ゲームギフト

GooglePlayで
ダウンロード!

ダウンロード

ゲームギフト

限定アイテム、事前予約、キャンペーンなど、ゲームにうれしい企画満載の「無料でもらえるゲーム情報メディア」

アルケミアストーリー

アルケミアストーリー

アソビモ

iOS

Android

 

2017年7月27日、アソビモから配信予定の『アルケミアストーリー(以下、アルスト)』がメディア向け発表会を開催。出演キャストやタイアップアーティスト、さらには最新PVの公開などゲームへの期待を高める発表がいくつも行われた。

 

会場はなんと…

発表会の会場となったのは「コニカミノルタプラネタリウム"満天" in Sunshine City」。そう、星空鑑賞のための施設、プラネタリウムで行われたのだ。

※公開されたPVはコチラ

 

 

登壇したアソビモの橋本和明プロデューサーは『アルスト』の4つの特徴について説明。

 

特徴①「人のやさしさ」を知るMMOJRPG

「MMOJRPG」とはそもそも造語で、スマホRPGだと物足りない、かと言って本格MMOはなあ、という人向けの入り口として最適なものとして開発したのだそう。

 

・簡単コマンドバトル

タッチパネルでの操作って難しいですよね。ですから『アルスト』ではヴァーチャルパッドを使ったリアルタイムバトルではなく、コマンドバトルとして、画面をタッチするだけで遊べるようにしました。オートもあります。(橋本)

 

また、周回を考慮してバトル時の演出などのストレスも極力軽減することを目指しているようだ。

 

・ソロモード

知らない人と話すことはMMORPG初心者にとって敷居の高いこと。そこで、「いっそのこと誰とも会わないモードを」ということでソロモードをつけたそうだ。ボスなどは共闘を必須にして、その代わり自動でマッチングする仕組みを入れたりと、少しずつMMORPGの楽しみに触れていくことを目指している。お馴染みのギルドもあるが、「LINEのグループみたいなゆるい感じ」のものになるようだ。

 

ナビ機能


究極のホスピタリティ機能とでも言えるのがこのナビ機能。なんとボタンを押すと、目的地への移動も自動でやってくれるというもの。久しぶりに復帰したときなども活用できる機能と橋本氏。


特徴②スマホの先にある、魔法と錬金術の世界

 

 

ハイクオリティなグラフィックを売りにしたタイトルは多いですが、我々は美しさだけでなく、高機能でないスマホでも動くことを意識しました。具体的には3年前の機種でも遊べることを目指しています。


そのうえで、キャラクターのテクスチャは通常の倍くらい描き込んでいて、キャラの見え方は遜色ないと思いますし、マップもかなり広大なものになっていると思います。(橋本)

 

カスタマイズ


キャラクターはプレイヤーの分身ですよね。『アルスト』は、鼻の位置、眉毛の位置など多数の項目を調整することが可能で、髪の毛の種類も初期からかなり多く、今後も増やしていく予定です。正直、当分のあいだは『アルスト』がスマホでトップのカスタマイズ機能と言えるくらいのものになっています。(橋本)


特徴③出会ったすべての人に、幸せな記憶を


JRPGなのでストーリーは重視しています。コンセプトとして世界設定をかっつりやるというのはまずやりまして、そこをしっかりした上でキャラを乗せています。(橋本)


『アルスト』の特徴のひとつとして、モブがいないということも挙げられた。ほとんどの登場人物に名前があり、「その他大勢」となるキャラはほとんどいないというのだ。これにより「みんなが生きている世界を表現できているのではないか」と橋本士は言う。

 

また、「僕らと世界の生きる意味というのがずっとキャッチコピーとしてありました。人間とは?生きるとは?というテーマを問う物語となっています。あと、大前提はハッピーエンド。誰か死んでも生き返ると思ってください(笑)」という大胆な発言も。

 

特徴④ひとりだけじゃない、冒険の旅路へ


ソロって寂しいじゃないですか。そういうときにだれかがいれば寂しくない。『アルスト』では主人公の仲間としてYOMEシステムというものを搭載しています。YOMEは、…完全にあと付けなんですが、「Your Own Meat Every day」、意訳してあなた自身の素敵な日常の略です。

 

このYOMEがふたり主人公についてきます。カスタマイズも自由に可能ですし、性格はある程度決まっていますえけど、絶対に主人公を否定しない仲間として存在してくれます。かんたんな会話機能もあるので、旅のお供として楽しんでください。(橋本)

 

タイアップアーティストは伝説のロックバンド

90年代に大人気を誇ったロックバンドLINDBERG(リンドバーグ)が本作のタイアップアーティストとして決定した。「僕らの世代では、空で歌えて当たり前の人気アーティストですのでとてもうれしいです」とは橋本氏のコメント。

 


しかしまさか渡瀬マキのボーカルがスマホから流れてくるとは…、アラフォー世代は飛びつかざるを得ない起用。

 

発表会のゲストとして登壇した小柳”cherry”昌法氏からは下記のよう制作秘話も。

 

 

じつはたまたま男性メンバー3人がみんな同時に曲を書いていたタイミングでお話をいただいたんです(笑)。ふだんゲームはやらないんですけど、この作品は世界観やグラフィックに感動しました。リンドバーグが30周年を迎える節目の年にこういうお話をいただけて本当にうれしく思っています。(小柳)

 

また、メンバーでボーカルの渡瀬マキ氏からはビデオコメントが届いた。

 


大変光栄なお話をいただきましてありがとうございます。各シーンで繊細な背景が使われて、ゲームがひとつのアートのような印象を受けました。自分の中のゲームの概念が変わったと思います。歌とゲームの合わさったPVがプラネタリウムで一ヶ月も流れるということで、どんな感じになるのか楽しみです。(渡瀬)

 

このほか、VRやアナグリフ対応に関しても発表された。どちらもメインの機能としてではなく、ゲームをより楽しむための付加価値として実装されるそうだ。

 

 

 

新キャスト発表!

これまでに発表されていない新たなキャストとして3名が発表された、矢尾、石上のふたりはゲストとしてともに登壇。キャラクターやゲームにかける想いを語った。

 

マナ役:堀江由衣

 

 

紳士オーク役:矢尾一樹

 

 


じつは今日初めてこの役をやると聞きました(笑)。「紳士」って言うからどんなキャラかと思ったら豚じゃないか!と思いましたが、今後は矢尾"オーク”一樹と名乗りたいと思います。オークさんですよ?奥さんじゃないですからね。

 

もう本当に今日聞いたばかりなので、中身のことはいっさい知らなくて、橋本Pのお話を聞いて「なるほどそうなんだ」といままさに学んでいます。『アルスト』、自分も遊びたいと思います。奥深く、紳士オークをやらせてもらいます。(矢尾)

 

スミナ役:石上静香

 


たくさん登場するキャラということなので、嫌われないかわいさも出しつつ、毎日みても飽きられないようにしたいですね。たぶん、この地声ではなく、もう少し勝ち気な感じでやれればと思います。
アルケミアストーリーぜひよろしくお願いします!(石上)

 

▲左からリンドバーグ小柳“cherry”昌法氏、矢尾一樹、石上静香の両名。

 

最高のPVでした

通常発表会だと「まずはPVをご覧ください」というパターンが多いが、今回は最後の最後まで引っ張った。そしてこのPVがすこぶるよかった! プラネタリウムの全周スクリーンに映し出された映像は広大かつ爽快。リンドバーグの楽曲もよかった! 往年の名曲たちとはまた違った魅力があり、いまのリンドバーグもいいものだなとしみじみ感じてしまった。映像はYou Tube VRでも楽しめるそうなので、配信されたらぜひ視聴してみてほしい。

 

橋本プロデューサーからは「ゲーム内のモデリングそのままで作っています。キャラクターをムービー用に作っていないんです。それをこの大きな画面で見てもきれいにみられることも注目してほしい」とあったが、まさにそのとおり、美しく楽しい映像に仕上がっている。

 

 

ここから下にパンして


 

キャラクターが登場。たくさんのキャラがそれぞれ踊り、歌い、最後にはいっしょに…というものだ。

 

今回、途中からではあるが上映中に動画を撮影し、その掲載をアソビモに許可してもらったのでここに掲載する。360°動画は通常目にすることのできないコンテンツなので写真やテキストだけではそのすごさが伝わりくいと思う。

 

もちろん動画でも伝えきれない部分はあるのだが、少しでも臨場感を感じていただければと思う。

 

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!