ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
あんさんぶるスターズ!

あんさんぶるスターズ!

Happy Elements K.K

iOS

Android

ゲームMENU

Happy Birthday!~10.30 Shu Itsuki~ 

※本記事には、ゲーム内のイベント等のスクリーンショットが含まれますのでご注意ください。

※本記事の無断転載を固く禁じます

 

『あんスタ』ゲームギフトファンページお誕生日企画!今月二人目は、企画初登場のこの方!

10月30日は斎宮宗さんのお誕生日!お師さ~ん!お誕生日おめでとうございます!!

 

ゲームギフト『あんスタ』ファンページお誕生日企画では、

TOPページが期間限定の特別仕様!
ここだけの壁紙も期間限定でプレゼント!

をお送りいたします。

 

お誕生日記事一覧へ

 

斎宮宗プロフィール

 

CV 高橋広樹
学年/クラス 3-A
部活 手芸部(部長)
身長/体重 177cm/59kg
血液型 A型
誕生日 10月30日
実家の家族構成 祖父、両親、姉、兄
お気に入り アンティーク人形
嫌い 人の多いところ
趣味 人形の洋服作り
特技 レース編み
キャッチコピー 気高き琴線の独奏者
説明 神経質で親しくない人とは可愛がっている人形の「マドモアゼル」を介して話すことも。手芸が得意で紅郎とは幼馴染み。ユニット『Valkyrie』に所属し、リーダーを務めている。

 

 

★宗さんの魅力を(勝手に)語る★

 

宗さんです。
お師さんです。

 

 

ピンクのベリーショートに自作であろうフリルの制服。極めつけは、大事に抱えたお人形(と腹話術)…!?

 

 

ノンッ!!!!!

…と、かなりのインパクトで『あんスタ』に登場した宗さん。一見イロモノ系と思われるようなキャラでありながら、宗さんが決して『ただの変わった人』で終わらないのは、彼の物語を見守ってきた人なら誰もが知る事実。今回は、それを少し真面目に追ってみたいと思います。

 

 


♪♪♪

 

その昔、あるところ…夢ノ咲学院に、『Valkyrie』というユニットがありました。
その活動は学院内だけではとどまらず、独自の世界を作り上げる宗さん自身も『天才』の名をほしいままにしていました。

 

理想とする完璧なステージへの彼の執着は、他人を寄せ付けぬほどのもの。
ユニットの仲間でさえも、舞台を彩るためのただの飾りであり人形のように。

 

 

幼い頃から愛してきたであろう、頭の中に広がる気高く美しい世界。それを形にするために、彼は決して才能に甘えることなく努力を重ねていました。当時の『腐敗した学院』において、彼は立つべくして頂点に立っていたのです。

 

 

寸分の狂いもなく、完璧に。もっと美しく、もっと高いところへと。
理想とする世界が完成するまで、もう少し。あと少しでそこに手が届く。

 

 

けれど、歯車は見えないところで少しずつ狂いはじめていました。

 

 

彼の世界は完璧に調律されていたはずでした。
けれど完璧であるが故に、その歯車がひとつ壊れただけですべてが崩れてしまったのです。

 

 

すべては自分の手のひらの上にあると思っていた。
この世界を、舞台を操っていたはずがいつのまにか糸に絡め取られ、気づけば自分こそが物語の中のひとりの人形。愛しいユニットも舞台も救うことはできず、ただ、消え行く光を見つめるばかり。

 

 

受けた傷の深さは絶望的で、ついにそのまま、世界は色を失ってしまいました。
まるで、哀れなペトルーシュカのように。

 

♪♪♪

 


彼はいつも、大事に抱えたお人形と『会話』をしています。
ですがお人形を介してつぶやく言葉は、彼自身の言葉でもあります。だからお人形と話す彼はずっと、終わらない自問自答をしているように見えるのです。

 

 

自分こそが神であり、絶対的な存在であると思う。
 

 

でもその一方で、自分は誰よりも哀れで醜いとも思う。
 

 

宗さんはきっと、とてもとても愛情深い人。
愛すれば愛するほど、それを失った時につらくなる。信じれば信じるほど、裏切られた時の絶望は大きくなる。
その愛情の深さが自分自身を苦しめてきたことを、彼自身は十分にわかっている気がします。

 

表に出なければ、自分だけの世界に閉じこもっていれば、もう二度と傷つくことはありません。
ですが、そうして地下深い暗がりでひっそりと咲いていた花に、再び光が当てられます。

 

 

もう一度大きな舞台に立てばまた傷を負い、血を流してしまうかもしれない。

 

 

それでも、彼が作る世界を夢見る人がいるから。そして自分こそが、あの世界をまだ愛しているから。

 

 

望む者のために、そして自分自身のために。宗さんは眩しい光あふれるステージの上で叫びます。亡霊のペトルーシュカではない、いま自分は確かにここに生きているのだと。

 

 

個人的にではありますが、芸術とは、人間の体という入れ物の中にある心や感情をすべて解き放ち表現するものだと思うのです。

絵画ならその一筆一筆に、音楽なら一音一音に、踊りならその動きひとつひとつにすべてを込める。芸術に対する感動とはその美しさだけではなく、それを作り上げた者が込めた想いに圧倒され、文字通り気持ちが揺さぶられるからなのではないかと思うのです。

 

表現できる喜びを、許せないものへの怒りを、裏切りへの憎しみを、愛するすべてのものへの想いを込めて。

 

 

誰より深く強いその想いが込められた歌声は、聴く者すべての耳に心に刻まれ、きっと二度と消えないことでしょう。


愛するものを失う悲しみを何度も経験してきた宗さん。彼の心の中では、まだ絶望の色が消えてはいないのかもしれません。けれどすぐそばにまだ、愛すべき大切なものがたくさん残っています。

 

離れずそばにいてくれる存在も、
 

 

かつての友たちも。

 


 

彼がまた血を流すことがあった時、手を伸ばしてくれる人は彼が思う以上にまだきっとたくさんいるのだと思うのです。

 

無限に広がる美しい箱庭のような頭の中の世界や、物言わぬ代わりに決して自分を裏切らない人形を愛し、自分の世界に閉じこもるのはとても心地いいことなのかもしれません。
けれど彼は、血の通わない人形ではなく、温かい『人間』というものと少しずつ心を通わせ始めているような気もしています。

 

 

もしかすると彼は傷つくことで、まだ己の目指す『完璧な世界』の道半ばであったことに何度も気づいてきたのかもしれません。それならば、もっともっと高いところにいける。
少しずつ糸を紡ぎ、ひと針ひと針編まれた美しいレースのように綻びのない完璧な世界を作り上げていく。それはきっと、まだまだ気の遠くなるような努力が必要になるのでしょう。

 

けれど、そう遠くない未来。
宗さんなら、すべてを覆い尽くしてしまうほどに圧倒的な、気高く美しい世界を作り上げて見せてくれるに違いないと思うのです。
彼の舞台を夢見るもののひとりとして、そう信じてやみません。
 

~HAPPY BIRTHDAY!SHU ITSUKI~

 

そんなこんなで宗さんBDスペシャルはここまで。
それでは次回の更新もお楽しみに!!☆.。.:*・°☆.。.:*・°


Text by たまお

あんスタ★プレイ日記

祝★斎宮宗BD!シェアしてね♪

お誕生日記事一覧へ

 

★★お誕生日特別企画★★

『あんスタ』ファンページでは、みなさんのお祝いメッセージを受付中!

なおメッセージはお一人で何回でも投稿できますので、宗さんへの熱い想いを書き込んでくださいね。お待ちしております!!
 

お誕生日特別企画へ

ファンページTOPはコチラ

 

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© Happy Elements K.K All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。