ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード

カジュアルゲームだけど本気度高め

2017年2月15日、都内でLINEとSoWhat(イマジニア子会社)による共同事業第一弾タイトル『LINE アキンド星のリトル・ペソ』の発表会が行われた。

 

SoWhat 代表の馬場一明氏のみならず、LINE 執行役員の鄭然喜氏、イマジニア 代表取締役社長の澄岡和憲氏らが駆けつけたほか、シークレットゲストも登場。カジュアルゲームながら今後の展開に気合を感じさせる発表会となった。その模様を実機でのプレイレポートと合わせてお届けする。

 

⇒事前登録は公式サイトから

 

誰でも遊べるゲームにしたかった

 

馬場氏はNHNJapan出身で、同社を退社後にSoWhatを設立。今作でもプロデューサーとして構想及び開発を担当しているとのこと。馬場氏からはゲーム内容及び、ゲームのポイントについての説明が行われた。

 

 

「LINEさんとやるということで、とにかくシンプルに、誰もが遊べるものにしたいと思いました。ルールや操作を難しくしてしまうと、それを理解できる人しか遊ばなくなってしまうので、プレイヤーが減ってしまいます。ですから、スマホを使っていれば誰でもできる”タッチ”。これだけで進められるゲームにしたいと思いました」(馬場)


その言葉通り、ゲーム進行のベースはタップのみ。ただし、そのなかに変化を持たせる工夫は盛り込まれており、プレイヤーを飽きさせない作りになっている。また、のちほどプレイインプレッションでも振れるが、じつは要素自体はそれほど少ないわけではない。"かんたんそう”に見せているところが最大のポイントかもしれない。

 

 

「遊んでみて「すごくおもしろい!」とは感じないかもしれません。でも、ずーっとタップしてしまうような中毒性はあるゲームになっています」という馬場氏のコメントもそういった細かい調整がうまくいった自信の現れかもしれない。

 

LINEゲームタイトル初のTVアニメ化!

 

イマジニア 代表取締役社長の澄岡氏からはなんとTVアニメ化の発表が行われた。これは配信前のオリジナルゲームとしては異例のことだが、LINEゲーム全体でも"単独タイトル”で"TVアニメ化”というのは初とのこと。

 

制作陣には『紙兎ロペ』の青池良輔氏を監督・脚本に。制作はファンワークスが担当する。

 

そして気になる声優陣は、主役のペソ役に演技派子役の原涼子氏、ルーブル役に江口拓也氏、マルク役に桜井敏治氏と豪華な配役が決定している。

 

 

 

そして発表会のシークレットゲストとして、青池、原、江口の三氏が登壇。収録時のエピソードなどを語ってくれた。

 

▲監督・脚本 青池 良輔

 

テーマがお金ということで、すごくシンプルで普遍的ですよね。これは自分がやらないとなと思いました。キャラクターがすごくかわいいので、自分のようなおじさんが動かしていいのかなとは思いましたが(笑)。(青池)

 


▲ペソ役 原 涼子

 

ペソがすごくかわいいので、役をもらえてうれしかったです。「やったー!」と思いました。ペソはセリフが「マイドー」だけなので、感情を表現するのが難しかったですね。(原)

 

▲ルーブル役 江口 拓也

 

オーディションでやったときから説明でまくし立てるキャラだったので、大変でした。ペソ様を守る役回りですけど、セリフの中に少しでもおもしろい要素が入ればなと思って演じました。早口は本当に大変ですけど、ペソさまがかわいいんでねー(笑)。見た目だけじゃなくて声が入るとすごくかわいいんですよ。ただただそれに引っ張られてやりました。(江口)

 

江口さんはメガネをかけていたので採用しただけなんですが(笑)。(青池)

 

ちょっと監督! 僕、もっとほかにあるでしょう!(笑)(江口)

 

メインキャストふたりの身長差がものすごいことになっていたが、終始原を気遣う江口の姿が微笑ましかった。

 

▲あと、江口さんイケメンすぎました…!

 

2017年春配信に先駆けて事前予約開始!

『LINE アキンド星のリトル・ペソ』は、2017年春の配信を予定しており、現在事前登録を受付中。LINE公式アカウントを友だち追加、Twitterの公式アカウントをフォローのどちらかで事前登録が完了する。

 

事前登録完了:おしゃれポイント×50

5万人突破:アバターアイテム(アクセサリ、トップス)&インテリア(マルクベッド、ルーブルテレビ、ペソチェア)

10万人突破:アバターアイテム(帽子、ボトムス)&インテリア(ドア、カーペット、クロス)

25万人突破:ルビー20個

50万人突破:住人ガチャチケット15枚&限定アバターセットアイテム

 

LINEならスタンプがもらえるし、TwitterならRTキャンペーンが実施されているので、両方抑えておくのが賢いかも。

 

⇒事前登録は公式サイトから

 

左からイマジニア代表取締役社長 澄岡和憲、ルーブル役江口拓也、ペソ役原 涼子、TVアニメ監督・脚本 青池 良輔、SoWhat 代表 馬場一明、LINE 執行役員 鄭然喜。※すべて敬称略

 

 

最速インプレッション

ノーストレスのタップゲーム

ゲームに詳しい人向けにひと言で言えばクッキークリッカーです。タップしてお金稼いで、放置してもお金を稼げる。そのお金で施設などを強化すると、さらにお金を稼ぐスピードが上がっていくというものですね。『ペソ』もそういうゲームなんですが、とにかく操作感が軽い。ロード中のクルクル表示はいっさい見かけませんでした。

 

 

そして馬場氏が狙っていたシンプルなゲーム性。さきほど、じつは要素は少なくないと書きましたが、UIや各要素の繋がりがいい(+軽い)ため、複雑さを感じずに操作できるんです。

 

 

結果、馬場氏が言うように、おもしろさとは別次元のところでプレイしてしまう感じは確かにありました。あ、かと言って、「おもしろくない」とはさすがに言いませんよ(笑)。キャラクターデザインや世界観、BGMなど総合的に見てちゃんと「おもしろい」のでご心配なく。

 

たぶんこれ、ほかの人と競うのも楽しいと思うんです。LINEプラットフォームで出すというのは、僕がこれまでプレイしたクッキークリッカー系と比べたときの大きなアドバンテージですね。

 

 

ただし、プレイの継続性があるかというという点ではまだ判断はできません。まあ、これだけ作り込まれたゲームですから、きっと続けてプレイしたくなる仕掛けを仕込んでいるのでしょうけど。

 

日常のストレスにならないゲームとして、本当に誰もが気軽に遊べるゲームになりそうです。自然にスマホに入っていて、とりあえず毎日起動する、みたいな。いきなりテレビアニメ化という点でも本気度を感じるし、楽しみな1本ですね。

 

Text by ハラダMk-II

 

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!