ゲームギフト

GooglePlayで
ダウンロード!

ダウンロード

ゲームギフト

限定アイテム、事前予約、キャンペーンなど、ゲームにうれしい企画満載の「無料でもらえるゲーム情報メディア」

バンドやろうぜ!

バンドやろうぜ!

Aniplex Inc.

iOS

Android

ゲームMENU

OSIRISワンマンツアー“The Arc-light of the sky”@Shibuya WWWX 4.14【LIVE詳細レポート】

※本記事の無断転載を固く禁じます。

 

OSIRIS初となる東名阪ワンマンツアー“The Arc-light of the Sky”。今回は、2017年4月14日ShibuyaWWWXで行われた初日ライブのレポートをお送りする。

 


これから始まるライブへの期待で超満員のフロアがざわめく中、静かに京の声が響きだす。それは、いまこの時を共に過ごす仲間と、この場にいるすべての人たちへ感謝を捧げるモノローグ。そして記念すべき初のツアー、初日のライブは「Silent Crisis」で幕を開けた。

 

 

ライトに照らされた4人の衣装は、これまでのメインビジュアルのものから今回のツアーのために描き下ろされた新規ビジュアル(画・さらちよみ氏)のものに変更。黒を基調にしたスタイルは変わらないが、中に着ているのはお揃いのツアーTシャツ。この日から一部メンバーの変更もあり、さながら“新生OSIRIS”といった様相だ。

 

続けざまに進のカウントから走り出すベースライン、「ついてこい!」と力強く叫ぶ京の声で始まった2曲めは「Voice」。待ってましたとばかりに拳を振り上げ歓声を上げるオーディエンス。レイと真琴もフロントに飛び出し、アクティブに跳ね回る。

 

京が「いまここにしかない瞬間を、一緒に楽しみましょう」とつぶやき、曲は一転して郷愁あふれるナンバー「Way of Light」へ。静と動、熱く激しい曲と叙情的な曲、そのどちらでもこうして瞬時にその場の空気を塗り替えてしまうのがOSIRISの魅力なのだ。

 

 

続いて披露されたのはカバー曲「誘惑」(GLAY)。キャッチーなメロディーに盛り上がるオーディエンスに向けて京がキスを飛ばすアクションを見せると、飛ばされた方角に小さな爆発のような歓声が上がる。「Vampire」(Janne Da Arc)では、官能的な歌詞や元曲のライブでのアクションが有名な人気曲とあり、オーディエンスの反応もひときわ大きい印象だった。

 

京がいったんステージから捌けると、レイ・真琴・進の3人によるラウドなインスト曲「Demon Walk」が始まる。完全オリジナルである本曲は、3人の確かな演奏力を目の当たりにして、誰もが“OSIRISはこのメンバーだからこそ”と感じるナンバーなのではないかと思う。

 

 


 
続いてこの日初披露となる新曲「Cross Wish」。ゲーム後半の重要なエピソードをテーマにした本曲は、静かに、けれどどこまでも遠くへ届きそうな京のヴォーカルが心に響くナンバーだった。

 

 

その後のMCでは3月に行われたBLASTとの2マンライブ“デュエル・ギグ”の話題に。「正直に言うと緊張したけれど、本当に楽しかった」という京に、オーディエンスが大きな拍手で応える。そして、ここでそのBLASTの「Dreamer」カバーを披露。このサプライズは大きな歓声で迎えられ、あの日の感動を思い起こさせるような熱い演奏が、ほかのカバー曲とはまた違うステージと観客との一体感を見せてくれた。

 

 

続けざまに披露された「GLAMOROUS SKY」(HYDE)では、「みんな歌って!」と笑顔で語りかける京に、オーディエンスから歌声と手拍子が上がる。そして、一転してヘビーかつエモーショナルな「Into the Madness」で再び色を変え、本編ラストで「Bloody Masquerade」を投下。 “熱狂”や“狂乱”といった言葉だけでは表現できないほどフロアのボルテージを上げつくし、絶叫にも似た歓声を受けながら、4人はステージを後にした。

 

 

アンコールを受けて少しだけリラックスした様子のメンバーが再登場すると、それぞれの名前をコールする声が鳴り止まぬほどの盛り上がり。京が「2マンライブでも言ったけど、『目線が合ったかも』って思った人は本当に合っているから」と告げ、その横でレイが両手で小さくハートのマークを作るとフロアから大歓声が。その声に思わず照れるレイに、さらなる大きな歓声が上がる一幕が見られた。

 

挑発的な京の「Are you ready!?」のセリフで幕を開けたアンコールの一曲目は「READY STEDY GO」(L’Arc~en~Ciel)。疾走感あるナンバーに、再びフロアが瞬時に熱を上げる。

 

 

そして、ここでこの日いくつめかの“初の試み”として、メンバー紹介ののち、これまで京役の小林のみが務めていたMCを「メンバーに振る」サプライズが。さっそくレイ役の瑠に「今日のライブはどう?」と声をかけると、「めちゃくちゃ楽しいです…」と聴こえるかどうかの小さな声の返答。演奏時とは打って変わってのシャイな姿に黄色い声援が上がる。

 

続いて話を振られた進役のバタヤンが、大きな声でフロアに向かって「男―!」「女―!」「それ以外―!」とコールすると、すべてに大きなレスポンスが。「そんなにいるのかよ!(笑)」と、テンポよく笑いを取るさすがのバンマスぶりを見せてくれた。

 

真琴役のカゴメはと言えば一番加入が新しいこともあってか、小林曰く「まだリハでもあまりしゃべらないもんね」ということで、この日は3人を静かに見守る様子。不思議なことに“中の人”になってもOSIRISらしさがにじみ出ているかのような4人に、観客も大きな声援と拍手を送っていた。

 

 

そして和やかな空気を再び塗り替える熱いナンバー「Desire」に続き、この日のラストに披露されたのは「Darkness」。最後のパワーを振り絞るように演奏され、歌い上げられた一曲に込められた彼らの“想い”は、確かな形となってオーディエンスに届いたに違いない。

 

 

すべての演奏を終え、ステージに残った京が「今日は本当にありがとう!ここから7月7日のファイナルまで駆け抜けていくので、ついてきてください。必ずまた会いましょう!」と感謝の言葉で締めくくり、ツアー初日のライブは幕を閉じた。


いよいよスタートした“The Arc-light of the sky”ツアー。
彼らがライブのたびに生み出す感動は、聴く者の心を照らす光となる。そんな無数の輝きは、いつしか夜空を覆い尽くすほどの大きな星座となるのだろう。七夕の日のファイナルに向けて、その姿を追っていきたいと思う。

 

 

OSIRIS

Vo.高良京(演:小林正典)

Gt.レイ・セファート(演:瑠)

Ba.来栖真琴(演:カゴメ)

Dr.小金井進(演:バタヤン)

 

 

OSIRIS東名阪ワンマンツアー“The Arc-light of the Sky”

4月14日(金)ShibuyaWWWX

5月18日(木)、19日(金)梅田Zeela

6月14日(水)、15日(木)名古屋ell.FITS ALL

7月7日(金)CLUB CITTA'

 

詳しくはこちら→http://www.banyaro.net/live/?id=43266

 

プレゼント企画

 

ゲームギフト編集部@たまおTwitterアカウント(@gamegiftfg)をフォロー&本記事の告知ツイートをRTいただき、さらに下記のアンケートにお答えいただいた方の中から抽選で1名様にOSIRISメンバーのサイン色紙をプレゼントいたします!

 

▲余談ですが、真ん中のOSIRISロゴはバタヤンさんが描いてくださいました。文字のアタリを付けた以外は下書きなしのほぼ一発書き。デコレーションは見事な多弁花ですね…!

 

応募受付は2017年5月28日(日)23:59までとなります。たくさんのご応募をお待ちしております!

 

Text by たまお

 

アンケートはこちらから↓

プレゼント応募(アンケート)はこちら

『バンやろ』過去のライブレポなど記事一覧はこちら

『バンやろ』ファンページTOPはこちら

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© BANYARO PROJECT All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。