ゲームギフト

GooglePlayで
ダウンロード!

ダウンロード

ゲームギフト

限定アイテム、事前登録、キャンペーンなど、ゲームにうれしい企画満載の「無料でもらえるゲーム情報メディア」

バンドやろうぜ!

バンドやろうぜ!

Aniplex Inc.

iOS

Android

ゲームMENU

「俺たちは互いに称え合ってる」『バンドやろうぜ!』ドリームマッチデュエル・ギグ@赤坂BLITZ BLAST vs OSIRIS【ライブレポート】

 

『バンドやろうぜ!』“ドリームマッチデュエル・ギグ BLAST vs OSIRIS”が、2017年3月17日、赤坂BLITZで行われた。

 

リアルバンド活動の会場としてはこれまでで最も大きく、ロックバンドの登竜門と言われる会場でのライブであり、初の“デュエル・ギグ”でもある今回のイベント。

 

 

会場に入るとまず目に飛び込んで来たのは、ステージに横並びで二台置かれたドラムセット。そこに、大和と京の影ナレに紹介されたメンバーたちが登場し、二つのバンドの全員がそれぞれの配置につく。

 

そしてフロア中の期待が最高潮に達する中、デュエル・ギグの火蓋は切って落とされた。先攻はBLASTの『Alternative』!

 

 

圧倒されるのは、はやる心臓の鼓動をそのまま音にしたように熱いBLASTのサウンドだけではない。一気にヒートアップして演奏に応えるオーディエンスの熱量が会場を包み込んでいくさまは、まさにこれまでで最も大きく広く、文字通り熱狂の“渦”のようだ。振り上げられたその拳の多くに巻かれた大和と同じ赤いバンダナは、さながらあちこちで燃えさかる炎のようにも見える。

 


 

一方OSIRISはというと、一緒になってリズムを刻んだり、タイマン勝負とばかりに演奏を始めようとしたり、客席を煽るように手を上げて歌を口ずさんだりするメンバーの姿が。普段はクールな表情の彼らが、ここではみな笑顔で心からステージを楽しんでいる様子に、冒頭から早くも感極まりそうになったファンも少なくなかったに違いない。

 

熱いオープニングに続き、後攻はOSIRISの『Darkness』。

 

 

その完成された世界観と演奏で、舞台を瞬時に塗り替えるのはOSIRISライブの真骨頂。弾けるように燃えていたステージを重厚な幕で包むように“OSIRISだけが魅せることのできる世界”に変貌させると、地鳴りのように沸き上がる歓声と熱気が会場を文字通り大きく揺らす。

 


 

ここでももちろん、BLASTもじっとしてはいない。あちこちでメンバー同士がアクションをしたり、ステージを所狭しと駆け回ったりする姿に、目が足りない!と思わされてしまうほど。そしてこの時、ステージ上の演者も、フロアの観客も、そしておそらくはスタッフでさえも、ここにいる全員が全力でこの瞬間を楽しんでいることが伝わってくるかのようで、図らずも涙が出そうになった。

 

 

休む間もなく、演奏は交互に『Objection』(BLAST)、『Into the Madness』(OSIRIS)と続く。序盤から畳み掛けるような演奏合戦の後のMCコーナーでは、先ほどまでの熱い演奏から打って変わった大和の親しみやすい口調のトークが場を和ませ、夢中で話し続ける大和に「少し、喋らせてくれないか…」と京が静かにツッコミを入れ、笑いが起きる場面も。

 

そして、この日のライブ―― “デュエル・ギグ”について二人が言う。

 

「デュエル・ギグって聞いて、二つのバンドがバチバチに戦うライブだと思っていた人もいるかもしれない。でも、俺たちは互いに称え合ってる。そうやってお互いがお互いを、観客のみんなを盛り上げながらいいパフォーマンスをして、それをさらに上回るものを出そうとしてる。今日は、そういう対決。それが“デュエル・ギグ”なんだ」

 

その言葉に、フロアから大きな大きな拍手と歓声が上がった。

 

 

ここでいったんOSIRISがステージから捌け、BLASTだけのステージが始まる。

 

「今日はライブで初めてやる曲もあるから、楽しんでください!」

 

BLASTでは珍しいスイング風サウンドが心地いい『Nightmare boogie』、切なさと儚さがひりひりと胸に染み入るような『Sparkler Song』、“ここで僕は歌う”という大和の思いがこちらの心まで届いた『songwriter』 と続き、ただ熱いだけではない、BLASTの楽曲の奥深さと確かな演奏力を感じさせた。

 

 

歌い終わった大和が小さく「ありがとう」と呟き、フロアに向かって深くお辞儀をする。その顔には、穏やかで優しい微笑みが浮かんでいた。 

 


感動的な余韻も束の間、一転して闇に包まれたステージに響く雷鳴の音。そして、閃光とともに姿を現したのはOSIRISのメンバー。

 

「さあ、宴の時だ。…踊り狂え!」

 

 

OSIRISによる狂宴のひとときは、『Bloody Masquerade』で幕を開けた。この曲でヘドバンデビューするファンもいるほどの熱狂振りが知られるようになった激しいナンバーが、超満員のフロアをまるで赤い海のように大きくうねらせる。続く『Way of Light』では一転して郷愁あふれるメロディーを、『Silent Crisis』では繊細でありながら力強いサウンドを聴かせ、曲ごとにさまざまな色、まさにOSIRISならではの見事な“極彩色”を広げていた。

 


ここで「OSIRISすげえな~!」と明るく声を上げる大和とともにBLASTのメンバーが再登場。OSIRISのメンバーもステージにそのまま残り、『バンやろ』ゲーム内のホワイトデーイベント特別楽曲が二曲続けて演奏された。

 

『Lullaby』(BLAST)では楽器隊同士があちこちで熱い演奏を繰り広げ、フロアから大きな歓声が上がる。

 

 

『Heavenly Breeze』(OSIRIS)では、京のハイトーンボイスが会場中を圧倒。ステージ上で座って歌に聴き入っていた大和が、ラスサビで思わず「(すげえ!)」と口を動かす姿も見られた。

 


 

「最後に、『最高だ』って俺らと叫んで帰ろうぜ!!」
本編、BLASTのラストナンバーは『Shout for life』。ハイテンションなサウンドにフロア中のオーディエンスが一体となって飛び跳ね、ありったけの声でステージに向かって叫び返す。

 

続くOSIRISの本編ラストは『Desire』。
「ついてこい!」「もっと!」
京が叫び、持てる力のすべてを出し切るかのような演奏とフロアからの歓声が轟音となって、会場すべてを大きく揺らし続けた。

 



あっという間の本編終了。ともに駆け抜け、一瞬燃え尽きたかのようにも見えたフロアから手拍子が上がり、次第に大きくなっていく。その思いに応えて再び登場した彼らがアンコールの最初に選んだのは、この日初めての“カバー曲”。

 

BLASTは「ギターの宗介が好きなPENGUIN RESEARCHってバンドの曲をやります!(大和)」と『敗者復活戦自由形』を、OSIRISはライブでも何度か披露され、お馴染みとなったシドの『モノクロのキス』を演奏。


そして、ここまででまだ演奏されていない彼らの曲。それはBLASTの『Dreamer』、そしてOSIRISの『Voice』。両者の“始まり”と言ってもいい曲だ。

 

その大切な曲たちは、二つのバンドが同時にステージにいなければできないこと――ツインドラムで、ツインベースで、ツインギターで、ツインヴォーカルで披露された。それは演奏も歌も、彼らの思いも、普段の二倍どころか何十倍にもなってオーディエンスに届けられたような、そんな気がした。

 

 

すべての演奏が終わっても、いつまでも鳴り止まぬ歓声と拍手。最後までステージに残った二人のヴォーカルは、笑顔でハイタッチを交わす。そして左右に別れ、ステージを後にした。

 

 


『バンドやろうぜ!』初のデュエル・ギグ。一見荒唐無稽にも思えるこのライブは、おそらくいろいろな意味で“挑戦”だったのだろう。けれどこの日は、“ゲーム発のライブ”という視点がまったく無駄に見えるほど、純粋に音楽の、ロックバンドのライブとして大きな成功を収めたように思う。この日生まれた感動や喜びの瞬間は、すべてのジャンルやカテゴリを超えて、間違いなくここでしか体験できなかったもの。だからこそ、いつか必ずまた観せてほしい。そしてこの感動を、もっともっと多くの人に届けてほしいと思う。きっと来ると信じるその日が、いまから楽しみでならない。

 

 

ドリームマッチ デュエル・ギグ@赤坂BLITZ BLAST vs. OSIRIS セットリスト

Sure Shot/BLAST&OSIRIS BAND
Alternative/BLAST
Darkness/OSIRIS
Objection/BLAST
Into the Madness/OSIRIS

Nightmare boogie/BLAST
Sparkler Song/BLAST
songwriter/BLAST

Bloody Masquerade/OSIRIS
Way of Light/OSIRIS
Silent Crisis/OSIRIS

Lullaby/BLAST
Heavenly Breeze/OSIRIS
Shout for life/BLAST
Desire/OSIRIS

 

-Encore-
敗者復活戦自由形/BLAST(PENGUIN RESEARCHカバー)
モノクロのキス/OSIRIS(シド カバー)
Dreamer/BLAST&OSIRIS
Voice/BLAST&OSIRIS
 

 

出演

BLAST

Vo.東雲大和/演:生田鷹司

Gt.巻宗介/演:堀江晶太

Ba.佐伯翼/演:神田ジョン

Dr.白雪徹平/演:新保恵大

key:柴﨑洋輔

from PENGUIN RESEARCH

 

OSIRIS

Vo.高良京/演:小林正典

Gt.レイ・セファート/演:瑠

Ba.来栖真琴/演:さっしー

Dr.小金井進/演:バタヤン

 

 

 

プレゼント企画

 

ゲームギフト編集部@たまおTwitterアカウント(@gamegiftfg)をフォロー&本記事の告知ツイートをRTいただき、さらに下記のアンケートにお答えいただいた方の中から抽選で2名様に生田鷹司さん・小林正典さんのサイン色紙をプレゼントいたします!

 

 

応募受付は2017年5月7日(日)23:59までとなります。たくさんのご応募をお待ちしております!


Text by たまお

 

アンケートはこちらから↓

プレゼント応募(アンケート)はこちら

『バンやろ』記事一覧はこちら

『バンやろ』ファンページTOPはこちら

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© BANYARO PROJECT All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。