ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
レルムクロニクル

レルムクロニクル

Mobimon Inc.

iOS

Android

ゲームMENU

バレンタイン限定イベント前編開催!

Mobimon Inc.の『レルムクロニクル』より、ニュースが届いたぞ!


(以下、メーカーのリリースより)

 

Mobimon Inc.は、Android/iOS端末向けゲームアプリである軍記シミュレーションRPG『レルムクロニクル』において、2017年2月8日(水)よりバレンタイン限定イベントの前編である「魔法薬を求めて」クエストを実装した。

 

また、2体の新規キャラクター「ガーネット」&「ドロシー」をあわせて実装したことを発表した。

 

■バレンタイン限定イベントとは

 

期間限定で公開されるストーリーイベントです。

 

バレンタイン限定イベントの前編である「魔法薬を求めて」イベントをクリアすると、新たに「薬草集め」クエストが発生します。

 

発生したクエストをクリアすると「薬草」を入手でき、一定量と交換で精鋭召集状や神秘の炎・訓練の書(超)など、様々なアイテムを入手できます。

●ストーリー概要

 

魔法薬を精製することが得意なサロメは、いつもからかっているレイラやスカーレットが不在なため、退屈な毎日を送っていた。

 

そこに、羊のツノを生やした亜人の少年ガーネットが現れる。

 

彼いわく、親友の少女の病気を治す薬がほしい。

 

けれど、その少女はどれだけ探しても見つからないから、万能薬が欲しいという。

 

無茶苦茶な要求であるにも関わらず、彼の何気ない言葉にプライドを刺激されたサロメは、交換条件として非常に貴重な薬草を集めて来るよう彼に伝えた。

 

亜人の少年は薬草の在り処をなんとか聞き出し、危険な場所へ向かうために主人公達に警護を依頼するのだった。

 

■新規キャラクター2体登場!

 

バレンタイン限定イベントに登場する「ガーネット」のほか、愛と妄想を暴走させる死霊術師の少女「ドロシー」が新たにゲーム内に登場いたします!

●キャラクター「ガーネット」

 キャラクターストーリー

 

主人公の傭兵団の一員であるアッシャーは、目を覚ますと謎の地下室に自分が監禁されていることに気がついた。

 

誰がこんなことを、と思っていると、なんと現れたのは薬草探しを依頼してきた少年のガーネットだった。

 

一体何事かと思えば、アッシャーを霊能力者と勘違いし、行方不明になった親友の少女ベラを探してほしいというのだった。

●キャラクター「ガーネット」固定スキル

 

・大ツノ攻撃:

 隣接しているマスの敵単体に物理攻撃。

 

 撃退効果。鎧破壊・鈍足・強効果付与。

 

 後退させた位置で連携可能。

 

●キャラクター「ドロシー」

 キャラクターストーリー

 

彼女は何事にも興味津々!

 

たとえ自分の身が危険に冒されようが、人の秘密から世界の秘密まで、隠されたものが気になって仕方がない。

 

退屈だなと思っていたある日、主人公が拠点に入っていくのを見かけた。

 

間違いない、この匂いはなにか重大な秘密を持っている匂いだわ!

 

あぁ~ん、待っててねぇ~!

 

その秘密、暴いてあ・げ・る!

●キャラクター「ドロシー」固定スキル

 

・蝕まれる恋(ハート):

 隣接しているマスの敵単体に50%の攻撃力と100%の魔法攻撃力による物理ダメージ。

 

 腐蝕状態付与。連携可能。

 

・深淵の眼差し:

 射程3マス以内の単体に地属性の魔法攻撃。

 

 盲目状態付与。

 

●ピックアップガチャ登場期間

 2017年2月8日(水)メンテナンス後~

 2017年2月22日(水)13:00まで

 

■期間限定バレンタインパッケージ登場!

 

お得なアイテムを詰め込んだ、期間限定バレンタインパッケージの販売を開始いたしました!

精鋭召集状や神秘の炎・訓練の書(超)といった、プレイに役立つ貴重なアイテムが多数入っていますのでお見逃しなく!

 

●バレンタインパッケージ販売期間

 2017年2月8日(水)メンテナンス後~

 2017年2月22日(水)13:00まで

 

▽公式Twitterはこちら

https://twitter.com/RealmChronicle

 

▽公式サイトはこちら

http://rc.mobimon.co.jp/

このゲームでもらえるギフト

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© 2016 Sheena Games Ltd All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。