ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
あんさんぶるスターズ!

あんさんぶるスターズ!

Happy Elements K.K

iOS

Android

ゲームMENU

Happy Birthday!~3.5 Yuta Aoi~ 

※本記事には、ゲーム内のイベント等のスクリーンショットが含まれますのでご注意ください。

※本記事の無断転載を固く禁じます

 

『あんスタ』ゲームギフトファンページお誕生日企画!

3月5日は葵ゆうたくんのお誕生日!ゆうたくん、お誕生日おめでとう~~!!

 

ゲームギフト『あんスタ』ファンページお誕生日企画では、

TOPページが期間限定の特別仕様!
ここだけの壁紙も期間限定でプレゼント!

をお送りいたします。

 

お誕生日記事一覧へ

 

葵ゆうたプロフィール

 

CV 斉藤壮馬
学年/クラス 1-B
部活 軽音部
身長/体重 168cm/54kg
血液型 AB型
誕生日 3月5日
実家の家族構成 父、兄、猫2匹
お気に入り ヘッドホン
嫌い
趣味 音楽鑑賞、ライブごっこ
特技 シンクロ(水泳)
キャッチコピー 自分の輝きを求めるいたずらな月
説明 明るく元気な双子の弟で、兄のひなたより冷静で繊細。ひなたの愛情を受けつつも、自分だけの個性を望んで反発している。軽音部では零の小間使いとして使役されつつ、晃牙のなだめ役としてもしばしば。双子で組んだユニット『2wink』に所属。

 

 

★ゆうたくんの魅力を(勝手に)語る★

 

ゆうたくんです。
葵兄弟、双子の“弟”です。

 

ひなたくんの方にも書きましたが、このお誕生日のキャラ語りでは基本的に主役以外の固有名詞を出さないようにしています。でも去年も今年も、葵兄弟についてはそのルールを外して書きました。

 

それは双子だから、セットだからということではなく、彼らが生きるにあたって(少なくともいまは)お互いの存在を無視しては書けないということでこのような形になりました。もちろん単独でも楽しめるように書いたつもりですので、少しでもお楽しみいただければ幸いです。

 

 

双子というのは不思議なもので、生まれた日はもちろん時間もほとんど同じでも、生まれた順番…どちらが先かできょうだいの上下が決まるそうです。つまりゆうたくんは、ひなたくんのほんのすぐあとに生まれたということです。

 

そんなゆうたくんにとっての“自分より少しだけ先に生まれたお兄ちゃん”は、はじめはとても『頼もしい』存在だったのかもしれません。いつもその背中を追いかけて、その手をぎゅっと掴んでいた。

 

 

けれど、気づけばひなたくんは自分よりもずっと器用でできることも増えていて、好きなものも変わっていた。同じだと思っていたもうひとりの自分が、少しずつ自分とは違う存在になっていったんです。

 

ゆうたくんはまるで反抗期のように、ひなたくんと離れようとしました。それは傍から見ていてもすごく不安定で、ただ『お兄ちゃんが気に入らないから避けている』ようには見えませんでした。

 

 

同じ姿かたちでほとんど同時に生まれたはずなのに、どうしていつもアニキは自分の上をいくのだろう?もしも自分の方が先に生まれていたら、自分がひなたくんの“アニキ”になる。もしそうなっていたら、自分はあんな風になれていた?

 

生まれた順番が違うだけで守られる存在になってしまっていることへの不満とジレンマと、自分だって大切なお兄ちゃんを助けてあげたいという愛情。そんなものがぐちゃぐちゃになって、どうすればいいのかわからなくなっていたんじゃないかと思うのです。

 

 

双子ではない人が双子の気持ちをわからないように、ゆうたくんも“双子としての自分”しか知りません。そして彼もひなたくんと同じように、『人とは違う』という言葉に傷つき長く心を痛めていました。ひなたくんが自分を犠牲にしてまでゆうたくんを守ろうとしたように、ゆうたくんもまた、お兄ちゃんが離れていってしまうなら、自分こそがふたりを救わなければいけないと思っていたような気がするのです。

 

けれどこの学院で、そんな自分たちを受け入れてくれる場所を見つけた。
双子という存在は変わっているしふたりはよく似ていて間違われることもあるけれど、そんな変わったところも受け入れてくれる。“双子の片方”ではなくて、“葵ひなた”と“葵ゆうた”という存在を認めてくれる場所。

 

 

自分はまだまだ未熟でできないこともたくさんあるけれど、ここには助けてくれるみんながいる。ふたりぼっちだった自分たちもここにいていいんだって、弟を守るために犠牲にならなくたっていいんだよって、ようやくゆうたくんはひなたくんに自分の心からの願いを、思いを伝えることができたのかなと。

 

 

別々になる必要なんてない。それに、無理してひとつになろうとする必要もない。どちらかが守り守られるだけの存在じゃなくて、お互いがお互いを守って愛を与え合えばいい。“俺たち”は変わってるし、人とは違う。だけど、だからこそできることだってある。

 

 

そうしてくたびれたら、手を繋いで一緒に帰ろう。

 

 

これからは手を引いてもらうんじゃなく、一緒に並んで歩こう。並んで歩けば、どちらかが転んだってすぐに起こしてあげられる。だって自分はもう、泣いてお兄ちゃんの背中を追いかけているだけの自分じゃないんだから。

 

 

ここにいて良かったと、自分ひとりだけでなくふたりで生まれてきて良かったと少しずつでも思える自分になったから。そうやって大切なこの場所で、自分たちだけの幸せを見つけていけばいい。

 

 

太陽がたくさん与えてくれた光で、夜を照らす月になる。そうして夜が明ければ、また明るくてあたたかい陽の光が顔を出す。そうやってふたりでみんなを照らし続けていこう。

 

 

ゆうたくんは、やさしい月の光。
たくさんの愛を受け取って、そしてたくさんの愛を与えてあげる。そんな幸せがずっと続くことを信じて、そして知っているのだと思います。

 

そう、世界が終わるまで、ずっと。

 

~HAPPY BIRTHDAY!YUTA AOI~

 

そんなこんなでゆうたくんBDスペシャルはここまで。
それでは次回の更新もお楽しみに!!☆.。.:*・°☆.。.:*・°


Text by たまお

あんスタ★プレイ日記

祝★葵ゆうたBD!シェアしてね♪

お誕生日記事一覧へ

 

★★お誕生日特別企画★★

『あんスタ』ファンページでは、みなさんのお祝いメッセージを受付中!

なおメッセージはお一人で何回でも投稿できますので、ゆうたくんへの熱い想いを書き込んでくださいね。お待ちしております!!
 

お誕生日特別企画へ

ファンページTOPはコチラ

 

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© Happy Elements K.K All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。