ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
バンドやろうぜ!

バンドやろうぜ!

Aniplex Inc.

iOS

Android

ゲームMENU

極彩色の魂が奏でる音と世界。『バンドやろうぜ!』presents OSIRIS 2nd GIGS “Darkness”【ライブレポート】

 

たまおです。

 

「青春」×「バンド」リズムゲーム『バンドやろうぜ!』から飛び出し、快進撃を続けるリアルバンド“OSIRIS”。

 

ここ最近は月一以上のペースで精力的にライブを行う彼らが、2016年12月21日吉祥寺にて第2弾となる主催イベント「OSIRIS 2nd GIGS“DARKNESS”」を開催。今回はその模様をお届けいたします。

 

 

OSIRIS 2nd GIGS“DARKNESS”

開催日

2016年12月21日(水)

会場

吉祥寺CLUB SEATA

出演

凸凹凸凹 ‐ルリロリ‐

カヨコ

Lotus Juice

OSIRIS

 

 

凸凹凸凹 ‐ルリロリ‐/カヨコ/Lotus Juice

 

今回のイベントには、いずれも『バンドやろうぜ!』に関わりのあるバンドが出演。

 

トップバッターの凸凹凸凹 ‐ルリロリ‐はリアルバンド版Cure²tronでのGt.シェリー役やDr.ミント役のメンバーを有することでもお馴染み。『バンやろ』からはCure²tronの「ぐるぐるマジック」を披露。女性客からの声援には「本当に嬉しい!」と笑顔を見せ、キュートで元気いっぱいのパワーは会場を早くもヒートアップさせる。

 

 

続いて登場は、Fairy April楽曲提供のカヨコ。親しみある関西弁のMCとは打って変わった迫力の歌声と突き刺さるような感情が、聴く者を文字通り圧倒する。『バンやろ』からはもちろん、スピード感あふれるチューン「スリルを頂戴」を披露。
多彩かつ心に残る印象的なメロディの曲たちを駆け抜けるように演奏し、会場はさらに熱気を帯びていく。

 

 

そしてLotus Juiceが登場。ここまでのバンドとは構成が大きく異なる“ヴォーカル+DJ”という2人によるスタイル。いわゆるバンドサウンドとはまた違った意味で、思わず体が動き出してしまうようなグルーヴ感。『ペルソナ』シリーズからの楽曲や『ジョジョの奇妙な冒険』テーマソング、そして『バンやろ』からはFreezingの「Night Thinker Day Dreamer」を披露。最高にクールでありながら、ハッピーでピースフルなオーラが会場を包み込んだ。

 

 

 

OSIRIS

 

お馴染みの『バンやろ』テーマをBGMに、いよいよ大トリのOSIRISが登場。メンバーがポジションにつく間も絶え間なく歓声が上がり続ける。観客の期待が渦まくように会場を満たす空気の中、小林正典さん演じる高良京の言葉で演奏がスタートした。

 

「極彩色の魂を鳴り響かせよう――」

 

一曲目は「Into the Madness」。
おそらく、初めてOSIRISのリアルライブを観に来た誰もがまずその“音”と“画”に驚くはず。それまでの空気を一瞬で変え、完全にOSIRISの色に染め上げていく圧倒的な完成度の世界観。この世界に会場が急激に飲み込まれていく。

 

 

徐々に感情を高ぶらせていくようなメロディに包まれながら思う。高すぎるほどの歌唱力と表現による、“高良京は本当に存在する”と思わせられる説得力あるヴォーカル。堂々と、ひとりひとりを射るような目で見つめながら観客を音で煽るギターのレイ。ストイックかつ正確に、けれど秘めた情熱を感じさせるベースの真琴。そして後方から、ステージを丸ごと骨太の確かなリズムで支え、音の舵を取るドラムの進。本当にこれが、ゲームという二次元の中のバンドを元に結成されたメンバーたちなのだろうか?

 

 

「ありがとう」という小さなつぶやきを残し、続けざまに二曲目の「Desire」。序盤から疾走するサウンドに観客のボルテージもさらに上がっていく。隠せないほどの切なる思いを音にして会場を圧倒していきながら、京がもっと感情を吐き出せとばかりに片手を上げて観客を煽る。

 

 

「今日は来てくれてありがとう。楽しんでもらえてる?」激しいヴォーカルから一転した穏やかな声。大きな拍手と歓声に応え「良かった」と小さくつぶやくひとことに、多くの女性客から思わず嬌声が沸き上がった。

 

「ついて来い!」
重低音のベースから始まるOSIRISのファーストシングル曲「Voice」。口下手で感情を伝えることが苦手な京は、歌でその心の中の想いを表現しようと叫ぶ。炎は温度が上がれば上がるほど赤から白、そして青へと色を変えていくように、一見冷たく見える色彩の中にはこれ以上ないほどの熱い感情が込められている。青く照らし出されたステージから響く魂の“Voice”に、観る者の心までもが揺さぶられていく。

 

 

続く「Way of Light」は、郷愁と優しさを感じるOSIRIS異色のナンバー。京の“ある思い”が込められたこの曲では、まるで聴く者の頭の中にもそれぞれの懐かしく愛しい風景が思い浮かぶかのよう。激しいアクションはなく、時折見せる柔らかな笑顔が印象的だった。

 

ここでサプライズ、OSIRISから少し早めのクリスマスプレゼント。届けられたのは「12月のLove song(GACKT)」、「いつかのメリークリスマス(B'z)」のカバー2曲。
OSIRISのライブではこれまでにもさまざまなカバー曲が演奏されてきたが、そのたびに多彩な“色”を見せてくれることにあらためて驚かされる。これからの楽曲にも、ますます期待が膨らんだ。

 

 

そして早くも本編ラスト。「踊り狂え!『Bloody Masquerade』!」絞り出すような叫びとともに始まったのはOSIRISの中でも最も重厚なスピード感あるナンバー。激しくも耽美な音に、狂気をはらんだかのような目で観客を見据える京の熱いヴォーカルが絡み合う。真紅に染まった舞台はさながらドラキュラ伯爵の古城。聴く者はただ酔いしれ、自らその首筋を差し出すしかなくなるのだ。

 


鳴り止まぬアンコールの声に応え、再びメンバーがステージに登場。
話したいことがあるので心して聞いてほしい、と語り始めた京。本編を終えて緊張がやや和らいだのか言葉を噛んでしまい「しゃべるのは得意ではないから…」と照れ笑いし、会場中の女性たちから「かわいい!」の声がかかる一幕も。

 

「OSIRISとしてのリアルな活動が始まって半年、最初はお客さんも本当に少なかったんですが、こうしてたくさんの方が来てくれて僕らは本当に幸せです――」

 

そしてこの半年の集大成として、来年2月のワンマンライブ、さらに来年3月に赤坂BLITZで行われるBLASTとの2バンライブを発表。この日観に来ていたBLASTの東雲大和役の生田鷹司さんもステージに向かって喜びの声を上げ、会場内は割れんばかりの祝福の拍手が沸き起こった。

 

アンコールに演奏したL’Arc~en~Cielのカバー「Driver’s High」では、このまま一緒に駆け抜けよう、そして来世でまた会おう…ならぬ“来年また会おう”というOSIRISからのメッセージを感じた。

 

ラストは今回のライブタイトルでもある「Darkness」。
OSIRISらしいクールな曲でありながら、この日最後の曲を笑顔で歌う京。それはまるで歌うことが幸せで仕方がないというような表情に見える。闇に差す光のように、音楽には至上の喜びと希望がある。その光をともに追いかけたいと手を伸ばす観客たちの万雷の拍手と歓声に包まれ、この日のライブは幕を閉じた。

 

 

ライブとは、その場に居合わせた者にしか味わえない“瞬間”。その声が、音が、空気を震わせて音楽になり、聴く者の心に深く刻まれる。
ここでどんなに言葉を尽くしても、この空気を伝えることなどできないかもしれない。だからこそ、いま、いまこの世界を体感してほしい。京が、レイが、真琴が、進が、確かにここにいる。彼らの成長の物語がここにある。

 

来年行われる初のワンマンライブのタイトルは「GENESIS」。小さなところから本当に少人数の観客に見守られて始まり、とてつもない速さで勢いを増すOSIRIS。彼らなら予想を遥かに超える新たな「始まり」の瞬間を見せてくれるはずだと、そう信じてやまない。

 


Text by たまお

 

 

OSIRIS 2nd GIGS “Darkness”

【セットリスト】
Into the Madness
Desire
Voice
Way of Light
12月のLove song(GACKTカバー
いつかのメリークリスマス(B'zカバー
Bloody Masquerade

 

【アンコール】
Driver's High(L'Arc〜en〜Cielカバー
Darkness

 

OSIRIS 初ワンマンライブ “GENESIS”

日程
2017年2月10日(金)OPEN 19:00/START 19:30
会場
新宿Zicro Tokyo

詳しくは公式サイトにて

 

OSIRIS×BLAST 2マンライブ『バンドやろうぜ!』ドリームマッチ デュエル・ギグ

日程
2017年3月17日(金)OPEN 18:30/START 19:30
会場
赤坂BLITZ

詳しくは公式サイトにて

 

 

“初”の公式イベント~BANYAO fes~イベントレポはこちら

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© BANYARO PROJECT All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。