ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
パズル&ドラゴンズ

パズル&ドラゴンズ

GungHoOnlineEntertainment

iOS

Android

ゲームMENU

北斗の拳とコラボ企画第4弾開催決定!

ガンホーの『パズル&ドラゴンズ』より、ニュースが届いたぞ!


(以下、メーカーのリリースより)

 

オンラインゲームの企画・開発・運営・配信などをおこなうガンホー・オンライン・エンターテイメントは、「iOS」、「Android(TM)」および「KindleFire」端末向けにサービス中のパズルRPG『パズル&ドラゴンズ』において、以下の情報を発表した。

 

■大人気コミック『北斗の拳』とのコラボレーション企画第4弾を2017年1月9日(月)より開催決定!

 

新キャラクター登場に加えあのキャラクターが美しく究極進化!!

 

https://pad.gungho.jp/member/collabo/hokuto/161220_hokuto.html

 

概要

「iOS」、「Android(TM)」および「KindleFire」にてご好評いただいておりますパズルRPG『パズル&ドラゴンズ』にて、大人気コミック『北斗の拳』との待望のコラボレーション企画第4弾を2017年1月9日(月)より開催いたします。

 

『北斗の拳』は原作者・武論尊氏と漫画家・原哲夫氏により「週刊少年ジャンプ」にて1980年代に連載され、単行本の発行部数が全世界で1億部を超えるなど、大人気を博した作品です。


弱肉強食の世紀末を舞台に、北斗神拳の伝承者「ケンシロウ」が愛と哀しみを背負い、救世主として成長していく姿が描かれる
ハードボイルドアクションです。

 

本コラボより、「ケーン」と叫んでいる姿が印象的な「ケンを慕う少女・リン」が大人の姿となり、より美しく「天帝の子・リン」へと究極進化いたします。

 

▲「天帝の子・リン」究極進化後

 

また、コラボガチャには今回より新たに、「ケンシロウ」と激闘を繰り広げた修羅の国の支配者「カイオウ」が「新世紀創造主・カイオウ」へと究極進化可能なキャラクターとして登場し、「リン」とともに北斗の軍のリーダーとなる「バット」が進化可能なキャラクターとして参戦します。

 

▲「カイオウ」進化前

▲「新世紀創造主・カイオウ」究極進化後

▲「バット」進化前

▲「北斗軍のリーダー・バット」進化後

 

もちろん、北斗神拳の伝承者である「ケンシロウ」、世紀末覇者拳王を名乗る「ラオウ」、「トキ」や「レイ」など、『北斗の拳』の強敵(とも)達も再集結いたします。

 

尚、一部のキャラクターは、よりパワーアップしての登場となります。

 

さらに、期間限定で実施する「ランク50北斗の拳コラボガチャ」でも、コラボガチャ同様のキャラクターが的中します。


開催期間中に、ランクが50以上になると1度だけ届くゲーム内メールを開いて、強者揃いのコラボキャラクターの1体を、ぜひ獲得してください。

 

本コラボ期間中は「モンスター購入」で、究極進化が可能となった「リン」と、大変好評をいただいております「南斗最後の将」が入手可能となります。

 

「リン」は、究極進化した状態で2016年12月24日(土)より好評発売中の「月刊コミックゼノン2月号」からもAndroidユーザーに限り入手が可能です。

 

新キャラクターを迎え一段と強力になった強敵たちを手に入れ、『北斗の拳』の世界観に包まれたコラボダンジョンで次々と現れる暴虐の異端児「ジャギ」をはじめ、偽りの天才「アミバ」など悪名高き猛者達に打ち勝ち最奥で待つ拳王「ラオウ」に挑戦しましょう。

 

コラボダンジョンでは「カイオウデビドラ」など、コラボキャラクター達と同じスキルを持つ、コラボ「たまドラ」達をドロップすることがあります。


たくさん集めて、スキル強化を目指しましょう。

 

躍進を遂げた『北斗の拳』とのコラボ企画第4弾をどうぞお楽しみください。

 

【期間】
2017年1月9日(月)10:00~

2017年1月15日(日)23:59

 

▲「天帝の子・リン」究極進化後 能力詳細

▲「カイオウ」進化前 能力詳細

▲「新世紀創造主・カイオウ」究極進化後 能力詳細

▲「バット」進化前 能力詳細

▲「北斗軍のリーダー・バット」進化後 能力詳細

 

【『北斗の拳』とは】
「週刊少年ジャンプ」に1983年~1988年まで、原作・武論尊、漫画・原哲夫により連載された作品。

 

核戦争により文明社会が失われ、暴力が支配する世界となった世紀末を舞台に、北斗神拳の伝承者・ケンシロウが愛と哀しみを背負い救世主として成長していく姿が描かれている。


TVアニメや劇場版、脇役たちをフューチャーした外伝が作られるなど人気は高く、社会現象にまでなった作品。

 

▼公式サイト:
http://www.hokuto-no-ken.jp/index.html

 

▼コピーライト表記
(C)武論尊・原哲夫/NSP1983版権許諾証GW-114

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© GungHoOnlineEntertainment All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。