ゲームギフト

GooglePlayで
ダウンロード!

ダウンロード

ゲームギフト

限定アイテム、事前予約、キャンペーンなど、ゲームにうれしい企画満載の「無料でもらえるゲーム情報メディア」

ファンタジーアース ジェネシス

ファンタジーアース ジェネシス

アソビモ

iOS

Android

2017年9月21日より幕張メッセで開催中の東京ゲームショウ2017。ここではアソビモブースで発表されたシークレットタイトルの情報をお届けする。

 

ステージのスクリーンに映し出されたのはアソビモと…、スクウェア・エニックスの社名。司会者に促されて登壇したのは、アソビモから木下氏、スクウェア・エニックスからは監修ディレクターとして内山氏。

 

 

ついにこのタイトルが公開…!

 

内山氏は「僕は基本的にはずっとひとつのタイトルを担当していたので勘の良い人はもう気づいているかもしれませんね」と言うとスライドをPVに切り替えた。



そのタイトルとは、『ファンタジーアースジェネシス』。PCで10年以上展開してきた『ファンタジーアースゼロ』のスマホ版とのことだ。


本作誕生のきっかけはじつにシンプルで、「ゼロがスマホで遊べたらおもしろいのでは?」というところから始まったそう。気になるのはこの『ジェネシス』というタイトルだが、名称に関してはアソビモ側から候補出しをしたそうで、なかには『ファンタジーアース』というワードを使わないものもあったようだ。

 

もともと『ファンタジーアース ゼロ』が『フェズ』という愛称で呼ばれていることから、スマホ版もそういう呼ばれ方をする名称がいいとは考えていたとは内山氏。そのなかで『ジェネシス』なら『フェグ』となることもあり、正式決定前からチーム内では『フェグ』の愛称で呼ばれていたそうだ。

 

 

また、『ファンタジーアースゼロ』ファンならご存知の人もいるかもしれないが、約1年前にこの『ファンタジーアースジェネシス』という名称が世間を騒がせたことがあるのだ。


「商標登録を隠れてやったんだけど、すぐバレましたね。でもそこから僕は1年間黙り続けたんです。僕は生放送なんかでは、どんなひどい言葉を言われても拾うようにしてますけど、『ジェネシス』だけはスルーしてました(笑)」(内山)

 

どう移植するのか

 


まず課題となったのは、どうアレンジするか。

 

「100人同時に対戦させることができるのか」


「アクションを再現できるのか」

 

「そもそも50対50じゃなくても…」

 

大作の移植ということもあり、さまざまな問題が立ちはだかり、「実現までに山が3回くらいあった」(内山)そうだ。そのうえで「やっぱり(できるだけそのまま)やろうよ」という結論に到達した。多人数が参加するバトルのため、負荷検証では一箇所にかたまってスキルを発動させて画面中をエフェクトで埋めるようなこともやったそう。

 


本作は、拠点(オベリスク)を取りつつ、さらには守りつつ陣地を広げていくゲーム。そこが大変重要なために、PC版ではプレイヤー間でいわゆる”荒れる”状態になることもまれに起こってしまうそうで、スマホ版では少し違った仕様にすることも検討しているとのことだ。



もっとも苦労したポイントとして木下氏が挙げたのが、操作部分。 多人数参加の実現の部分よりも苦労したというので相当なものだったのだろう。

「本作は、アクションゲームの中でもサードパーソンシューティングに近いゲーム性なんです。ですからまず、エイム(照準合わせ)をスマートフォンでやるのがすごく難しいですよね。敵も多いので指で合わせると画面も見えなくなるし。操作に関しては現在も試行錯誤しており、ようやく解決しつつあります」(木下)

 

世界観、キャラクターは?


『ファンタジーアース ゼロ』のファンにとって気になる世界観やストーリー、キャラクターに関しては、「数百年前の世界です」(内山)となっている。

『フェズ』では5つの国、5人のメインキャラクターを中心としたストーリーだったが、本作『フェグ』では彼らはいない。そして、今回は国家間の争いではなく、クリスタルが中心になるものになるそう。クリスタルの枯渇を発端に戦いがはじまるというのだ。

 



完全オリジナルのキャラクターはデザイン、3Dモデルまですべてアソビモが作成。まったく新しい3国9人のメインキャラを作成し、NPC等には『フェズ』との関連性を感じさせるキャラもいるそうだ。また、PC版と同じくらい…とまではいかないが、スマホ版でも工夫をこらして街を街らしく作り上げているとのこと。
 

今後の構想、そしてリリース日は…?

木下氏からは今後の構想についても発表があった。「装備に付加価値をつけるものを入れたい」という考えがあるようで、『フェズ』では固定値だった部分にカスタマイズ性が取り入れられる可能性は高そうだ。

また、一定期間でプレイヤー全員が同じ目標に向かって戦うようなものに関してもロンチ後の早い段階でアップデートしたいとのこと。

気になるリリース日だが、「今冬リリース予定」で進行しているようだ。両氏のコメントでは冬の範囲は長めに取っている感じなので、2~3月…?と予想しておこう。

 

なお、すでに本作の公式ページがオープンしているので気になる人はチェックしてほしい。

 

『ファンタジーアースジェネシス』公式HP
 

マイゲームに登録する

関連ニュース

この記事を
シェアする!