のところは、強さでは最前線にいない、例えばアリスやペルシャ=ルーのような古株キャラがランキング上位にいますよね。これはユーザーの皆さまがストーリー、キャラ設定、列伝などを見てユニットの背景を知って、それでキャラそのものを好きになってくれているのかなと感じます。

 

海老原 キャラにファンがついてくれているなというのはすごく感じます。

 

ーー自分たちが作った世界にしっかり入り込んでくれているのはうれしいですね。ところで、ランキングを見ると女性キャラ比率がかなり高いなという印象ですが、男性キャラにもっとスポットを当てたいとかって思いはあったりしますか?

 

 

海老原 男性キャラも人気出てほしいですけど、やっぱり女性の方が人気高いんですよね(笑)。

 

大川 たしかに以前は女性ユニットばかり出していた時期もありました。ただ、一方で男性キャラをもっと増やしてほしいという声もいただいていたので、ここ半年くらいは男性が主人公の列伝も増やし、それによって男性ユニットのファンも付いてきたと思います。ランキングを取るとやはり女性キャラの人気が際立ってはいますが、少しずつバランスは取れてきていると思います。

 

ーー「男性キャラをもっと!」みたいな声って、やっぱり女性のユーザーさんからが多いんですか?

 

海老原 性別ははっきりとはわからないんですよね。僕なんかがそうなんですけど、おそらくはゲーム好き、RPG好きの層からの声が多数なんじゃないかなと。

 

ーーたしかにふつうのRPGで女性キャラしかいないってなるとちょっと変ですよね。まあこのランキングは「欲しいキャラ」ということで募集しましたので強さがひとつの基準になっているんでしょうね。

 

大川 例えば、9月の列伝ではゼノという男性ユニットが主人公として登場しましたが、彼は王道ストーリーでありながら悲劇的な背景を持ったユニットとなっており、強さももちろんあるとは思いますが、ストーリーの面でもユーザーの方からはとても好評でした。11月にも新しい男性ユニットが追加され、重厚なストーリーの列伝が登場しますので、楽しみにしていただければと!

 

最新情報はコチラ

※ニュース記事へリンクします。

 

ーー『クリプト』はキャラも世界観もかなり作り込まれていますけど、その辺をまとめた設定資料集とか、ノベライズとかコミカライズとかってされたりしないんでしょうか? 国の相関図とか気になってきますよね。

 

海老原 何かしらやりたいなとは常に考えています。じつは直近ではアートブックを作る予定になっているので、そのなかでうまく織り込めたらいいなと思っています。

 

ーーおお! それは楽しみですね。

 

海老原 先程も話しましたが、ゲーム外の取り組みを積極的に増やしていきたいですね。

 

ーーアートブック、かなり楽しみなんですが、どのくらいになりそうですか?

 

海老原 まだはっきりとは言えないのですが、今年度中には出したいですね…(笑)。2周年のタイミングでもありますし。やろうと思えばいくらでも詰め込めるのですが、あまりやりすぎると値段が高くなってしまうので、そこはバランスを考えてやろうと思います。

 

最強エンドコンテンツ“暁の五帝”

 

ーー新しく追加された“暁の五帝”は腰を据えて遊ばないといけないようなコンテンツですが、これはユーザーさんからこういうものが欲しいという要望があったということでしょうか?

 

大川 それもありますが、とくにコアなユーザーの方に関しては、一時期「ゲームは好きだけど、やることがない(やり尽くした)」という状態になっていました。そういう方に向けて、長くやり続けてくれることへのメリットをつくりたかったんです。五帝は1体あたり約2ヶ月ほどかかる設計になっていて、コアな方たちが挑戦しがいのあるコンテンツを提供できればということが狙いでした。

 

ーー結構攻めたバランスですよね。実際の反応はどうですか?

 

大川 いままでのコンテンツとはかかる時間が桁違いの設計にはなっているため、賛否いただいております。特にライトユーザーの方だとどれくらい時間がかかるか想像がつきにくいと思います。ベースのユニットを進化させるたびに、次に必要な素材数が見えてくるのですが、そのたびに素材が多くなることがわかるため、ライトユーザーの方にとっては敷居が高いかもしれません。そのように、獲得するのは本当に大変なのですが、既存のコンテンツをやりきってしまったコアなユーザーの方には好評いただけているかなと思っています。また、ストーリーや演出についてもかなり気合が入っているため、そちらも好評いただけたかなと感じます。

 

 

海老原 「もうやることがない」と言われないように頑張りました(笑)。

 

ーー対象ユーザーにとってはものすごく響くコンテンツっていうことですね。ちなみに同じ階層型のクエストの「ギルザの試練」は今後更新されたりはするんですか?

 

海老原 「ギルザの試練」に関しては完結したということになっていますね。

 

大川 最終階クリアでギルザが獲得でき、ストーリーにも登場しているのでギルザの試練はキレイに完結したかなと。ただ、実は今、ちょうど次に追加する“グリムの迷宮”という機能を開発しています。やはり、ユーザーの方の要望として、ギルザの試練の様に難しいクエストを攻略したいという声は一定数ありました。そのため、次は“ギルザの試練”のように階層型のクエストで、そこにストーリーや演出も強化して、さらに敵の行動が今までのクエストとちょっと違うといった、ギルザの試練とも異なる高難度クエストになる予定です。

 

ーーほう! ではやり込んでいるユーザーほど楽しめそうですね。逆に新規ユーザー向けの施策とかって何かあったりしますか?

 

海老原 新規ユーザー向けのコンテンツ量に関しては充分揃ってきたのでそんなに心配はしていないんです。一方で、豊富なコンテンツに辿り着く前の離脱が無いようにという部分は気を使っています。

 

ーーああ、なるほど。

 

海老原 始めた瞬間に★5ユニットが確定でもらえますし、10連ガチャが引けるオーブ50個もポンともらえます。それを使えば序盤はだいぶ楽になりますし、モチベーションも高く続けられると思います。あとは細かいところなんですが、一定のランクまでは経験値が倍になるようにもなっています。列伝もいまはゲスト機能というのが入っていて、キャラを持っていなくても進められるんです。本当に始めやすくて、魅力も感じていただきやすくなっていると思いますよ。

 

ーー500万DLをきっかけに始めるような人でもすぐに楽しめると。

 

海老原 はい。いまがチャンスだと思います(笑)。

 

500万DL記念キャンペーン実施中

『クリプトラクト』の500万DLを記念して、ゲームギフトでTOPファンランキングを開催中! 上位入賞者に贈られる賞品は、瞬殺完売のリーゼロッテ抱き枕カバーを含む『クリプト』リアルグッズの数々。もう手に入れるチャンスはここしかない…!? 



詳細はコチラ

 

魅力を知ってもらうため日々進化

 

大川 リリースした当初は、導入からゲームの魅力がわかるところまでプレイするのがしんどいという意見が結構多かったです。たしかに使えるユニットも体力も少ないので。ただ、最近はその辺も改善して、魅力が伝わるところまでプレイしてもらえさえすれば、そこからはクリプトラクトのストーリーやデザイン、ゲーム性などの面白さを感じて、自然と続けてもらえるのかなと考えています。

 

ーーそこですよね。最初の脱落をなんとかして減らしたいというのはどのゲームの運営チームも悩みどころだと思います。『クリプト』の場合は1年以上継続して運営していく中で、いい形にたどり着きつつあるということでしょうか。

 

海老原 地道に数字を見ながら、地味なことはたくさんやってますね。たとえばクエストに入る前のダウンロードバーの貯まり方をものすごく細かいところまで調整するとか。

 

ーーあー、そこ結構重要ですよね。ロード時間の長さって、確実に離脱のポイントになると思います。

 

海老原 進捗感は欲しいですよね(笑)。

 

ーーそういう細かいネタは個人的に好きなんですけど、ほかになにかありますか?

 

海老原 毎月見直してます。デイリーミッションなんかも最初はなかったですね。

 

ーーミッションの報酬が最初はひとつずつしか受け取れなかったのが一気に受け取れるようになったりとかもよかったですね。

 

海老原 細かいものから大きなものまでありますね。ソート機能とか、スクロールバーとか。

 

大川 あ、あとオーブの配布の通知とか! 昔は初回クリア報酬のオーブって、告知なしでしれっと増えていたんですよ。それをダイヤログボックスを出して、ちゃんと通知するように改善しました。こんな感じで、本当に細かいんですけど、遊んでいてわかりにくいなと思うところはどんどん直していきました。

 

海老原 開発側にいると気づかないことも多いので、“お問い合わせ”はすごく気にして見ています。

 

『クリプト』関連やりたいこと

 

ーーどんどんゲームをよくして、どんどんユーザーも増えてくると、やれることも増えてきますよね。実際サントラを作ったり夏コミに出展されたりしています。サントラは夏コミ限定ということで作られましたけど、かなり人気もあるようですし、また別の機会で販売したりしないんですか?

 

▲左上の黄色いボックスのCDは再販予定無し! 持ってる人は大切にしてくださいね。

 

海老原 今のところ予定してないです。ただ、曲目は違いますが、ダウンロード版のサウンドトラックはiTunes StoreやAmazon Musicで購入できますので、そちらで聴いてみてください。

 

ーースマホでゲームをするときにあまり音を出さないんですけど、じつは『クリプト』だけは毎回イヤホンで聴きながらプレイしています!

 

海老原 本当ですか?(笑)

 

ーー本当です! と言っても元々はやっぱり聴いていなかったんですよ。たまたま音を聴いたときに中田譲治さんのナレーションが聞こえてきて「何これ!」となりまして、それからはいつも音アリです。

 

海老原 BGMに関してはご好評をいただいているのでゲーム内でも聴ける機能を入れたりしているんです。

 

大川 でもサントラ第2弾はやっぱりいつかやりたいですね!出して欲しいという声も多いですし。

 

ーー最近はスマホゲームでも楽曲のコンサートをやったりしているじゃないですか。そういうのはどうですか?

 

海老原 ああー! やりたいですねぇ…。費用面や場所などの折り合いが付けば、やりたいです!

 

大川 でも最近はようやくプロモーションでいろいろなことがやれる段階になってきたと思います。この前もゴー☆ジャス動画とコラボをしたりとか、夏コミや東京ゲームショウなどもそうですね。

 

ーーおもしろいプロモーションはユーザーとしても楽しみなところだと思いますので、期待しています。

 

PCアプリ版!?

 

ーーまさに昨日の話(10月19日)なんですが、『クリプトラクト』のPCアプリ版の発表がありましたね!

 

 

海老原 チーム内でも突然の発表に驚く声が聞こえてくるくらいで、密かに進めていた案件です(笑)。

 

ーー個人的にはかなりうれしいです。ふだん画面の大きなスマホでプレイしていますけど、『クリプト』はグラフィックがキレイなので、もっと大きな画面でやりたいなと思っていたんですよ。

 

海老原 ありがとうございます。デザイン的にPCにしても戦えると自信は持っていますし、“ながら”でもできるゲームになっているので、家で何かしながら遊ぶのにもいいかなというのもあります。あとは、まだスマホでしか展開しておらず、PCにも潜在的なユーザーはいると思っているんです。そこにアプローチしたいなと。これはDeNAさんとやらせてもらっているものでAndAppという新しいプラットフォーム上で遊んでいただけるものになります。

 

AndApp事前登録ページ

 

ーーああ、そうなんですね! 本当にそのままのUIで遊べるんですね。ゲームを地道に改修し続けることもそうですが、新しい取り組みにも積極的にチャレンジされていることが本当に素晴らしいと思います。これからも期待しています。

 

海老原 大川 ありがとうございます。頑張ります!

 

あのイラストを壁紙に!

TOPファンランキングの上位入賞ができなくてもご安心あれ。リーゼロッテ抱き枕カバーのイラストをスマホ用の壁紙にしちゃいました! もちろんこちらはどなたでもダウンロードできますよ♪



DLページはコチラ

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© Bank of Innovation, Inc. All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。