ゲームギフト

GooglePlayで
ダウンロード!

ダウンロード

ゲームギフト

限定アイテム、事前登録、キャンペーンなど、ゲームにうれしい企画満載の「無料でもらえるゲーム情報メディア」

ミトラスフィア -MITRASPHERE-

ミトラスフィア -MITRASPHERE-

株式会社バンク・オブ・イノベーション

iOS

Android

ゲームMENU

2017年8月1日、バンク・オブ・イノベーションから配信を予定している『ミトラスフィア』のメディア向け発表会“リリース直前ミーティング~重大発表!なのじゃ~”が都内レストランにて開催された。その名の通り、重大発表あり、メディア対抗イベントありの賑やかな発表会となったので、その模様をお届けする。

 

コミュニケーションを最重要視

まずは本作のプロデューサーを務める清水啓之氏から、挨拶とゲーム紹介、そして本作にかける思いなどが語られた。

 

 

『ミトラスフィア』は天空(そら)と大地に海が存在する世界で冒険するゲームです。そしてその世界を、懐かしさを感じさせる2Dグラフィックで表現しています。(清水)

 


▲この交易所はゲーム冒頭でプレイヤーたちが集まる場所で、ほかにもいろんな世界がミトラスフィアには存在する。

 


▲物語のキーポイントになる星屑山

 

さまざまな場所をめぐりながらその場所ごとの物語を体験するのがミトラスフィアの魅力と清水氏は言う。


そして本作のコンセプトとして掲げるのが、“Re:アクションなりきりRPG”というもの。この言葉にはふたつの思いを込めているそうで、ひとつは“リアクション”。プレイヤーがアクションして、それに別のプレイヤーがリアクションするようなコミュニケーションをしてもらいたいとのこと。


そしてもうひとつが“なりきり”。こちらは言葉通り、なりたい自分になりきって遊んでもらいたいということだ。

 

つづいて本作のゲームサイクルについての解説。本作では、プレイヤーが自分のアバターにどれだけ個性を込められるかを重要視して作っているそうで、ゲームはそのアバター作りを中心に、コミュニケーション、バトル、武具獲得、武具強化をまわしていく形となる。発表会ではそのうちのアバター作り、コミュニケーション、バトルに関して説明がなされた。

 


・コミュニケーション

 

さまざまな方法でコミュニケーションしてほしいと思っています。そのなかで特徴的なものはなりきりボイスというもので、これは20名以上の声優に収録してもらったセリフ(フレーズ)をコミュニケーションで使用できるというものです。

 

攻撃の掛け声やダメージをくらったときのボイスはほかのゲームでも見られるものですが、ミトラスフィアでは通常のコミュニケーションで使う挨拶なども用意しています。気軽に声付きのスタンプのような感覚で使ってほしいですね。ほかに、テキストチャットはもちろんありますし、感情を伝えるエモーションもあります。(清水)


・アバター作り

 

これが本作において非常に重要な役割を持っています。どれだけ個性を発揮できるかが勝負ですので、目や髪などのパーツは豊富にあります。性別も時間制限はあるけれど変更が可能になっています。単純に組み合わせの数だけ見ると290億以上になります。数字が大きすぎてイメージはしにくいと思いますが、実際にβテストなどでもさまざまなアバターを作って楽しんでいる様子を確認できました。(清水)

 

・バトル

 

ミトラスフィアのバトルは最大5人までリアルタイムで共闘できます。マルチプレイを気楽に楽しむために乱入もできるようにしています。バトルは事前に装備した最大8個のスキルを選択して進行します。このスキルは攻撃や回復、効果を付与するものなどさまざまありまして、これにコミュニケーションを組み合わせることでバトルをより楽しく遊ぶことができるようになっています。

 

バトル自体のおもしろさを高める戦略性も追求していまして、つぎのスキルがパワーアップする龍人化、これをいつ使うのか、隊列の組み方、職業の選択など複数の要素を組み合わせてバトルをおもしろくしています。(清水)

 

本作にかける思い・運営方針

清水プロデューサーからは最後に、タイトルにかける思いと本作の運営方針が語られた。

 

ミトラスフィアを多くのプレイヤーに楽しんでもらいたい。そのためのゲームシステムをいろいろと考えました。みんなでわいわい遊んだ時間や体験は必ず人生に残っていくものだと私は思っています。ミトラスフィアで過ごした時間が思い出になる。そういうものにしたいと思っていますのでよろしくお願いします。

 

運営方針としては、いま話したように「ゲームで過ごす時間を楽しいものにし続けないといけない」ということを大前提として、安心して遊んでもらうことも必要だと考えています。その両輪のバランスをとって運営していく、プレイヤーの皆さまといっしょに前に進んでいくタイトルだと思っています。(清水)

 

重大発表が本当に重大だった

マーケティング統括室室長五十嵐 規裕氏からは、発表会のタイトルにもなっている重大発表ふたつが公開された。

 

 

野沢雅子がなりきりボイスに参戦

 

新たになりきりキャラに追加されるのは、なんと大御所声優の野沢雅子さん。演じるのはスーという少女だが、そのボイスにはそこはかとなくあの地球育ちの宇宙人キャラの面影も…。

 

会場では野沢さんからのコメントも発表された。

 

 

配信日発表

なんと配信日は来週2017年8月7日とのこと! かなり近いタイミングでの配信となる。「マルチプレイのゲームなので不安もあるがユーザーのために全力を尽くしたい」とは閉会後の清水氏のコメント。

 

配信が目前に迫った『ミトラスフィア』。事前予約を済ませていないという人はいまからでも遅くないので、しっかり予約して当日を迎えよう。

 

 

レポート番外編その1

このような発表会ではメーカー担当者からメールで連絡が来て、参加の可否を返信するというのが一般的だが、今回は違った。編集部に手紙が届き、開封してみると…

 


▲こ、これは…? ミトラ文字?

 


▲裏面には日本語。清水プロデューサーからの案内状でした。

 

こちらの文字、もちろんデタラメに記載されているものではなく、きちんとフォントを作ったそうで「解読しようと思えばできる」(清水)そうだ。

 

気合の入った招待状に加え、広報Wからは手書きでのコメントも添えられており、これはもう行くっきゃ無いとテンション高く参加させてもらった。なお、Wさんはバンク・オブ・イノベーションの別タイトル『クリプトラクト』のエイプリルフール企画でも暗躍した美人広報です。

 

エイプリルフール企画はコチラ

 

レポート番外編その2

 

会場の隅に設置されていたこちらのポップ。ゲーム説明の中で出てきた”龍人化”を体験できるポップとのこと。せっかくご招待していただいたし、やるのが礼儀ってもんですよね。

 

 

▲なりきりRPGということで、クールキャラと熱いキャラになりきりました。苦情は…受け付けておりません…。

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© Bank of Innovation, Inc. All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。