ゲームギフト

GooglePlayで
ダウンロード!

ダウンロード

ゲームギフト

限定アイテム、事前予約、キャンペーンなど、ゲームにうれしい企画満載の「無料でもらえるゲーム情報メディア」

あんさんぶるスターズ!

あんさんぶるスターズ!

Happy Elements K.K

iOS

Android

ゲームMENU

Happy Birthday!
~9.06 Keito Hasumi~ 

※本記事には、ゲーム内のイベント等のスクリーンショットが含まれますのでご注意ください。

※本記事の無断転載を固く禁じます。

 

『あんスタ』ゲームギフトファンページお誕生日企画!

9月6日は蓮巳敬人さんのお誕生日!おめでとうございます~!!

 

ゲームギフト『あんスタ』ファンページお誕生日企画では、

・TOPページが期間限定の特別仕様!
・ここだけの壁紙も期間限定でプレゼント!

をお送りいたします。

 

お誕生日記事一覧へ

 

蓮巳敬人プロフィール

CV 梅原裕一郎
学年/クラス 3-A
部活 弓道部(部長)
身長/体重 178cm/60kg
血液型 A型
誕生日 9月6日
実家の家族構成 両親、兄
お気に入り 眼鏡
嫌い 大豆
趣味 読書
特技 三味線
キャッチコピー 無限語りのインテリスター
説明 冷静沈着で高圧的な性格。生徒会の副会長として英智を支えている。違反者への取り締まりは厳しく、長い説教をするのが趣味。英智、零とは昔からの友達。ユニット『紅月』に所属し、リーダーを務めている。

 

敬人さんの魅力を(勝手に)語る

 

敬人さんです。

 

寺生まれ、夢ノ咲学院最上級生にして生徒会副会長、弓道部部長、学院No.2ユニットのリーダー、ついでに眼鏡の人。見た目通り『真面目』で『説教が好き』で、一見近寄りがたい人。

 

 

去年の誕生日記事でも、以前別のところでも書いたんですが、私は『あんスタ』の数ある名セリフの中でも、敬人さんのこのセリフがことのほか好きでして。

 

 

この一年も、自らそのセリフを証明するかのようなさまざまな姿を見せてくれました。

 

さすがの和装イケメンっぷりを見せてくれたり…

 

 

眼鏡愛(『伴侶』とまで言いましたからね…!)をこれでもかと見せつけてくれたり…

 

 

待望の『やんちゃ時代』を見せてくれたり…

 

 

おそらく全国のプロデューサーが予想だにしなかってあろう、女装姿(!)を披露してくれたり。

 

 

まあ、さまざまな一面というのは外見だけの話ではないのですが。

 

 

『あんスタ』という物語は、夢ノ咲学院で起きた革命からスタートします。ですが当然、一年生を除いて多くのアイドルたちは『革命の起きた春』以前の夢ノ咲も知っているわけです。そして敬人さんという人は、その時代をよく知る…よく知るどころか、大きな流れの中心といっていいところにいたのです。

 

 

彼もまた、腐敗した学院を変えようと立ち上がったひとりでもあったわけです。

 

作家は物語における神ですが、彼は自分で物語を綴りながらもその主人公であろうとはしません。その物語は、夢は、自分ひとりのためだけのものではなく、誰かと一緒に目指したいゴールだからです。それは彼が発したセリフの多くで『俺が』ではなく『俺“たち”が』『俺“たち”の』と言っていることからもよくわかります。

 

 

そういう人だから、目的のためなら手段や犠牲を厭わないような顔をしていながら決して鬼にはなりきれない。作者という神の立場にいながら、自らにも『役割』を与え、それを演じきろうとする。憎まれ役が必要ならそれに、泥をかぶる者が必要なら自分が悪者になることも厭わない覚悟ができているんです。

 

 

けれど彼は始めから『できた大人』でも『悟りを開いた人』でもなくて、いつだって失敗を悔み、もがき、より良い方向へ進むためにはどうしたらいいかと悩んでいる。ある意味ですごく不器用で、これこそが『青春』。そしていま自分がそんな人生の大切な時期にいることもよくわかっていて、だからこそすべてを受け入れ、ただひたすらに前へと進むことを諦めない人なんだと思うんです。

 

 

きっと彼にとっての夢ノ咲での三年間は、一度も落ち着くことのないような激動の日々なのだと思います。本来は争いなど好まず、自分と対話し、ただ穏やかにありたい人であるはずなのに。

 

 

でも誰かが助けを求めているのなら、自分のことは後回しにしてでも助けてやろうとする。彼にとって誰かを愛することは、ただ自分の中の欠けたものを埋めるだけの行為ではないように思えます。

 

 

ほんとうは情に厚くてこの上なく繊細な人でもあって、でも彼はその面を見せびらかすようなこともしません。優しさが必要ならその人にしか見えないところで手を貸し、涙を浮かべるのは誰もいないところ。『厳しい副会長』『怖い上級生』『おせっかい』そんな役割を全うするために。

 

 

だから言ってみればすごく『面倒くさい人』。でもそんな面倒くささが、人間くさいところこそが彼の魅力なのかもしれないと思うんです。

 

 

彼がアイドルを目指す理由のひとつとして語られた、こんなセリフがあります。

 

 

アイドルであるからこそ綴ることができる物語。ステージから見られる美しい風景。でもやっぱり、そのそばには愛する仲間たちがいる。彼らがいなくては、彼の夢は完全なものにはなりえないんです。

 

 

寺生まれ、夢ノ咲学院最上級生にして生徒会副会長、弓道部部長、学院No.2ユニットのリーダー、ついでに眼鏡の人。見た目通り『真面目』で『説教が好き』で、一見近寄りがたい人。でもほんとうは愛に溢れてあたたかくて、ときに熱くて、ちょっとだけ不器用な人。

 

 

きっと何度失敗しても、その度に立ち上がって、みんなの手を取って前を向いて進むのだと思います。そんな敬人さんや彼の愛するみんなの歩む道が、いつまでも輝きに照らされていてほしい…そう願ってやみません。

 

~HAPPY BIRTHDAY!KEITO HASUMI~

 

そんなこんなで敬人さんBDスペシャルはここまで。
それでは次回の更新もお楽しみに!!☆.。.:*・°☆.。.:*・°

Text by たまお

あんスタ★プレイ日記

 

祝★蓮巳敬人BD!シェアしてね♪お誕生日記事一覧へ

 

★★お誕生日特別企画★★

『あんスタ』ファンページでは、みなさんのお祝いメッセージを受付中!

なおメッセージはお一人で何回でも投稿できますので、敬人さんへの熱い想いを書き込んでくださいね。お待ちしております!!

 

お誕生日特別企画へファンページTOPはコチラ

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© Happy Elements K.K All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。