ゲームギフト

GooglePlayで
ダウンロード!

ダウンロード

ゲームギフト

限定アイテム、事前予約、キャンペーンなど、ゲームにうれしい企画満載の「無料でもらえるゲーム情報メディア」

あんさんぶるスターズ!

あんさんぶるスターズ!

Happy Elements K.K

iOS

Android

ゲームMENU

『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Judge of Knights~ゲネプロ観劇レポート


たまおです。
行ってまいりました『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Judge of Knights~!!

 

ゲネプロ公演を観劇させていただきましたが、今回も真面目なレポートはほかのメディアにおまかせしていち『あんスタ!』ファンとして、夢ノ咲アイドルたちの「ここが素晴らしかった!」超個人的推しポイントを語っていきたいと思います。

 

ストーリーや演出のネタバレはありませんが、観劇前に情報を入れたくない方はご注意くださいね。

 

 

 

★たまお的『あんステ』アイドル見どころチェック★

 

Knights

『あんステ』としては初めてKnightsが5人揃いましたが、写真でもわかるこの圧倒的騎士感。しかし実物はそれ以上です。参りました。こんなユニットに戦闘挑まれたら勝てる気がしない。Knightsというのは圧倒的強さを誇りつつも、ものすごく優雅で気品があって美しいんですよね。王と騎士、その貴さをあますところなく現実にしてくれました。


橋本祥平さん(月永レオ)

いきなり語彙力失いますがすごかった。なにがすごかったかってレオのあの、初見で「この人は間違いなく常人とは違う」と感じさせるオーラをそのまま纏っている感じがすごい。いい意味で人間っぽくないというか、たぶん宇宙とつながってる…。カリスマと狂気が紙一重、天才感がこれでもかと。

 

高崎翔太さん(瀬名泉)

これまでのステージでも完璧な「瀬名泉」、2.5次元ってやばいなと唸らされましたが、今回もその姿はもちろん健在。しかも今回は、ジャッジメントというストーリーにおける「レオ不在のKnightsを守ってきた泉さんのプライド」までもが伝わってきたように思います。貫禄と哀愁。泉さんってすごく深いんですよね。

 

荒牧慶彦さん(朔間凛月)

全国の凛月Pの皆さんに言いたい。「凛月、生きてた」。いやもう本当にびっくりしました。立ち姿も寝姿も表情も声も完璧に凛月。寝る時は寝るがやる時はやる、凛月ってめちゃくちゃ「かっこいい」人なんですよね。あの流し目に撃ち抜かれて生きていられる人はいるんですかね?私は死にました。あと細かい話ですが、ユニット衣装のシャツの一番下のボタンをかけてないのに気づいた時「参った!」と思いました。

 

北川尚弥さん(朱桜司)

司くんはこのジャッジメントで最もと言っていい重要な役どころなのは皆さんご存知の通り。しかしそのプレッシャーがそのまま「Knightsの王として戦わなければいけない」プレッシャーと重なり、見事な司だったように思います。未熟ながらも美しく強く輝く原石。家柄の良さまで感じた気がする…。あと先輩方に翻弄される表情が最高に司くんでした。いや本当に素晴らしかった。

 

北村諒さん(鳴上嵐)

ゲーム内の声もご本人、そのうえあの美しさまでを再現してくれる、まさに2.5次元そのものだった嵐ちゃんは今回も完璧。完っっ璧でした。なにかもう、どこに立っていてもなにをしていても超フォトジェニック。さすが元モデル組…。しかも美しさのなかにある強さとユーモアが嵐ちゃんそのものなんですよね。

 

 

fine

fineは前回も初フルメンバーで圧倒されましたが、今回さらにパワーアップした気がしました。全員で歌う姿を見ていたら、リアルに鳥肌が止まらなかった。天から降りてきた人ならざるなにかを目の前にして、美しすぎて畏怖の念を抱くっていうんですかね…。まさに学院No.1の説得力。ひれ伏したくなりました。


前山剛久さん(天祥院英智)

ご存知の方もいるかもですが私はトリスタPで、だからこそ逆に英智というキャラクターが人間的にものすごく好きなんです。そんな思い入れもあって、彼が笑顔で幸せそうに歌っているだけで涙が出てくる。彼は『あんスタ!』という物語の中でも最もいろいろな思いを抱えている人だと思いますが、そんな面まで表現されていたように思います。ナイトキラーズではしゃぐ会長もほんとにかわいい。テンション院。

 

安井一真さん(日々樹渉)

いやもう、普段のコミカルかつまさに『奇人』な振舞いとステージで歌う姿のギャップですよ…。いい意味で変態極まりない、あんなに漫画的なキャラクターがこの世界に存在するんですね。あとあの「Amazing…☆」の発声がもう完璧。渉さんもレオとは別のタイプの天才ですが、もっともっと活躍する姿を観たくなりました。演劇部はよ…!

 

野嵜豊さん(伏見弓弦)

前回も思いましたが、これもう美しさのメーターを振り切ってませんかね?弓弦というキャラクターはあまり目立たないながらも実はポテンシャルがめっちゃ高い、侮れなさNo.1のアイドルだと思っているのですが、もう本当にそれ。坊ちゃまとのユニークかつお互いにこの上ない信頼関係の伝わるコンビぶりも相変わらず最高でした。

 

星元裕月さん(姫宮桃李)

坊ちゃま、また美しく成長されていませんか…?なにか踊る姿が天使そのものというか、その腕やつま先までもが美しすぎて本気で見とれました。ここは天国かな?会長愛も健在で、そりゃこんな子が懐いてきたらかわいがるわ…と思いました。奴隷になってもいいなとすら思わせられました。いやほんとに。

 

 

Ra*bits

Ra*bitsも今回初フルメンバー。いつもイベントやライブ取材の時はメモを取りながら鑑賞するのですが、Ra*bitsのところには「やばい」「死んだ」と書いてありました。あんなに愛くるしいアイドルユニット、実現できるの?と思っている方も多いと思いますが、兎さんたち生きてた。衣装のトップスが短くなっていた気がするのはわざとなんでしょうか。腹チラの破壊力…!あ、あとメモには「持って帰っていいですか?」とも書いてありました。


大崎捺希さん(仁兎なずな)

またしても語彙力ない言い方で本当に恐縮なんですが、初見からもう「なずなだ~!!」ってなりました。なずなというキャラクターもすごく複雑だしいろいろな面を持っていて、ジャッジメントというストーリーにおいてはその一面をちらっと覗かせてくれますが、今回これを見て「Valkyrie時代のなずなが見たい…!」と切に思いました。

 

櫻井圭登さん(紫之創)

しののんがしののん過ぎて、私は初めてしののんを2.5次元で見たときから「ああ、しののんだなあ…」と思っていたのですが今回もやっぱりしののんでした。しののん最高です。もはや貫禄(キャラとしてのでなく)すら感じる。舞台第一弾で「あの」メインストーリー39話の彼を観ているせいか、みんなと一緒に幸せそうに歌っているしののんを観て胸が熱くなりました。

 

宮﨑湧さん(真白友也)

私は友也くんのことを『あんスタ!』記事で書く時に毎度「かわいいっつてんだろ!!」とキレてますが、今回も心の中で静かにキレさせていただきました。いや君本当に普通じゃないから…かわいいから…。こんな「普通じゃないけど普通じゃないかわいさ」が舞台で拝めるとは。あと個人的に、アホ毛の完璧な再現がうれしかったです。

 

夏目雄大さん(天満光)

ちょうど先日書いた光くんのお誕生日記事で彼について「大人と子どもの間にある、いましか見られない輝き」という表現をしましたが、まさにそれ。子どもらしい無邪気さと、男の子っぽさの絶妙感が素晴らしかったです。笑顔はまさに天真爛漫なのに、歌声がイケメンっぽいのもポイント高くて感激しました。

 

 

紅月

紅月は唯一、『あんステ』皆勤賞なんですよね。生意気な書き方で恐縮なんですが、第一弾、第二弾そして今回と拝見して踊りのキレや三人のアンサンブルがますますパワーアップしていた気がします。常々私は「イケメンの和装はやばい」と思っているのですが、こんなに露出が少ないのに溢れ出る色気。日本人で良かった…とまで思いました。紅月ステージ、もっと観たい!!


上田堪大さん(鬼龍紅郎)

後ほどナイトキラーズについては書きますが、大将もまた『紅月』と『ナイトキラーズ』とでまったく違う魅力を見せてくれました。ですがどちらのユニットでも、この人がいたら絶対に負けないと思わせてくれる圧倒的存在感と安心感。メモには「くろさん かっこよすぎ」と書いてありました。

 

小松準弥さん(蓮巳敬人)

毎回思うのですが、まずちょっとスタイルが異次元過ぎる。この等身、2次元ですよね?あれ?画面の中に入っちゃったかな?レベル。ステージのほうも、激しい踊りにも揺るがない冷静さと自信のようなもの、紅郎さんとはまた違う炎というか内側に秘めた熱さまでをも感じさせてくれた気がします。

 

樋口裕太さん(神崎颯馬)

出ました武士ドル。今回は歌っている時の姿がとても印象に残りました。刀さばきはもちろんですが、なにかこう、こちらをちょっと挑発するような笑顔というか。大胆不敵、明目張胆、そんな紅月最年少のやんちゃ感みたいなものがすごく良かった。あと「カタカナ語なのにひらがな感」ある喋り方、本当に好きです。

 

 

ナイトキラーズ

はいもう写真だけで伝わるこのやばさ。臨時!ユニットなのが!本当に!MOTTAINAI!!
ゲーム内で嵐ちゃんも言ってましたが「こんなの、どうしろっていうのよォ?」ですよ。夢ノ咲の権力、財力、実力が集まってしまった最強にして唯一、この日のためだけの贅沢ユニット。洋装の紅郎さん、悪い子に~ちゃん、天使じゃない会長、そして初めてその才能を見せつけてくれる「ぶっこわれたみたいなテンションの」月永レオ。4人が4人ともそれぞれの役割を、普段見せない表情で演じられているようで、これ!これが見たかった!と唸らされました。全員が全員、すごく楽しそうにアイドルしてるんですよね。ナイトキラーズ、最高にかっこよかったです。

 

 

以上、『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Judge of Knights~感想と見どころポイントでした。
それでは次回の更新もお楽しみに☆.。.:*・☆.。.:*・

 

Text by たまお

 

 

『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Judge of Knights~概要

原作:『あんさんぶるスターズ!』(Happy Elements K.K.)
脚本:赤澤ムック
演出:宇治川まさなり

 

◆日程
東京/2017年9月7日(木)~18日(月祝) 神戸/9月22日(金)~24日(日)

 

◆会場
シアター1010(東京)/新神戸オリエンタル劇場(神戸)

 

◆出演(敬称略)
橋本祥平、高崎翔太、荒牧慶彦、北川尚弥、前山剛久、安井一真、野嵜豊、星元裕月、大崎捺希、櫻井圭登、宮崎湧、夏目雄大、上田堪大、小松準弥、樋口裕太/北村諒

 

◆公式サイト
https://www.marv.jp/special/ensemble_stage/


©2016 Happy Elements K.K/あんステ製作委員会
あんスタ★プレイ日記

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!

© Happy Elements K.K All Rights Reserved.
本コンテンツは公式運営コンテンツではありません。