ゲームギフト

GooglePlayで
ダウンロード!

ダウンロード

ゲームギフト

限定アイテム、事前予約、キャンペーンなど、ゲームにうれしい企画満載の「無料でもらえるゲーム情報メディア」

あんさんぶるスターズ!

あんさんぶるスターズ!

Happy Elements K.K

iOS

Android

ゲームMENU

Happy Birthday!
~8.29 Midori Takamine~ 

※本記事には、ゲーム内のイベント等のスクリーンショットが含まれますのでご注意ください。

※本記事の無断転載を固く禁じます。

 

『あんスタ』ゲームギフトファンページお誕生日企画!

8月29日は高峯翠くんのお誕生日!おめでとうございます~!!

 

ゲームギフト『あんスタ』ファンページお誕生日企画では、

・TOPページが期間限定の特別仕様!
・ここだけの壁紙も期間限定でプレゼント!

をお送りいたします。

 

お誕生日記事一覧へ

 

高峯翠プロフィール

CV 渡辺拓海
学年/クラス 1-A
部活 バスケ部
身長/体重 178cm/64kg
血液型 O型
誕生日 8月29日
実家の家族構成 両親、兄
お気に入り ゆるキャラグッツ
嫌い 魚の目玉
趣味 ゆるキャラグッズ集め
特技 逆立ち
キャッチコピー できるなら、小柄に生まれたかった
説明 容姿や体格に恵まれつつ、面倒くさがりで後ろ向き。敬語が少し苦手。アイドルになりたかったわけではなく、入学試験の際に科を間違えて受けてしまった。ホラーや絶叫系が苦手。ユニット『流星隊』の流星グリーンを担当。

 

翠くんの魅力を(勝手に)語る

 

翠くんです。

 

 

去年のお誕生日記事でも書いたんですけど、翠くんはまあこの一年もほぼだいたい困った顔をしていましたね…。

 

 

『間違えて』アイドル科を受験して『うっかり』受かってしまうくらいのイケメンなのに、常時このテンションの低さ…!


と言いつつ。

翠くんは文句を言いながらもやることはやってきたし、がんばってきたんだと思います。けれど去年までは正直、『本気でアイドルになりたい』という、ほかの多くの子が持つ命がけにも似たような渇望が見えてこなかった。それがどうにも歯がゆくて、こんなにみんなが支えてくれているのに、恵まれているのにどうしてだろうって思っていたんです。

 

 

まだ一年生だから。それに、もともとアイドルになりたくて入学したわけじゃないから。周りのみんなも翠くんの事情を理解して、それでも一緒にがんばってきました。でもその温度差はどんどん広がっていき、爆発する日が来てしまいます。

 

 

そう言いたくなってしまうのも、翠くんにはキツいかもしれませんが至極当然という気もします。そうして面と向かってはっきりと責められて、ここでようやく初めて(と言っていいと思います)翠くんは自分の気持ちをぜんぶ吐き出します。そして彼という人間は、これまでの彼の思いは、このあとの一連のセリフでほぼ表現されているような気がします。

 


このシーンを見て、私も一緒に泣きました。彼はただ甘えてきたわけじゃない、ただやる気がなかったわけじゃないというのが痛いほど伝わってきたから。そこにはやっぱり愛と彼の持つ優しさががあって、だからこそ生まれるつらさと焦りをずっと抱えてきたのがよくわかったから。

 

 

夢を見ること、目指すことは、ほんとうは怖いものです。

 

みんな『叶えたい夢がある』って言う。なりたい目標があって、願いがあって、それに向かって毎日がんばっている。でも、もしもそれが叶わなかったら?何日も何ヶ月も、ひょっとしたら何年も努力して、それでも夢には届かないって気づいてしまう日がきたら?その瞬間、引き返そうと思っても後戻りする道が無くなってしまったとしたら、どうすればいいのでしょうか?

 

 

『夢』からはいつか醒めるもの。それでも前に進むと言える人は、すごく強い人に見えます。でも実はそうじゃないかもしれない。みんな、ほんとうは怖くて逃げたくて、震えながら戦っているのかもしれない。やっぱりあきらめた、って言うのが格好悪いからがんばっているだけかもしれないんです。


相手に失望されることは、人付き合いの中でも一番と言っていいくらいつらいことだと思います。でもそれって相手がどうでもいい存在だったら、どう思われようが関係ない。翠くんは、高い壁でも乗り越えようとするみんなだからこそ心の底では尊敬しているし、大好きだからがっかりさせたくないと思っていた。でも自分には負い目があるしできないこともたくさんある、だったら最初から期待させないほうがいい。彼の『面倒くさい』はある意味保険のようなもので、やる気のない子だと思われていればこれ以上嫌われることはない。ずっとそんなふうに思っていたのかもしれません。

 


けれど後ろめたさを感じるのは、なにが良いことで悪いことかをちゃんとわかっているからなのだと思います。自分の中の良心に背いてしまうから罪悪感を持ってしまうのであって、良心というのは彼のみんなに対する誠意、愛と呼べるもの。その愛が、そしてみんなから返ってくる思いや願いのようなものが彼を立ち上がらせてくれた。でもそれはいまに始まったことではなくて、気づかないうちにゆっくりゆっくり、彼を動かしてきたんだと思うのです。

 

 

『ヒーロー』になるなんて、すごく大変なことに見えます。でも地球を救わなくたって、悪の軍団と戦わなくたって、誰かの思いに応えてあげること、それだけで誰かにとってのヒーローになれるんだと思います。大好きだから一緒にいたいと思う。必要なのはそばにいることで、がんばるのはそれからでいい。だって、正義の戦隊はひとりきりで戦っているのではないのだから。

 

 

野菜だって花だって、その成長はとてもゆっくりだから目で確認することはできません。でも、太陽の光と水を受けて、土の中でそれはちゃんと育っていく。そうしていつか、誰よりも大きな緑でたくさんの樹になれる。

 

これから何度つまずくことがあったとしても、その心に燃える炎があるかぎり。ずっと言えなかったあの口上は、ヒーローとしての彼の宣誓であり、血はつながっていないけれどなにより強い絆で結ばれた仲間への誓い。

 

その決意があるかぎり、翠くんはきっといつの日か、誰より強くて優しいヒーローになれるのだと思うのです。

 

~HAPPY BIRTHDAY!MIDORI TAKAMINE~

 

そんなこんなで翠くんBDスペシャルはここまで。
それでは次回の更新もお楽しみに!!☆.。.:*・°☆.。.:*・°

Text by たまお

あんスタ★プレイ日記

 

祝★高峯翠BD!シェアしてね♪お誕生日記事一覧へ

 

★★お誕生日特別企画★★

『あんスタ』ファンページでは、みなさんのお祝いメッセージを受付中!

なおメッセージはお一人で何回でも投稿できますので、翠くんへの熱い想いを書き込んでくださいね。お待ちしております!!

 

お誕生日特別企画へファンページTOPはコチラ

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© Happy Elements K.K All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。