ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
ラストピリオド-終わりなき螺旋の物語-

ラストピリオド-終わりなき螺旋の物語-

Happy Elements株式会社

iOS

Android

ゲームMENU

こんにちは、ハラダMk-IIです。

 

人生で後悔したことってなんだろうと考えてみると、僕の場合あまり思い浮かびません。じゃあ順風満帆なのかと言われるとそんなことはなくて、大学は浪人して入って留年して出てますし、こっぴどく振られたこともありますし、中学生くらいにおねしょしたこともありますし、夢破れることもたくさんあった恥の多い人生を送っております。

 

そのわりに後悔することはあんまりなくてですね、それはたぶん「なるようにしかならない」と思ってるからなんですね。こういう理由があるからこうなったと割り切っちゃうんですね。いいのか悪いのかはよくわかりませんが…(笑)。

 

さて、謎の前置きを経て本題です。今回のイベント"嫉妬と羨望の先”は"後悔”がキーワードになった物語でした。

 

 

その中心となるのが、イベントバナーにも使われているアフェロラさん(引きました!)です。

 

▲大変攻めまくったコスチュームですね! よいと思います。

 

彼女は戦闘能力が高く、かつ"しっかりとした人”として登場しますが、じつは本編に登場するとあるキャラクターとのあいだに"後悔”するような出来事があった…というところが今回のストーリーで描かれております。

 

おもしろかったです。

 

アフェロラさんはいいキャラクターですね。強さも弱さも持ち合わせていて好感が持てます。ほとんどの人間ってこんな感じだよなって思います。彼女の過去の選択も、その後の行動に至った理由もすごく共感できます。何にも揺るがない鋼みたいな人って本当に特別だなと思います。

 

エピローグではいろいろと乗り越えたんだなということが伝わってきてとてもほほえましい気持ちになれました。あ、この人ってば意外な弱点がありまして、それがまたかわいーんだ。ぜひ暗闇でご一緒したい所存です。


『ラスピリ』はこうやってちょっとずつディテールが明らかになっていくのがいいですね。世界も人間関係も少しずつ明らかになっていく。

 

…と、まるでお茶でもしているかのような優雅な『ラスピリ』ライフをおくっているかと思いきや、全然そんなことはありません(笑)。

 

 

イベントを回しながらアート集めに勤しんでおります。

 

ゲオルギオス以外にもいろいろ集めといたほうがいいかなと思いまして、アートがドロップするクエストをちょいちょい回ってます。

 

ちなみにアート集めはギルバトにも役立つって知っていましたか?

 

ギルバトでは、相手ギルドが設定した防衛アートと戦うことになります。そして、そのバトルにおいてはPerfectガードが100%のダメージカット効果などを得られるので、理論上ガードが成功し続ければ絶対に勝てます。そのためアートの攻撃モーションを知っておくことは非常に重要なわけです。

 

うちもそうなんですが、とくに相手が設定してくることが多そうなゲオルギオスなんかは覚えておくと有効なんじゃないかなと思います。あ、書いてて思ったけど、そしたらガードがうまくいくこと前提で攻撃特化パーティーにしたほうがギルバトの回転がよくなりますね。何も考えずいつも使っているパーティーにしてたけど、これは再考の余地ありですね。

 

ってところで今日はここまで。

 

皆さま、我がギルド"キャッスルロック”が対戦相手になったらぜひ接待プレイをよろしくお願いします。

 

Text by ハラダMk-II

 

 

プレイ日記一覧はコチラ

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© Happy Elements K.K All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。