ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
あんさんぶるスターズ!

あんさんぶるスターズ!

Happy Elements K.K

iOS

Android

ゲームMENU

Happy Birthday!~11.02 Rei Sakuma~ 

※本記事には、ゲーム内のイベント等のスクリーンショットが含まれますのでご注意ください。

※本記事の無断転載を固く禁じます

 

『あんスタ』ゲームギフトファンページお誕生日企画!今日は二人が誕生日!

11月2日は朔間零さんのお誕生日!零さ~ん!お誕生日おめでとうございます!!

 

ゲームギフト『あんスタ』ファンページお誕生日企画では、

TOPページが期間限定の特別仕様!

・ここだけの壁紙も期間限定でプレゼント!二週目は新デザイン!

をお送りいたします。

お誕生日二回目のキャラは、特別に前回お届けした限定壁紙も復刻配信する予定です。詳細は後日!どうぞお楽しみに。

 

 

お誕生日記事一覧へ

 

朔間零プロフィール

 

 

CV 増田俊樹
学年/クラス 3-B
部活 軽音部(部長)
身長/体重 179cm/61kg
血液型 B型
誕生日 11月2日
実家の家族構成 両親、弟
お気に入り 学院の庭園
嫌い うるさい事
趣味 庭園の散歩
特技 ジャズダンス
キャッチコピー 夜闇を統べる魔王
説明 日光が苦手で日差しに当たるとダウンしてしまう、自称『吸血鬼』。『三奇人』のひとり。年寄り染みた言動で、学院の歴史にも詳しい。一年間留学していたため、三年生の中では最年長。凛月をとても可愛がっているが、本人からは嫌われている。ユニット『UNDEAD』に所属し、リーダーを務めている。

 

 

★零さんの魅力を(勝手に)語る★

 

零さんです。
おじいちゃん口調の自称『吸血鬼』にして、泣く子も黙る夢ノ咲学院の『魔王』。

 

 

彼がほんとうに『吸血鬼』なのかどうかの真偽は定かではありませんが、彼の物語を追いかけ二回目の誕生日を迎えたいま、新たにわかってきたことがありました。

 


♪♪♪

 

かつての彼は、学院の生徒会長にして絶対的な実力を持つ存在でした。
いまとは真逆の粗野な言葉遣いでありながら、人を思い、誰からも頼りにされ愛されたスーパースター。

 

 

そして彼をはじめとした、学院きっての実力を持つトップアイドルたち。彼らは『五奇人』として祭り上げられました。

仕組まれた奇妙な出会いではありましたが、それでも、天才だけが知る孤独や寂しさを分け合える唯一無二の友として、彼らは固い絆で結ばれたのです。

 

けれど、ここで起きたのはある意味『戦争』。高い高いところに掲げた椅子にいやおうなしに腰掛けさせられた彼らは、ある勢力に文字通り蹴落とされてしまいます。

 

 

大切な仲間を失ってしまった彼は、地位を捨て、口調も忘れ、表舞台から去ってしまいました。そのまま、夜の帳に身を隠すかのようにして。

 

 

♪♪♪

 

 

暗い棺桶の中に身を潜め、世界が寝静まった真夜中に目を覚ます。
愛する学院を、物語の『裏側』から長らく見守っていた零さん。でももう自分は舞台の上の登場人物ではないと、どこか一線を引くようにして。

 

 

どこまでも続くかのような暗い夜。そんな長い眠りについていた彼に、目覚めのときが訪れます。

 

 

怖いものなどない、怖いのは自分に負けることだと活き活きと飛び回る子どもたち。
かつての自分を見るような強い生命の光に、止まってしまっていた彼の『時間』が、愛すべき『学院』が、ゆっくりと動き出したのです。

 

 

同じ場所に留まりながらも、どこか他人事のように静かな時間を過ごしてきた。零さんは、まるで自分に言い聞かせるようにこう言います。

 

 

零さんは、自分を取り巻くすべてを広く見つめ、助けを求める者には手を伸ばし、優しい言葉をかけ守ってやろうとします。彼もまた、この上なく愛情溢れる人なのだと思うのです。
だからそんな彼が昔、すべての愛する人を救えなかったことは、胸の中でずっと消えない悔いとして残っていたのかもしれません。

 

 

彼の行動原理というか動く理由は常に、自分の利益でなく誰かのためのものであるように思えます。

 

 

再びその身を照らす眩しい光の中、弱い体を奮い立たせ、灰になってもいいとばかりに歌う姿は贖罪のようで、届けられなかった愛を今こそすべて届けようとするかのように見えるのです。

 

 

暗闇と静寂に慣れた体には、うるさくて少し億劫で、でもとても温かく心地いい時間。
ようやく訪れた幸福な時は、それでも、終わりがあります。
人より長い間見守ってきたこの場所を離れる寂しさは、甘い痛みとなって彼の胸に残り続けるのかもしれません。

 

 

離れがたい愛しい場所、でもだからこそ、まだここに残る子どもたちを信じてやること。

 

 

いつの間にか強く、大人になっていくかわいい愛し子たち。
「もうやれることはない」とこの場所を去るのは、かつて表舞台から降りた時とはきっと正反対の意味。

 

奇人と呼ばれた一人のアイドル。
けれど彼へのはなむけの言葉はこんなにも暖かくて、こんなにも愛が溢れています。

 
 
だっていまも昔も、みんなみんな零さんのことが大好きだから。彼がみんなを愛してくれるから、みんなもたくさんの愛を返してあげるのだと思うのです。

 

みんなの言葉や、零さんが人知れず流すであろう涙はきっと温かく、吸血鬼の冷たい肌を溶かして温めてくれるはず。
そうしていつしか、彼はほんとうの『人間』になるのかもしれません。
 

~HAPPY BIRTHDAY!REI SAKUMA~

 

そんなこんなで零さんBDスペシャルはここまで。
それでは次回の更新もお楽しみに!!☆.。.:*・°☆.。.:*・°


Text by たまお

あんスタ★プレイ日記

祝★朔間零BD!シェアしてね♪

お誕生日記事一覧へ

 

★★お誕生日特別企画★★

『あんスタ』ファンページでは、みなさんのお祝いメッセージを受付中!

また今回から、一周目で配布した誕生日壁紙を限定配信予定!詳細条件は後日発表いたしますので、どうぞお楽しみに(通常Verは『壁紙』メニューで配布中です)。

なおメッセージはお一人で何回でも投稿できますので、零さんへの熱い想いを書き込んでくださいね。お待ちしております!!

 

お誕生日特別企画へ

ファンページTOPはコチラ

 

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© Happy Elements K.K All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。