ゲームギフト

Google Playで
ダウンロード!

ダウンロード
ブレイブ フロンティア

ブレイブ フロンティア

株式会社エイリム

iOS

Android

ゲームMENU

ユニット制作のデザイン工程を公開!

ゲームギフトで連載中の『ブレイブ フロンティア』4コマ漫画『新米召喚師モアさん』が2017年4月21日に連載100回目を迎え、それを記念して4コマ漫画発のオリジナルユニットの制作が発表された。

 

まとめ読みは公式サイトで

 

番外編と最新話はゲームギフトで

 

オリジナル実装日などの詳細は今後のブレ生で発表される予定となっている。そして本記事は、ブレ生前にその情報を少しでもお届けしたい、というもの。

 

前回は原作者のモア先生を筆頭に、関係者のコメントと原画イラストを公開したが、今回はその原画が実際のユニットになるまでのデザイン工程の一部を公開。『ブレフロ』開発チームのデザイナーから、各工程におけるポイントも教えてもらえた。

 

いずれもなかなか目にすることのない状態のイラストばかりなので、『ブレフロ』ファンならずとも必見だ。

 

■前回の記事もチェック

『ブレフロ』オリユニ制作ウラバナシ-その1-

 

原画

 

ラフ1

デザイナーメモ

・キャラクターは、素体でポーズをとらせるところから始めました。(私自身が骨格とかポーズとか苦手でしたので…)
・悪魔のクリーチャーは、原画からヤギ要素が強いのが分かりましたので、ヤギの頭蓋骨の写真を見ながら、人っぽさを混ぜたりして進めました。

 

ラフ2

ラフ2(線画)

デザイナーメモ

・線と色を交互に入れていきました。

・線だけだと形のイメージが湧きにくいところは、先に色を置いて良さそうな形を探しつつ、形が決まったところからザックリ線を入れました。

 

ラフ3

デザイナーメモ

・クリーチャーの体や奥の腕などを描いてみたくなったので、この段階では足してあります。

・キャラクターは色がまだ決まっていなかったので、どんな色が良いか試しながら決めて行きました。

・クリーチャーは、肉片や筋など少しついてても面白いかと思いましたが、最終的には普通に骨にしてあります

 

ラフ4

デザイナーメモ

・原画のイメージを尊重しつつ、装飾など少しディテールを加えました。

・クリーチャーは少し大きかったので縮小。印象を見たかったので大きな陰影やエフェクトもつけてみました。

 

ラフ5

デザイナーメモ

・ラフ4を社内で見てもらったところ、「キャラクターとクリーチャーが重なって見えにくい」、「クリーチャーの右腕があると全体が大きくなりすぎる」などの指摘がありましたので、クリーチャーはここで最初の原画と同じ形になりました。

・キャラクターの瞳孔が小さかったので、ブレフロのほかのキャラクターに合わせて少し大きくしました。

清書1(キャラ線画)

清書1(クリーチャー線画)

デザイナーメモ

・最初に線画を清書しました。

・ラフの段階で省略していた線なども加えていきました。

 

清書2(キャラ)

清書2(クリーチャー)

デザイナーメモ

・陰影をくっきりさせるところはさせ、滑らかにするところはきちんと滑らかにする案件ですので、そこを意識して進めました。

・個人的には、ユニットの塗りはくっきりしたイメージが強いので、先にアニメ塗りのようなベタ色を置いてから進めたのですが、フラットな面でも単調に見えないよう、うっすら色や半透明のグラデを入れるなど意識しました。(完成絵を見ると、だいぶアニメ塗りの場所は消えていますが)

 

このふたつが組み合わされば晴れてユニットの完成…!と、盛り上がってきたところで公開できるのはここまで。

 

実際のデザインは2017年5月21日21時からのブレ生で発表される…かも!?

 

ブレ生公式ページはコチラ

このゲームでもらえるギフト

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© Alim Co., Ltd. All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。