ゲームギフト

GooglePlayで
ダウンロード!

ダウンロード

ゲームギフト

限定アイテム、事前予約、キャンペーンなど、ゲームにうれしい企画満載の「無料でもらえるゲーム情報メディア」

幻獣契約クリプトラクト

幻獣契約クリプトラクト

Bank of Innovation, Inc.

iOS

Android

ゲームMENU

キャラクター人気投票・第9回開催!【キャラ紹介編】


毎度おなじみ『幻獣契約クリプトラクト』の恒例企画、好きなユニットランキングを決定する人気投票の第9回開催に向けて、新規エントリーキャラをまとめてご紹介!

今回は自傷効果付きのスキルや、複数の効果を兼ね備えた便利スキルを持ったユニットが多数登場。扱いやすさでは既に高いレベルにある、新世代ユニットの皆さんがこちら!

 

[名も無き天使]セリポス

状態異常回復効果付きの全体回復スキルと、さらには蘇生スキルがセットになった、一家に一台パーティに1人は欲しい回復のスペシャリスト。

ステータスはやや控えめだが、それだけに特殊能力の多さが光る。飛行に1の祝福、オマケに再生と来れば、ステータスとのトレードオフとは言いつつも、十分にお釣りが来るレベル。

加えてリーダースキルで攻めと回復の両方で貢献できる、神タイプに相応しい実力を秘めたユニットだ。

 

[異才の乙女]アテナ

2回行動の特殊能力を持つ、スピードに優れたアタッカー候補。

スキル2の連続攻撃技は味方全体のスピードアップという珍しい効果が付属しており、その上昇割合は下手なリーダースキルよりも高いという便利な技。

さらにリーダースキルは4属性以上編成と場面が限定的ながら、スピード35%アップという高い上昇率を誇る。サブアタッカーとして編成するだけでも、かなりの戦力アップに繋がるユニットだ。

 

[一族の勇]ヘラクレス

Power is EVERYTHINGなユニット…かと思いきや、自前でのCT短縮も可能な、用途の広いアタッカー。

なんと言ってもその特徴は、スキル2でのCT短縮効果。本人もスキル1のCTが重めなので実に見事に噛み合っており、防御無視の超倍率技をさらに効率良く叩き込めるのがポイントだ。

リーダースキルも対象を問わず攻撃力を30%アップさせるシンプルだけど嬉しい効果で、攻撃力とCTの両方に絡むことのできる、ダメージ効率に特化したユニットだ。

 

[土星の子]ディオネ

世にも珍しいCT遅延効果付きスキルを持つ、敵の攻撃効率ダウンに特化したユニット。

フォーススキル両方にCT遅延効果が付属しており、単体or全体の使い分けもできる。遅延効果の付与確率が微妙に違うので、対人戦においてはかなりのプレッシャーを与えることが可能だ。

リーダースキルによってスピードも強化できるため、対人戦で遭遇したくないタイプのユニットである。

 

[海王星の子]リーベル

攻撃と回復の両方での貢献が可能な、万能型の魔法戦士といった趣のユニット。

スキル2の蘇生技は自傷効果付きながら、本来アタッカーを張れるユニットが蘇生即全回復スキルを使用できるというのはかなりのメリット。

さらには2回行動の特殊能力に加えて防御無視の連撃スキルもあり、アタッカーとしてもサブヒーラーとしても、
縦横無尽の活躍が期待できるユニットだ。

 

[天王星の子]ポーシャ

高いステータスとバフ剥がし技を併せ持つ、捨てスキルのない高性能なアタッカー。

特にスキル1のバフ剥がし技はCTが少々重いものの倍率が高く、もともとのリーダースキルもあって単なるバフ剥がしに留まらない、高火力の主力スキルだ。

素のステータスはHPを中心に全体的に高く、オマケに特殊能力で3つキラー系を所持しており、状況によってはさらなる戦力アップも見込める、非常にポテンシャルの高いユニット

 

[剣術秘書官]アンジュ

攻撃力とスピードの両方が2000オーバーという、圧倒的なステータスが特徴のユニット。

本ユニットのポイントは、やはり2つの防御無視連撃スキル。微妙に倍率が低いように見えるが、リーダースキルで補正が受けられるため、見た目の数値よりも高い威力を持つ。

ついでにアタッカーに嬉しい2回行動の特殊能力も備えており、メインアタッカーとして据えるにはこれ以上ない高いスペックを持つ、優秀なユニットだ。

 

[熱血領主]ロルフ

攻撃と味方の援護を同時かつ一瞬で行える、新しいタイプの万能型ユニット。

スキル1は自傷効果付きの全体回復+単体攻撃、またスキル2は自傷効果付きの全体攻撃アップ+全体攻撃と、1つのスキルに様々な効果がセットになっているのが最大の特徴。

どちらもCTが長めだが特殊能力・闘争本能のおかげで短縮も可能という、攻撃・回復・バフの3役を器用にこなす、新世代型の万能ユニットだ。

 

[秘書官の微笑]オリヴィア

今回のエントリー勢の中では比較的シンプルなスキルを持つ、回復役兼デバッファー。

シンプルといっても弱いわけではなく、スキル構成はむしろ凶悪。​攻撃力40%ダウンのデバフ技に加え、状態異常回復+全体回復スキルで、僅かな傷も見逃さない鉄壁の防御が可能だ。

さらには闇属性からのダメージを軽減するリーダースキルによって、対闇属性戦闘ではパーティの耐久力を大幅に引き上げることもできる、使い所が分かりやすいユニット。

 

[神子]ティアナ

高いステータス、強力なスキル、優秀な特殊能力が揃った、今回のエントリー勢では屈指の強ユニット。

特に目を引くのはスキル2の防御無視連撃。HP量によって威力が変わる珍しい特徴があるのだが、なんとこのユニット、スキル1の自傷効果を使って自前で威力を調整できるのだ。​

その爆発的攻撃力のカギとなる、スキル1に至ってはまさかのCT0。自前でHPとCTを減らしながら超倍率技を叩き込み、しかも1の祝福で自傷効果のデメリットにも対処可能という、恐るべきユニットである。

 

[光の司教]カナン

攻防速のMAXが全て1999で同じという、珍しいステータスが特徴。

スキル1・スキル2共に連撃技であり、特にスキル2は自身に毒付与というリスクを含む強力な全体連撃技。防御無視のスキル1が主力にはなるだろうが、全体連撃の切り札感も非常に頼もしい。

また闘争本能[強]の特殊能力を所持しており、これらの連撃技の回転率をさらに上げることも可能だ。今回のエントリー勢でもっともクセの強いユニットである。

 

[闇の司教]ジャンナ

恐ろしげな二つ名とは真逆を行く、回復に特化したスキル構成を持つパーティの回復役候補。

スキル2は特に強力な蘇生技で、全回復付きなのが嬉しいポイント。自傷効果付きではあるが、蘇生即全回復の威力に比べれば非常にリーズナブルな出費だろう。

そのほかスキル1の全体回復スキルは取り回しに優れ、さらには特殊能力・1の祝福を備える、シンプルだが絶大な力を持つヒーラーだ。

 

[碧き蠱惑]アスタロト

対象が限定的だが破格の効果を持つリーダースキルと、自傷効果付きのフォーススキルが特徴。

特にスキル1は防御無視の高倍率技で、CTも抑え気味の主力スキル。素の攻撃力も高いので、パーティのアタッカーとして相応しい性能を持つ。

自傷効果の割合がやや気になるが、回復役さえ用意すればその実力は十二分に発揮できる。特殊能力も優秀なものが揃っているので、ある意味、プレイヤーの編成力が試されるユニットだ。

 

[喪時の少女]ルクレツィア

ついに出た闇堕ち版…もとい、人気キャラ・ルクレツィアの幼女版小型高性能版

相変わらず使いやすいリーダースキルに加え、フォーススキルはノーマル版から倍率が上がっており、ほとんど同じ感覚で使っていけるのがポイント。

どちらのスキルも自傷効果が付属しているのは少々気になるところだが、スキル1に限って言えば全体回復効果付きなので、ほぼデメリットなしというのが大変オイシイ。

ちなみにCVはノーマル版と同じだが、こちらは少女っぽく聞こえるようにちゃんと演じ分けている。すごい。

 

[学究の徒]ニコラテス

低攻撃力と鬼のように高いHPが同居する、ピーキーな特徴を持つキャラクター。

スキル1はいわゆるギガバフ技だが、自身に麻痺を付与するという珍しいデメリットを含む。そのぶんCTが非常に短く、これだけ連打してても十分役に立つのが恐ろしいところ。

また再生の特殊能力のおかげで高HPも生きるため、そうそう倒れることもない。本人が戦うよりも味方をフルに援護したほうが強力な、面白い性能を持つユニットだ。


毎度のことながら、今回も何かと新しいスキルや効果を備えたユニットが多い。特に[熱血領主]ロルフに至っては、技のデパートどころかスキルのハッピーセットみたいなとんでもない器用さである。

旧世代ユニットにとってはちょいと分の悪い勝負かもしれないが、あくまでこれは人気投票。積み上げた人気か、新しいスキルか、新旧対決の行方や如何に!?

また今回も、☆5は欲しいユニットランキング上位キャラのみ登場するガチャの実装が予定されているぞ。結果発表をお楽しみに!

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© Bank of Innovation, Inc. All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。