ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
あんさんぶるスターズ!

あんさんぶるスターズ!

Happy Elements K.K

iOS

Android

ゲームMENU

悪魔も魔法使いも舞い踊る…♪「リアクト★マジカルハロウィン」【第47回あんスタ★プレイ日記】

※本記事には、ゲーム内のイベント等のスクリーンショットが含まれますのでご注意ください
※本記事の無断転載を固く禁じます

 

たまおです。

先日、友人宅で『あんステ』の上映会をしました。
お酒を飲みながら観ていたのもあってか、このシーンのあたりからもう号泣っていうか嗚咽。

 

 

観終わって泣きながら拍手で「もう!この子たち最高!いくら払えば夢ノ咲を買い取れるのかしら!!」とか言ってました。(ただの酔っぱらい)

 

リアクト★マジカルハロウィン

 

それでは、第47回目のプレイ日記いってみましょー!

 

 

イベントカード紹介

今回GETできるカードはこちらとなっております。

(左側:開花前、右側:開花後のイラストです)

 

 

ライブ紹介

今回発生するライブはこちらです。

 

■通常:悪戯考案ライブ(タイプ:ダンス)

■特大:悪戯な子猫のライブ(タイプ:ダンス)

■通常:悪戯審査ライブ(タイプ:ヴォーカル)

■特大:お菓子と悪戯ライブ(タイプ:ヴォーカル)

 

※後半より

■通常:ライトな悪戯ライブ(タイプ:パフォーマンス)

■特大:甘い悪戯ライブ(タイプ:パフォーマンス)

 

■緊急:悪魔公爵のライブ(タイプ:パフォーマンス)

 

大変申し訳ございません…こちらのスクショを撮り逃しておりました…。

皆さま、お師さん、本当にすみません…。

 

 

★同時開催『スカウト!彩りオータム』★

 

イベントストーリーの前に、期間限定スカウトのご紹介です。
イベントで大いに力を発揮する特攻カードが手に入る「スカウト!彩りオータム」

 

スカウトカード紹介

今回のスカウトで手に入るカードはこちらになります。
(左側:開花前、右側:開花後)

翠くん、人気投票第1位おめでとう~!!

 

もう正直言って私の心の中では「みんな1位で、みんないい」と思っているし、誰が1位になっても良いのです。

しかし1位は翠くん本人が一番驚いてそう。このプレッシャーに打ち勝った時、君はきっとアイドルとしてひとつ階段を登るのですよ…(たぶん)。イケメンこのやろう!本当におめでとう!!

 

 

スカウトストーリー

今回のスカウトストーリーは結城由乃先生による全9話となっています。

 

商店街で行われる『オータムフェス』に実家の青果店が参加することになり、その手伝いに駆り出され大忙しの翠。そこで看板作りを皆に手伝ってもらうことに。

 

 

鉄虎に奏汰、颯馬に転校生までが参加し、皆で思い思いの『野菜のゆるキャラ』を描く。絵が得意な者や不慣れな者もいる中、どうにか看板作りは進んでいき…

 

 

 

たまお的スカウト見どころチェック

それではいつものように、個人的な見どころをご紹介。
ストーリー終盤までのスクリーンショットを載せている場合がありますので、未見の方はご注意くださいね。

 

※ただしイケメンに限る以外の何物でもない 
▲笑ってればその場が誤魔化せるなんてイケメンの特権だからね??

 

いいえ!か、奏汰先輩です!!

▲金の奏汰くんと銀の奏汰くんを見てみたい

 

五奇人って力持ちすぎませんかね…?

▲グランドピアノ運んじゃう零さんとか…

 

颯馬くんからうっかり『みずはのめ殿!』って声をかけられて

▲慌てふためく副会長が私は見たい

 

推しに対する気持ちってこんな感じですよね?

▲もうほんとこれ…。

 

水墨画・颯馬画伯

▲ちょっとかわいくして、鳥獣戯画みたいなイラストを描いてほしい

 

ここに弓弦さんも呼ぶべきだったと思うんですよ!

▲翠くんはみかちゃんとも気が合いそうな気もします
 

今回も特攻カード(のキャラクターカード)すべてをユニットに入れると、スキルが発動します。
※対象キャラをリーダーにする必要があります

 

今回のスキルは「カラフルベジタブル(Da13%UP)」です!
 

 

この準備の模様をドキュメンタリーDVDで販売したらめっちゃ売れそう

 

 

★「リアクト★マジカルハロウィン」イベントストーリー★

 

今回のイベントストーリーは、日日日先生による全14話となっております。

 

♪♪♪

大規模なS1【ハロウィンイベント】の季節がやってきた。

Switchは出演予定ではなかったが、同じ1年生たちや皆が楽しそうに準備をしているのを見て、宙はSwitchでもライブをしたいと先輩たちにお願いする。

 

 

ライブはSwitchとValkyrieの合同ステージに決定、準備に追われる面々。宗は思うところあってここのところみかへの態度を変えていたのだが、最近マドモアゼルの声が聞こえなくなってきたことを心配する。

 

 

みかには故郷から自分を慕う子どもたちが応援にやってくる。やけに自分に優しくなった宗を心配しつつも、完璧な舞台にすべく張り切るみか。

それぞれの思いを秘めたSwitch×Valkyrieの合同ステージ、果たして上手くいくのだろうか…?

 

 

 

★たまお的イベント見どころチェック★

 

さて、今回もイベントの見どころチェックです。いつものようにストーリー終盤までのスクリーンショットを載せていますので、まだ全部お読みでないない方はご注意くださいね。

 

みんなそうだと思うヨ…

▲宙くんの上目遣い、破壊力ありすぎだもの…

 

過去イベ!!待ってます!!!

▲一年前の渉にいさんの舞台ってことはあの人も出ているんでしょう!?ええ!?

 

それでも嵐ちゃんは

▲そつなく周りに合わせられる器用さがある人なのかなあと思います

 

光ちゃん…いい子に育って…(泣)

▲かわいくて裏方さんも気づかえるとか最高でしかないんですが

 

何度も言いますがこの二人かわいすぎませんか?

▲戦争も無くなるんじゃないですかね?

 

宗さんもエゴサとかするんでしょうか

▲しかし斧って!!

 

お誕生日記事書くときいつもこう思ってます

▲あと「ごめんポエムぶっこいちゃった…」とも思ったりしますがそうとしか書けないのですすみません

 

みかちゃんのふしぎなポーズ

▲みかちゃんに目の前でふしぎな踊りを踊られたら逆にレベル上がりそうな気がする

 

それ以上はダメだ!

▲会長が聞いたら笑いすぎて過呼吸になってしまう

 

ああもう最高すぎるこの衣装

▲去年も最高でしたが今年見ても最高すぎる。この二人は将来てっぺん取りますよ!

 

わかるよ零さん…

▲だってかわいいもんね…

 

なにかと厳しいガミさんが認めるとは

▲やはりSwitch、ただものではない(あと犬耳かわいい)

 

★ストーリーについて(勝手に)語る★

 

SwitchとValkyrieについて考えた

さて、今回は待望の(そして多くの方も期待していたであろう)Switch×Valkyrieによるハロウィンイベント。
まだまだ謎も多く、深掘りとまではいかないまでも今回描かれたこの2つのユニットについて思うところもありましたので、備忘録的に残しておこうかなと。

 

なおいつもの通り、以下は個人的な考察(というか今回は妄想に近いかも)になりますのでご了承ください。ご意見ご感想などはぜひTwitterまで…!

 

 

まずはSwitchから。
宙くんがこれまでより少しだけクローズアップされました。とはいえ、まだ見えないところの方が多いですね。
この子は共感覚の持ち主で、いままで「変わっている」と言われることが多かったようです。

 

 

でも、夏目くんやつむぎさんが居場所を作ってくれた。
そのままでいいんだよ、って認めて、宝物のように大切にしてくれた。だからここにいたいと思う、なにかをしたいと思う。

 

 

夏目くんはよく『まつろわぬ民』という言い方をしますが、『まつろわぬ』というのは『従わない』という意味です。
でも宙くんはきっとわざと周りと同じにならないのではなくて、同じに『なれない』子なんだと思うのです。言ってみれば存在自体が宇宙とつながっちゃっているというか、人間離れした存在。

 

『フィフス・エレメント』という映画があるのですが、私の中では宙くんはあの映画のヒロイン(リールー)をイメージさせます。
主人公のもとに文字通り空から降ってくるのですが、その実態は人間ではなく『エレメント』。
悪を滅ぼすキーとなる要素のひとつで、その存在こそが人類に平和をもたらすのです。まさに未来の象徴のような存在ですが、自分ひとりだけではなにもできないし、なにも起こりません。

 

一方夏目くんは、今回のお話を読んですごく地に足がついた子だなという印象を受けました。とても現実的というか、この子はすべてを周到に準備した上で『実際に動かす子』なのかなと。

 

 

道具や材料、役者が揃ったところでぱちんと指を鳴らすと、すべてが動き出す。明かりを灯す者というか、まさに『現在』なイメージ。

 

でもその存在は完璧なものではなくて、まだ未熟なところもある。
かつて彼は五奇人と呼ばれる『にいさん』たちによって守られました。あのつらい時期にはきっと生身では耐えられなかったと彼らに思われたからこそ、戦いの場から隠すようにして助けられたのだろうと。だから彼もひとりでは何もできないし、魔法を使うには火種も導いてくれる者も必要。

 

そしてつむぎさんは、『すべてを見る者』。彼はあの騒動の表も裏もどちらも、過去からいまにいたるまですべてを見てきている。その中で一貫しているのは『みんなを幸せにしたい』という気持ち。

 

 

時折けっこうびっくりするようなシビアなことを言うし、ものすごいリアリストだなと思うのですが、それは彼が傷つくことの本当のつらさを知っているから。
だからなにか間違いがあったときに、正してくれるのはこの人だと思うのです。二度と間違わない、と心に誓っているはずだから。

 

Switchというユニットは、宙くんが未来、夏目くんが現在、つむぎさんが過去、を象徴しているように思えます(これってどこかで言われてましたっけ…?)。
過去も今も未来もすべてに目を向け、すべてを幸せにする魔法をかけるユニットなのかなと。そう思うと、ユニットの立ち絵の指差しはそれを表現しているようにも見えますね…とこじ付け的に思ったり。

 

 

 

お次はValkyrieです。
今回は、少しこれまでのValkyrieとは違う角度での関係性が描かれました。
みかくんに冷たいことを言わなくなり、そして、マドモアゼルの声が聞こえなくなってきた宗さん。

 

 

つむぎさんも言ってましたが、これは普通に見れば『宗さんが大人になりつつあるから』。
マドモアゼルのセリフはすべて宗さんの中から出てきた言葉である以上、それが出てこなくなってきたということはそれが必要なくなってきたから、ということなんだろうと思います。

 

でも宗さんはこれまでにたくさん傷ついて、傷つくことはまだ怖いのだと思います。そんな宗さんを支えるのは、きっとこれまたたくさん傷ついてきたであろうみかくん。

 

 

みかくんもたくさん傷ついてきたけれど、宗さんとは逆で傷つくことはもう怖いと思っていない(痛みに鈍感になるくらいに)。
この二人は鏡というか同じところもたくさんあって、でも決定的に逆なところもある。その逆なところで、お互いが支え合っているような。これはValkyrieが新キャラとして発表になった当時、日日日先生からもコメントされていましたが、それがよくわかってきたような気がします。(昨年末の新キャラシルエット発表『ニコ生』記事はこちら

 

 

宗さんは天才だけれどひとりでは完璧にはなりえなくて、やっぱりみかくんがいて初めてValkyrieになる、戦えるし完璧になれるのだと思うのです。

みかくんは宗さんにとっては天使のような存在なのだろうなと思います。すべてを許して、なにがあろうと愛し支えてくれる存在。悪魔の衣装を着た天使なんて、なんともValkyrieらしいなあと思ったりしました。

 

 

イベント「リアクト★マジカルハロウィン」はすでに終了しておりますが、次のイベントも頑張りましょう~!

 

そんなこんなでプレイ日記第47回はここまで。
次回もお楽しみに☆.。.:*・°☆.。.:*・°

 

Text by たまお

 

プレイ日記一覧へ
あんスタファンページはコチラ

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© Happy Elements K.K All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。