ゲームギフト

GooglePlayで
ダウンロード!

ダウンロード

ゲームギフト

限定アイテム、事前登録、キャンペーンなど、ゲームにうれしい企画満載の「無料でもらえるゲーム情報メディア」

キングスナイト -Wrath of the Dark Dragon-

キングスナイト -Wrath of the Dark Dragon-

株式会社 スクウェア・エニックス

iOS

Android

【キングスナイト】蘇るフォーメーションRPG、今度はスマホで3Dアクション!

2017年7月6日
2,000人先着で先行プレイ開始!!
※プレイ後は簡単なアンケートにご協力ください。
※アンケート回答期限:2017年7月17日(月)23:59まで
※うまくインストールできない場合は「Deploy Gate」を再インストールしてください。

現在先行プレイが開催中の『キングスナイト –Wrath of the Dark Dragon-』
30年ぶりに復活した名作の続編、その新しくも懐かしい面白さをご紹介しよう。

 

30年の刻を超えて蘇る、『キングスナイト』の世界!

▲マップは超広いぞ


本作は「4人の勇者がドラゴンにさらわれたお姫様を救い出す」ところから物語がはじまる。

どこかで聞いたプロットだって? それもそのはず、本作はなんと1986年にファミコンソフトとして発売された『キングスナイト』の続編なのだ!

▲高い所の宝箱は……


本作の特徴は、なんといってもジャンプアクション!「縦スクロールシューティングっぽいのにジャンプ?」と思った方、まずはこれを見ていただきたい。

▲ジャンプで取りに行く!


本作ではジャンプを使って高所に登ったり、敵の攻撃を避けたりすることができるのだ。ついでにジャンプ中は無敵なので、弾幕の激しい本作では必須のテクニック。

……と聞くと「ジャンプしながら撃ちまくれば無敵じゃん?」と思うかも知れないが、本作はそのぶんステージのギミックも豊富。

▲ピョイ~ンっと


一定時間キャラクターを拘束する単純な落とし穴から、踏むと大ジャンプで崖を跳び越えるパネルなど、どう攻略するか悩ませるギミックが目白押し!

▲……謀ったな!?


ちなみにジャンプパネルはそのまま跳ぶと奈落の底へ真っ逆さまな罠になっているものも存在する。調子に乗ってピョンピョン跳んでると痛い目を見るぞ。

▲これが結構焦るんです


その他、せり上がる壁など、縦スクロールの利点を生かした意地悪な要素も。

▲隠し階段もあるぞ


何もないステージに見えても、進むごとに通路が制限されていく緊張感は、縦スクロールの要素をうまく生かした本作特有の要素なのだ。

 

キングスバスター直撃を狙え!部位破壊がカギを握る巨大ボス戦

▲弾幕濃い目なボス戦


縦スクロールの終着点には、もちろんボスが待ち構えている。このボスだが、序盤にも関わらず、かなり激しい攻撃をしかけてくる。

▲ド派手なカットインも見どころです


ボスを倒すには、必殺技「キングスバスター」の使用が効果的!

▲ブレイク時間はそんなに長くないので注意


ボスには破壊できる部位があるので、その場所を見つけ出し、キングスバスターをクリーンヒットさせればボスをブレイク状態に追い込むことができるぞ。

▲時間制限はないのでじっくり戦ってOK


この間ボスは反撃できないため、一方的にダメージを与えるチャンス! ちなみに通常攻撃でもブレイクさせることが可能なので、ブレイク後のラッシュにキングスバスターを使うのもアリだ。

こんな感じで戦闘を行うのが通常ボス戦だが、章のラストに控える巨大ボス戦はさらに一味違う要素が。

▲さっきから虫系ばっかりで申し訳ない


このカットで見る限りではいつものボス戦と同じだけど…?

▲大型ボス戦って燃えますよね


デカっ! というか見た目もアレだし、虫嫌いな人なら全力でお断りしたいタイプのボス。

▲ボスの攻撃に注意しつつ部位破壊!


こういった巨大ボス相手の戦いでは、部位破壊からブレイク状態に持っていくのが基本戦法だ。この甲殻跳馬ハイストライダーの場合は、6本ある跳馬の足が破壊ポイント。

▲カニの味がしそう


部位さえ破壊できれば、どんな巨大ボスでもブレイク状態に持ち込める。後は煮るなり焼くなり……と言いたいところだが、巨大ボスだけあってさすがにHPが多い!

▲ボスによっては部位破壊以外にも隙があるぞ


1発や2発キングスバスターを撃ち込んだぐらいではピンピンしているので、また別の足を狙ってブレイク→キングスバスターの流れでHPを減らしていくのだ。

▲JKアマゾネスとか俺得


その他スマホアプリ定番の育成・強化要素はもちろん、追加されたオリジナルキャラクターが織りなす個別シナリオなど、キャラゲー要素もばっちり備えているぞ。

なお、本作は現在2000名限定の先行プレイが開催されている。

正式サービスの開始時にはリセットされてしまうが、初代『キングスナイト』をプレイした経験がある方はもちろん、アクションRPGが好きな人はぜひお試しあれ!

Text by プロペラ

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!